その人の腹の奥と人格と生き様にあった霊しか呼べない169

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(53)

 いかに、出口王仁三郎が偉大なる影響力をもった宗教家であり大霊能者であったのかが、おわかりになることと思う。しかし、その出口王仁三郎ほどの大霊能者にあっても、鎮魂法帰神術を断念せざるを得なくなったのである。

 「人々は霊能を開きたいばかりにやってきては、鎮魂法帰神の神法を請い願う。どんなに厳修しても、その人の腹の奥とその人の人格と日常の生き様に合った霊しか呼べないし、来ないのだ。少しよさそうな人物だと思ってやっても、やっぱりだめだ。神霊の後には必ずすぐに邪神が来て、当人はたぶらかされていても気づかず、自分で取り払うこともできない。信仰の基礎が定着していないからだ。百人やって一人が少しましな霊が定着する程度だ。しかし、その人も、しばらくすると間違った方向に行って、結局は魔にやられてしまうことになる。ああ、真に誠がきわまって、信仰力が透徹した人物はいないものかなあ」

 という歎きが常日ごろの王仁三郎であった。それだけならまだよかった。遂に、信頼していた弟子たちが、開祖出口直の『おふでさき』の予言や内容に関してまで、自分勝手に鎮魂法帰神術をやっては、ご神霊を降ろし、神示の独自な解説をやりはじめたのだ。それが、大本内部のみならず、世間の人々をも混乱に陥れたのはいうまでもない。そんな折りも折、神様から正式に王仁三郎に対して、鎮魂法帰神術を再び行わないようにとの申し渡しがあったのである。出口王仁三郎ほどの人物が側にいても、ご神霊や高級霊を身体によせて、口を切って神言、霊言を語らせる方法の、魔の入りやすさを回避させることはできなかったのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 出口王仁三郎

霊言を言うことは100%魔を呼ぶ170

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(54)

 ましてや、厳格な審神学と天界の様子を知悉している内覚力が乏しい霊能者たちの、低い霊的なレベルで、ずば抜けた審神師も側にいないままで、天照大御神をはじめとする神典に登場される神々が、正確に霊言やら神示をドンドンとお出しになるわけはない。お出しになるとするならば、清浄域に詣でた後、おごそかに、神韻馥郁(しんいんふくいく、※しんいん=芸術作品あるいは人格などに感じられる、すぐれた趣。※ふくいく=香気のいっぱいに漂って盛んにかおるさま。)たる寸言をもって要点をお示しになる程度なのである。

 また、この口をついて霊言を発することが百パーセント魔を呼ぶ危険性をもつことを知って、自分から霊言によって人々を導くことをおやめになった良心的なシャーマンもいる。

 それが、立正佼成会の脇祖とあがめられる、長沼妙佼女史である。女史は、日蓮上人が生まれ、得度されたことで有名な千葉県小湊誕生寺において、沼のほとりに庵を結び、死ぬ気、死ぬ気の精進と赤誠をもって行をなされた方である。その結果、大霊能者となった女史は、たとえば、頭にひどいおできができた子供を見て、「かわいそうになあ。よし、よし」と言って頭をなぜたら、ポロリとカサブタがその場で取れて、その場で病いが完治したというエピソードのもち主だ。それほどの彼女でさえ、「ご発声(霊言)は魔が入りやすいからやめることにする」といって、口をついて出てくる霊言によるご指導をやめられたのだ。出口王仁三郎や彼女ほどの大霊能者でも、おやめになるぐいであるから、一般の方々や、巷の霊能者、宗教家は、良心があるのならおやめになるのが本当ではなかろうかと思う。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 霊言 シャーマン

楠木正成が教える大悟の道2191

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(75)

 ところが、これを聞いた後醍醐天皇の側近たちは、即座に異議を唱えた。

 「いやしくも帝たる者は、逃げ隠れしてはならない。堂々と迎え討って、敵と戦うべきである」
 「いや、それでは必ず敗けます」

 正成公も反論した。だが、軍議の決定は正成公の建議に反するものであった。しかし、帝の決めたことに喜んで従うことが臣下としての道であると自覚して、それ以上争うことはなかった。正成公は、負けることを承知しながら、軍議の決定に従い、従容として出陣していった。

 戦は正成公の予想したとおり、南朝側の敗北となり、一代の英雄・戦略家もこの世を去ったのである。その後、新田義貞は正成公が申し出た作戦を採用して、後に、見事な勝利を収めたのだから、もし正成公が思うとおりの戦いを実行していれば、日本の歴史も変わっていたかもしれない。

 それはともかく、後醍醐天皇とその側近がメンツにこだわったために、大事な忠臣を失うことになってしまったわけだが、湊川へ赴く決意を固めるまでの正成公の心境は、非常に複雑なものだった。

 というのも、先にも述べたように、正成公は戦に負け、自分が死ぬことが客観的にも霊的にも、あらかじめよくわかっていたからである。

 さしもの正成公も、死を目前にして迷い、割りきれない葛藤のために心中おだやかではなかった。臣下としては道と義を貫かなくてはならない。だが、はじめから勝てる戦ではない。どのみち負けて、死ぬことがわかっていながら、戦に赴かねばならないのは、武将としての無念のきわみである。正成公は己の心の中に生じた、さまざまな思いをなかなか断ち切ることができなかった。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 楠木 正成 後醍醐

目前のことに全力を集中せよ198

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(82)

目前のことに全力を集中せよ

 だが、悪霊を無視するのは実際のところ、そんなに簡単なことではない。人間であれば存在を目で確認できるが、霊は目に見えないために、気づかぬうちにいつの間にやらとりつかれてしまっていることが多いからだ。また、霊に対して敏感に反応する霊媒体質の人にとって、霊を無視するのはことのほか難しいことであるらしい。

 たとえば、こういうケースがある。

 「あっ、これはキツネだな。人霊キツネか稲荷ギツネの、さてどっちだろう。そういえば、おじいさんが稲荷信仰していたから、人霊合体稲荷ギツネに違いない。クソッ、負けるもんか。稲荷をやっつけるには、何々経だ」

 と、一生懸命お経をあげて払いのける努力をする人がいるが、これは逆効果である。払いのけようとすればするほど悪霊を気にして意識し、心と霊がそれに結びつけられてしまっているので、かえって悪霊は喜々としてとりついて戦ってくる。悪霊のするちょっかいにまんまと乗っかっていることになる。

 また、本書を読んだ人の中には、次のようなことを試みようとする人もいるだろう。

 「あっ、霊が来た。でも、影響なんか受けないぞ。気になんかするもんか。無視するんだ」

 だが、これもミイラ取りがミイラになるケースである。気にしないぞといいつつ、思いきり存在を気にしていることになるからだ。

 霊と闘うぞ、霊を無視するぞという心になれば、霊と同じき世界、同じ土俵に生きて相撲を取っていることになることを知らねばならない。

 ではどうすればいいのか。すでに述べたようにまったく違う世界、たとえば仕事や芸術などの現実界のことに集中することである。現実界という次元に没入没頭すれば、おのずから四次元界のことは忘れているはずである。この「四次元霊界のことを忘れている」という意識こそが、最も大切なことなのである。こうなれば、悪霊の住む世界とはまったく違った土俵に立つことができて、変なものにもつけ入れられずにすむのである。これこそが気を転ずる、存在を無視するということの真義である。

 かくいう私も、超過敏な霊媒体質の人間である。誰よりも霊を受けやすいタイプといってよいだろう。そのため、四六時中悪霊に襲われて、吐き気をもよおしたり、目が血走ったり、筆舌に尽くし難いほどの苦しみを味わっているが、そんなときは、著作にふけったり、書道に打ち込んだり、絵を描いたり、笛を吹いたり、焼ソバをドカ食いしたり、とにかく、目前のさまざまな仕事に精一杯集中することにしている。

 私の場合は、特にいちいちそれらを除霊していたら、毎日毎日際限もなく除霊し続ける人生となるからである。まあ、こうすることによって、霊界のことを忘れることができて、しかもその努力を神様や守護霊たちが高く評価して下さるから、強烈なお力を刻々に与えてくださるのである。その結果、悪霊の毒牙にかかることなく日々すごせるのである。そして、こうして悪霊に打ち勝つプロセスの中で、人間としても進歩向上し、社会的にも高く評価される能力ある人間へと成長することができるのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

世界連邦政府樹立の足がかり204

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(89)

 やがて、社会主義陣営や共産主義陣営が、温和な協調を尊ぶ社会主義的ブロック、自由経済陣営に変貌した暁には、自由主義陣営も、社会主義的な国の統制や強力な国家指導によって、世界経済をまとめあげようとする時代になっているのである。そして、国の内外ともに、協調体制を抜きにしては、いかなる国の経済も語れないようになっている。そうして、どちらの陣営も、だいたい同じような経済構造と経済方針をもって進まねば、両方とも成り立っていかなくなってきたときに、世界連邦政府樹立の足がかりができあがるのである。

 大きく分けて、世界の経済は三つの大きな経済ブロックと一つの小規模な経済ブロックとに分かれる。すなわち、計四つの経済ブロックによって世界経済の骨組ができあがることになっているのだ。日本は、最初は最も大きな経済ブロックの総幹事国となっていくが、あることがあって、一転して、一番小さな経済ブロックの長となる。文化、芸術、宗教、学術、教育、科学の研究センター及びすべてのエッセンスを集めた高度で独自な文化経済国となって、GNPは世界で四十番~四十五、六番ぐらいになる予定である。そのころ、GNPがトップになっているのはカナダであり、ずいぶん、世界も変わっていることになる。決して、この三十年ぐらいのことではない。もっと先ではあるが、そんなに先すぎないというほどの未来のことである。そのころになったら、マルクスが、善神が鬼となって世界の根幹を変えようとしていたときの神使だったことに気づくだろう。「宗教はアヘン」といったり、「宗教も神も認めない」と主張しているから、宗教家にとっては、まさに悪魔かもしれない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 守護神 生霊

よい「ふとした感覚」を生むには205

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(90)

 しかし、天地創造の主神とは、宗教だけをつくったわけではない。政治、経済、学問、芸術もすべて創造主がおつくりになったものなのである。宗教はそのうちのひとつにすぎない。

 そこで、政治、経済、宗教、学問などを大きく包括する主の大神の働きから見れば、マルクスも、大きな意味でこの神様の使者であり、決して悪のための悪なのではない。ほとんど悪と似てそっくりだが、国祖、国常立之尊様の分身で、赤黒龍蛇となって、究極の善に立ち帰るその日まで、鬼の立場を貫いておられるのである。

 「ああ、マルクスは自由主義陣営からは悪魔、鬼と呼ばれたが、世界の経済も改良に次ぐ改良によって、ほどよく調うようになった今日、両方がうまくやれるようになってはじめて、マルクスの世界史に対するあの鬼の鉄拳があったればこそ、今日の繁栄と平和の体制があるのだということがわかる。やはり、鬼神と恐れられた地球神霊界の主宰神国常立之尊様の奇魂の御働きだったのだ」

 というふうに、誰にでもはっきりとわかるときがくるのである。

よい「ふとした感覚」を生むには

 それはさておくとして、先に述べたように、直感、概念、認識という順で、人の人生観が決まってしまうのだが、このことを理解すれば、哲学などというものが、いかに役に立たないものかが容易に理解できるだろう。

 すべての原因が「ふとした感覚」にあるのだから、哲学・思想などを深く研究しても、自分自身の解決策を見つけられるはずがないのである。哲学・思想、あるいは教養というものは、表面的な形にすぎないのであって、「ふとした感覚」の世界を認識せずにこれを取り込んでも、かえって泥沼と迷路にはまり込むだけである。理想は、良き「ふとした感覚」を絶えず積極的に見い出して、それを不動のものにするために、哲学する心、思想する心、倫理する心、教養を学ぶ心を捉えて、霊覚が、完全に知性というものの牙城を統率しているようにすることだ。こうして、はじめて両者が真に生きることになるのである。

 では、この良き「ふとした感覚」を生むためにはどうしたらいいのだろうか。明るく発展的な感覚にし、自分自身のご本霊を発動させるにはどうしたらいいのだろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 マルクス

ワールドメイトの救霊(除霊)で想念転換210

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(95)

 しかし、まだ真理を探究しようという姿勢のある人はいい。真理なんかどうでもいい、愛や誠なんてどうだっていい、今が楽しければそれで十分だ。こう考えている人がほとんどなのである。だからこそ、意志の中に中心支柱が定まらないで、悪霊にやられ霊障に苦しむことになるのである。ところで、神道の大祓祝詞(おおばらいのりと)の中に、「下つ岩根に宮柱太しき建て……」という言葉があるが、これは、単に固い岩盤の上に宮柱を建てて建築をするという浅い意味ではない。「しっかりとした精神のもち方の上に、よしやるぞ、という大いなる意志の力と信念の柱を打ち立てれば、それこそが、神様がお降りになる宮柱となり、私たち一人ひとりが神を宿す神の宮となるのだ」という、深い意味が込められている。こうなれば、悪霊にやられないどころか、ご神霊をも宿すようになるのである。

 だがしかし、前述のような生活を長く続けてきた人は、なかなか想念とその生き様は変えられない。自力で一切を転換するのは、もはや不可能に近い。ちょっとやそっとの努力では、進歩、向上、発展を求め、自分をギリギリまで高めようとする姿勢は生まれてこない。なぜなら、長年の習慣の中に悪霊がすでに巣をつくり、御魂を何重にも取り巻いているからである。

 実は、私はそんな人のために除霊をしている。御魂を取り巻く悪霊の雲を断ち切るために除霊をしているのである。

 だから、除霊を受けると少しの努力でも想念を容易に変えられるようになる。マイナスの方向にしか考えられなかった人が、ちょっとした努力でプラスの方向にものを考えられるようになるのだ。

 そして、そのようなプラスのものの考え方、プラスの人格面を維持していると、自然に雑多な悪霊も寄せつけなくなる。

 『大天運』でも書いたように、その人とその人の家の持つ本来の劫の大小があるので、除霊をしたからといって必ずしもすべての人が即座に病気が治ったり、性格が変わったり、人生が好転するわけではないが、それでも、医師や友人や家族がびっくりするほどの奇跡的な回復と変化をきたすケースも少なくないのである。

 そこで第三章では、除霊の実際について述べてみたいと思う。その具体的な方法や霊障の分類など、霊界の実相についてのより詳しい解説は、『神界からの神通力』に示しておいたので、興味のある方は、そちらを読んでいただくことにして、ここでは、具体的な実例をひとつあげて別な角度から述べてみたい。

 そのため、本書では実際に私が除霊してさしあげた山本和子さん(仮名)と私、そして私の知人の高山さんとの鼎談(ていだん)を、そのまま再録することにした。

 除霊について、大いなる参考になれば幸いである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 除霊 悪霊 水子

色情霊を背後であやつるたたり霊(2)215

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(100)

山本「それがついているうちは、なかなか幸せになれないんですか。」

深見「そうね、恨みが強烈だからね。普通に殺されたのなら、地縛霊となってその土地、たとえば古戦場などに残っているんですが、裏切られたとか、ペテンにかけられて殺された場合は、『おのれ、クソーッ!』と、しつこく恨み続けるんです。一般的に、恨みの霊はここ一番という時にワッ!と出てきます。十代、二十代でやったんでは面白くない。だから三十年、四十年もじっと待っていて、もう少しで総理大臣とか社長になるというときになると、復讐するんです。ガンにしたり、心不全にしたりといった具合に。そうすると本人は、『ああ、私が営々として築いてきた四十年の人生は何だったんだろう』と、本当に失意の底に沈んでいきます。これを観て、『ヤッター!』と喜んでるわけです。とにかくはじめからやらないで、もう少しというところでやるんですね。頭のいいたたり霊、怨念霊は。」

山本「私の場合、先生のいうとおりです。」

深見「そうでしょう。なにしろ三百十九人ですからね。しかも全部武士。頭いいですよ。だから、普段は自分たちではやらない。ほかの色情霊なんかを前に押し出してやるわけです。」

高山「だから、霊視だけで審神する霊能者は、色情霊と間違えちゃう。」

深見「そのとおりです。霊視だけで判断する霊能者は、完全にごまかされてしまいますね。見るだけ、聞くだけではダメなんです。見ても信じない、聞いても信じない。一度否定しておいて、それが正しいかどうか、正しい霊的知識に基づいて直覚的に判断して、それでも間違いなかったらはじめて正しいとする。こういう姿勢が必要です。だから霊能者でも、いや霊能者であればこそ、真実の学問と教養に裏づけられた高い霊覚が必要なのです。」

高山「なるほど、そのとおりですね。ところで、先のたたり霊ですが、どれくらいの期間たたるのですか?」

深見「だいたい六代か七代は続きますね。本家が消えて姓名が変わるとか、跡取りがいなくなったりすると、もうこのあたりでいいだろう、ということになるんですが、それでも、たたり霊自身には怨念が残っていますから、霊界には行かないんですね。」

高山「どうすれば霊界に帰るのですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 恨み 地縛霊 霊視 霊能者

たたり霊除霊の極意(2)217

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(102)

深見「でも、反撃といっても、決してパワーでやるわけではありませんよ。絶対に、愛と真心でやらなければなりません。霊界とは意志と想念の世界ですから、どんなにわれわれが頑張っても、死んだ霊は勝てない。何といっても、むこうは長年死者をやっているんですから。」

高山「長年死者をね……。」

深見「それに比べてこっちは半分肉体なんです。霊界については死者ほど詳しくない。だから、どんなに頑張ったって勝てっこないですよ。霊能者になりたい人に教えます。今すぐ死になさい、と。死んだら誰でも霊能者ですからね。それはともかく、霊には、こちらがどんな気持ちで除霊をしようとしているのか、本当に愛と真心でやっているのか、それとも自分をどこかに閉じ込めよう、払いのけようとしているのか、一発でわかるのです。だから、行者さんとか念力パワーで除霊する人の場合、特に▲▲とか■■、あるいは●●の強烈なのがその行者さんについていれば、怨念霊のほうから逃げ出しますよ。怖いから。」

高山「恐怖心から。」

深見「そう、恐怖心で。むこうのほうが強いと思えば、たたり霊だって裸で逃げ出します。けれど、すぐに戻ってきます。本当に改心していれば二度と戻ってきませんが、改心してないものですから、何度除霊しても戻ってきます。しかも、戻ってくるたびに恨みを深めて……。」

高山「だから愛と真心が大切なのですね。」

深見「そうです。あくまでも愛と真心、この一点において自分の心をきわめなくてはなりません。しかし、じゃあ愛と真心さえあれば誰でも除霊できるかというと、そういうわけでもないのです。恨みを完全に解決するには、それなりの方法があるのです。」

高山「その方法とはどんなものですか。」

深見「その前にこんな話をしましょう。人間って、説得されて改心できると思いますか。『君、ここが間違っているから改めたほうがいいよ』といわれて、すぐに改心できる人はどれくらいいるでしょうか。立派な人物はすぐに改心できるでしょうけれど、普通の人間にはなかなかできません。頭ではわかっていても、心がついていかないのです。普通の人でさえこうなのです。ましてや、長年恨んできた霊が説得されたぐらいで改心するはずがないのです。『恨むのはいい加減やめにして、霊界に帰りなさい。改心しないと、永遠に地獄の苦しみを味わい続けることになりますよ』といっても、『それはわかる、だが、あんなに苦しめられたのに、これが許せるか。たとえ無間地獄に堕ちたって構わない。あいつの家だけは許せないんだ』といってくるんですね。」

高山「だから説得してもあまり効果はないと。では、どうするんですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 たたり霊

働きはあっても愛がない312

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(33)

 なぜか。それは、神使、眷属には役割と働きはあっても、や高度な判断力、咀嚼力がないからである。
 
 こういっても、ピンとこない方がいらっしゃるであろう。そこで、ひとつ例をあげてご説明しよう。
 
 たとえば、アメリカ軍の最精鋭部隊・グリーンベレー。彼らは、ただ戦うことだけを任務とし、敵を倒すことだけを義務づけられている。遮二無二戦って敵を倒す。これが彼らに課せられた使命である。その彼らが、攻撃せよ!との命令を受けて敵陣に攻め入った。そこで、年端もいかない少年兵と対峙したとしよう。このとき、
 
 「こんな少年を殺すのは、人道上許されない」
 
 と、人情的になって、攻撃を中止したとしたらどうであろう。グリーンベレーとしては完全に失格であるといわざるを得ない。人道上許されるとか許されないとかは、上官、さらには司令官、そして最終的には大統領が判断することであって、グリーンベレーとしては、ただ命令を忠実に実行すればいいのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 眷属 グリーンベレー アメリカ軍

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード