仏壇で先祖にお願いしてはいけない1507

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(110)

 それからもう一つ話しておくなら、時々、仏壇で先祖にお願い事をする人がいるが、あれなどもまずしないほうがいいのはもうおわかりいただけたと思う。救われたいのは先祖のほうなのだから。


仏壇とお墓の役割-お墓霊界は子孫に影響する

 仏壇とお墓には、どういう意味があるのかもこの際ご説明しよう。

 これまで説明してきたように、真ん中から以下の霊が寄るところとして、仏壇は七〇%ぐらいの役割、お墓は三〇%というのがバランスだ。とすれば、仏壇とお墓を比べれば、仏壇のほうが大事ということになる。

 だから仏壇は、なるべく日常生活と接触するようにしていくのがよい。

 では、お墓はどうでもいいのかというと、そうもいかない。よくこういうことがあるものだ。

「私は死んで、この墓の中に入るから、おまえは守ってくれよ」

 と、お父さんが生前言っていたようなケースだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

人間は死んで墓に入るわけではない1508

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(111)

 お父さんは死んだ後、本当にお墓の中に入ろうとしているわけだ。ところが、お墓というのは御影石などでできていて、死んだ人の霊体では通り抜けてしまうので、これはおかしい。墓の中に入るのは骨だけなのだ。人間は死んで墓に入るわけではない。

 仏壇の位牌についても、同様の誤解がある。前に、ご主人を失った後妻さんから聞かされたことがある。

「うちの主人と先妻の二人セットのお墓があって、死んだ後、この中に入っていくのは、本当に気が引けるんですよね。新しく位牌を作ったほうがいいでしょうか」

 と。

 私は、

「こんな狭い中にお入りにならなくてもいいでしょう。死んで位牌の中に行くんじゃないんです。人間は死んで墓石の中に入るのでも、位牌の中に割って入るのでもありません。霊界に行くんです。だからそういう心配はご無用です」

 と答えてさしあげたのだが、多くの人がこれを誤解している。

 では、お墓は意味がないのか。ないならば、なぜ墓相学というのがあんなに当たるのか?

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

墓石を中心にした霊界ができる1509

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(112)

 相学については、私は、意識神通という超能力を使って、おに直接訊いてみた。物にも人間や生物と同じく意識があるので、会話ができるのだ。すると、次のような結論が出た。

 拙著『神界からの神通力』で、私は「イワシの頭も信心から」について説明したが、それと同じだということなのである。例えば、神社もお寺も何もないところで、

「イワシの頭様、本日もありがとうございます。私の家でもイワシ様のおかげで、大勢の人が功徳を賜ったということをうかがっております……」

 と拝んでいると、真心と崇敬する思いというのが「イワシの頭霊界」を作って、そこに「何とか大神」か何かわからないが、やって来る。そして知らない間に、あたかも本物のご神体と同じような状態になるのである。人間の想いによって霊界ができ、「何か」が入るのである。

 イワシの頭でさえありがたがることで霊界ができるのだから、自分の家の名が刻まれたであれば、なおさらである。おに霊界ができるのである。

 おの中に入るんだ。おがなければ……、子孫が大事にしてくれないと……、皆がお墓が大事だ、お墓は大事だと考え、敬い続けて受け継がれていく。その、お墓は大事だと尊敬する想いに、お墓の霊界ができるのだ。これを「墓霊界」という。墓石を中心にした霊界ができるわけだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

古い墓ほど因縁の力が強くなる1510

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(113)

 イワシの頭に霊界ができるの同じく、お墓の中にも霊界ができる。こうして、一つの家族という霊界の働きの中にのお墓という位置ができるわけだ。そういうわけで、本来ほとんど意味が無いはずのお墓が、霊的な意味を持つようになっているわけなのだ。お墓が出来上がってきた歴史から分析すると、これが実相である。

 では、その墓霊界というものは、家族に対してどんな意味をもたらすのだろうか。


古い墓ほど因縁の力が強くなる

 実はお墓には「子孫」という意味がある。だから、代々女の子しか生まれないとか、男の子しか生まれないとか、子供がどこか調子が悪いとか、ノイローゼだとかいう場合は、お墓に問題がある場合が多いのだ。

 自然石を使っていたり、入口にタケチャンマンの人形を飾ったり、いろんな飾り物の人形を置いていたり、掛けていたりとか、最近はお墓もいろいろなものがある。あまり大きすぎてもご先祖が恥ずかしがるし、小さすぎてもいけない。オーソドックスでシンプルなお墓が一番良い。それは墓相学のいう通りだ。

 しかしお墓に、本人の預かり知らない間に子孫に影響するようなことが出てくるということは、そういう代々のカルマというものが、自然にお墓という形で表現されているからだ。だから、子孫の問題があるときには、一度お墓の形を見てもらうといい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

古いお墓ほど強く霊力が宿っている1511

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「吾輩は霊である」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「吾輩は霊である」(114)

 古いお墓ほど、強く霊力が宿っている。だから、全く新しい、いいところに変わって(嫁いでいったりして)名前が変わった時には、心機一転して、いいお墓を作ったほうがいい。ここが先祖代々の墓だと強い念を込めたら、強い霊力が出てくる。

 いいものは信じ、悪いところはあまり信じないという具合に思っていけばいい。こちらの心の調節次第で、その霊力(影響力)に大小が出てくるのである。

 お墓と墓相学について、霊界法則をもって説明すると、こういうことになる。


仏壇に依る霊は江戸時代以降の先祖だ

 仏壇に話を戻そう。

 仏壇にいらっしゃるのはご先祖だと皆思っているが、先祖は先祖でも封建時代の古い先祖がほとんどである。ごく新しい昭和三十年代のご先祖というのはあまりいない。

 昭和五十年代のご先祖はまずいない(当然である)。若くて大体、大正時代。明治、江戸時代に生まれた人が今、お墓や仏壇にかかるご先祖になっている。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード