六大神通力とは

 深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

 神界からの神通力(1)

 霊能力の種類についてお話ししよう。

 一般に霊能者、霊能力といわれているが、神通力を霊能力あるいは超能力と考えたらいいだろう。

 神通力には、(一)天眼(てんがん)通力、(二)天耳(てんに)通力、(三)自他(じた)通力、(四)運命通力、(五)宿命通力、(六)漏尽(ろじん)通力がある。これらがいわゆる六大神通力といわれるものである(仏教では、(四)運命通力を神足通力という場合もある)。

 天眼通力とは、天眼、霊眼で見えること。たとえば、相手が何をしているか、将来はどうなるか、それらを神様が霊眼で見せてくれることをいう。

 天耳通力は、耳で神の意図がキャッチでき、人の聞こえないものが聞こえるというものだ。たとえば神様の声が聞こえ、神様の言うことがわかり、神霊とお話しができる。また、天のメロディーが聞こえるというのもこれ。

 自他通力は、読心術のことであり、相手の思っていることがすぐ読めるという通力。
 「黙ってすわれば、ピタリとあたる」という易者がいるが、これと同じように、相手の心を写すことができるのである。

 運命通力は、運命を予知する力で、以前にはこういうことがあったでしょうとか、この頃にはこういう運命になるということをあてる能力である。

 宿命通力は、その人がどういう天命をもって生まれてきたのか、前世、今世、来世のことがわかることだ。

 そして、漏尽通力とは、人の悩み、苦しみ、さまざまな問題を解決する能力のことをいう。

 これらを一般に六大神通力と呼んでいる。その他にも、霊言、自動書記、物品引き寄せ等の霊能力がある。

(続く)

ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト ブログ 深見東州

正神と邪神の見分け方が大切002

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(2)

 このように、霊能力にもいろいろあるわけだが、まず正(正神界)と邪(邪神界)の霊能力を区別して考えなければならない。この二種類を区別しないで、まか不思議なことをやるからすばらしいと信じたり、あこがれたりすると知らず知らずのうちに大きな過ちを犯してしまう。

 ここが一番大事なところである。霊的なことをする人は、必ず霊的なことで魔が入り、現実的な世界で生きる人は現実的な世界で過ちを起こす。

 理論でいく人には、理論の魔が入るのである。このようにひとつの世界に偏すると、そこに魔が入って人を誤らせるものになるのである。

 したがって、この霊能力が正神界から来たものか、邪神界から来たものかを判別することは非常に重要なことだといえる。

 この正邪の区別をすることを、審神(さにわ)という。

 審神とは読んで字の如く、神をつまびらかにする(=物事のありさまなどを細部にわたってわかるようにすること。くわしく解明すること。物事の状態などがはっきりわかるようにすること。)という意味である。その起源は、「古事記」に出ている武内宿禰という人が、神功皇后に神がかりがあり、朝鮮征伐に行けとの神旨があったとき、それを沙庭(さにわ)で正邪の判別をしたという故事に由来している。

 明治のころ、本田親徳(ほんだちかあつ)の霊学派の人たちや長沢雄楯(ながさわかつたて)、その弟子の出口王仁三郎といった人たちが行った鎮魂法帰神術というのも、たましずめと神がかりの法であったし、宮地水位という人は日本最後の仙人といわれ、生きながらにして神仙界に出たり入ったりしていた人である。

 しかし、こうした霊能力を行うと、魔物が入ってくる度合いも高くなり、正神界か邪神界かを見分けないと、邪神霊がかかったりするので、審神ということが非常に大切になってくるわけである。

 審神の方法には二つあって、まず直接、霊感によって、審神する方法。それから霊が言ってくる内容を、理論、言調、文字の気などで冷静に検討して審神していく方法がある。これらの審神におけるポイントを頭に入れておかないと、ある程度の霊能力が備わってくると、魔物にねらわれて、正しい御神霊かどうか判別できず、結局、魔物に騙されて、誤った方向に行ってしまうことが多いのである。これは、一人で行う場合特に間違いを起こしやすい。魔は巧みであり、神様の姿に化けたり話しかけたりするので、よほど注意していないと騙されてしまうのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊能力 出口王仁三郎

水子霊の抱く怨みと嫉妬035

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(35)

 こうして、水子霊は両親の想念によって増幅されながら発育したり、巨大化するのである。このことを忘れてはならない。

 そして、この巨大化した水子霊は一般に、二つの感情を持っているといえる。一つは、両親に対する怨み、呪いの念、もう一つは兄弟姉妹に対する嫉妬の念である。つまり、

 「どうしてお母さんは、僕だけを闇から闇へと葬り去ったのだ。許せない!」

 という念と、

 「お兄ちゃんたちはあんなにかわいがってもらっているのに、僕だけ一人ぼっち。おもしろくない」

 という念である。

 そして、この二つの念は、両親が気にすれば気にするほど、成長するのである。

 しかし、本来、水子霊は、妊娠三ヵ月を過ぎれば、いつ流産あるいは掻爬されようと、今世生まれ出て罪を犯しているわけではないので、文句なく水子霊の天国浄土に行く資格があるのである。

 ところが、水子霊は霊界があるということも、霊界へ行くということも知らないので、そのまま天国浄土へ行くことなく、両親や兄弟姉妹たちに憑いてしまっているのだ。

 こうした水子霊を、本来行くべき水子霊の天国浄土へ送ってやるのが、ほかならぬ神霊能力者とか霊能者と称される人々や、水子供養をうけたまわる社寺の務めであると考える。

 ↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久 水子霊 中絶

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード