恋の破局にご注意074

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(74)

 恋の破局にご注意。生霊が憑く!

 近ごろでは、離婚は決して珍しいことではなくなった。ひと昔前までは、世間体が気になって、離婚などなかなかできなかったものだが、今では世間体などおかまいなし。ちょっと好きになっただけですぐに結婚し、ちょっと仲が悪くなるとすぐ別れてしまう。それをマスコミがとりあげ、「~分に一組の割合で結婚し、~分に一組の割合で離婚している」と、毎年報じている。

 信じられないような時代になってしまったものだ。が、私はここで離婚問題を語ろうというのではない。夫婦の仲たがいには、生霊が関与していることが多いので、それをお話ししようと思うのである。

 生霊。どなたでも一度や二度は耳にしたことがあると思うが、この言葉は、死んでしまった人の霊ではなく、現在生きている人の怨み、怒り、慕情などの念が霊となっている状態を意味する。文字どおり、生きている人間の霊である。

 よく「丑の刻参り」といって、ワラ人形に五寸クギを打ち込み、怨む相手を殺すという話があるが、これなど、生霊の代表例といえるだろう。生霊は、家代々怨み抜く怨念霊と同様多くの人に憑いていて、その人の人生に多大な影響を与えている。

 この生霊で最も多く、そして最も強烈なのが、恋愛関係のもつれから生じるもの。しばらく前のことになるが、四〇歳前後の男性にこんなことがあった。

 この男性、妻子があるにもかかわらず、二六歳になる女性と恋愛関係に入った。つまり浮気である。やがて二人は熱く燃え上がり、一時は正妻と離婚して一緒になる寸前というところまでになった。ところが、ここまできておきながら、急に世間体でも気になったのであろう。男のほうが思いとどまり、元の鞘におさまることにあいなった。

 すると、二ヶ月も経たぬうち、彼の奥さんが子宮外妊娠で入院。続いて彼も右足に腫れものができて歩けなくなり、会社を二週間も欠勤するハメに。夫婦仲も次第に悪くなり、ちょっとしたことで口論が絶えなくなった。

 そんな折り、彼が私のところに相談に来たのだが、私は一目見るなり、別れた女性の生霊のしわざであることがわかった。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします


スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 離婚

恋の破局にご注意(2)075

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(75)

 恋の破局にご注意(2)

 「あなたは最近、女性とトラブルを起こしたことがありますね」

 「ええ?まあ、その、ええ、言われてみればないことは……」

 女性とのトラブルなど、男として決して誇れたものではない。彼は、いかにもバツの悪そうな顔をしていた。

 「その女性の生霊ですよ。奥さんが子宮外妊娠したのも、あなたの足に腫れものができたのも。もちろん、夫婦仲が悪くなったのも」

 「えっ、生霊?そんなものが本当にあるのですか」

 「もちろんです」

 「でも、生霊っていうのは、人に怨まれている場合でしょ。彼女が私を怨んでいるなんて思えないがなあ……」

 この男、無邪気といえば無邪気、たいへんな自信家といえば自信家。困ったものである。一人のウラ若き女性をさんざん引きずり回しておいて、罪の意識のカケラもない。

 まあ、それはともかく、一般に、生霊は悪いことをして人に怨まれている場合にのみ憑くもの、と信じられているようだが、実はそればかりではない。恋愛のときも危ないのだ。否、恋愛のときこそ最も危ないのである。恋愛が成就すれば問題ないが、死ぬほど好きであったのに別れたり、相手の男性に妻子があって成さぬ仲であったり、というような場合はほとんど例外なく生霊にやられてしまう。つまり、怨みの想いも好きだという強烈でやりきれない慕情も、思いどおりにならない腹立たしさにしても、つまりところは執着心なのであって、このマイナス波動の執着心が当人から独立して、生霊と化すわけである。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします


tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 執着

恋の破局にご注意(3)076

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(76)

 こうなると、相手の男性もしくは女性は、既婚者なら夫婦関係がまずくなる。また独身者なら、次に恋愛してもちょっとした感情の行き違いでことがうまく運ばなくなる。さらには、生霊の強さの度合いにもよるが、男女関係だけにとどまらず、広く人間関係全般にわたって影響が出てくる。会社での上下関係にしこりができたり、取引先と折り合わなくなったり、親友との仲が急に気まずくなったりする。

 もちろん、仕事や勉強にも影響する。やる気が起こらない。集中できない。トラブルが増える等々。とにかく、何かにつけて運勢が下がりがちになる。

 これらはすべて生霊が硬化し、悪霊化しているからなのである。

 そこで除霊する必要が生じるわけだが、この除霊は少々手こずる。なにしろ、生霊は生体エネルギーを持っているので、普通の死霊の怨念や執着心と比べて、はるかに強烈なことが多いのである。好きで好きでたまらないのに思うようにならないという激しい執着心、あるいは「コノヤロー!絶対許さん」という凄まじい怨念をなだめ、諭さなければならない。この苦労をお考えになれば、生霊除霊の難しさがおわかりいただけると思う。尋常な霊能力ではまず無理。だいいち、霊視をしただけでは、生霊であることさえ見抜けないであろう。これを見抜き見事に除霊できる人は、おそらく、そんなにいないはずである。

 さて、先ほどの男性であるが、彼の除霊も少しばかり手こずった。相手の女性の想念エネルギーが凶悪な蛇と化し、なかなか離れようとしないのである。

 最終的には、私が彼女の想念界およびその奥にある深層意識、さらにまたその奥にある神魂の宿る超深層意識まで飛んでいって、彼女の意識を改革することで、除霊したのであった。霊力やエネルギーで除霊しようと思えばできないことではなかったが、心から悟らせ、意識を改革して除霊したほうが、彼女にとっても幸せにつながるのである。

 それはともかく、恋愛するときには細心の注意が必要。特に、別れるときは、双方とも心情のしこりを残すことなく別れるようにしたいもの。何らかのしこりを残すような別れ方をした場合には、生霊にやられることがあり得るのである。これをしっかり覚え、決して後悔することのないようにしていただきたい。

 これまで私が見てきたなかで、最もたくさんの生霊を憑けていた人は、美人の奥さんでその数十八人、いろいろな男性とのお付き合いがあったものと想像されるが、生霊のことを思うと、美男美女も考えものといえよう。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 悪霊 除霊

生霊による障害077

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(77)

 生霊による障害

 ここで、生霊が憑くとどうなるのか、その症状を簡単に整理しておこう。

 恋愛の生霊の場合には、まず夫婦関係、男女関係をはじめとする人間関係が全面的に悪くなる、ということはすでに述べた。このほかでは、いい縁談がちょっとしたことで破談になる人も多い。また、その人のそばにいると、理由もないのにイライラしたり腹立たしくなったりする場合もある。生霊の持つマイナスの想念波が、その人物のまわりをしっかりとおおっているからである。

 肉体面では腎臓や子宮をやられることがある。また、肩がこったり、神経がピリピリする、背が張るということもある。さらには、ちょっとしたことで疲れやすくなったり、ときとして手や肘が動かなくなったりすることもあるようだ。

 一般的な怨念の生霊が憑いた場合も、同じように体が悪くなり、事故に遭いやすくなる。特に、男性から強烈に怨まれている女性が妊娠すると、流産につながることが多い。この場合、怨んでいる男性が欧米人であれば、その可能性は一層高くなる。なぜなら、一般に欧米人は日本人に比べて確執が強く、それだけ、怨念生霊が強烈だからである。しかし、これはあくまでも一般論。比較的淡泊な日本人のなかにも、欧米人なみに確執の強い人がいないわけではなく、そのようなタイプの人に怨まれると、霊障も強くなるのである。

 以上が、生霊にとり憑かれたときに起こり得る症状の主だったところだが、ここでその具体例を一つ二つご紹介しよう。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

婚約破棄の友人が…078

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(78)

 まずは、私の学生時代の親友の話から。

 彼は、郷里の高校を卒業後、慶應大学へ進学した。それまで、特定の女性と親しく交際したことなどただの一度もないほど純情だった彼は、この慶應大学時代に一人の女性とおつきあいするようになった。その女性は彼より二、三歳年上でなかなかの美人。クラブ歌手をしていた。

 学生の目から見れば、クラブなどという社交場はまぶしいくらい大人の雰囲気にあふれているところ。そこで歌っている彼女が、彼の目には光り輝いて映ったのであろう。それに、彼にとって彼女は生まれて初めての女性でもあった。日ごとに熱をあげていったのは無理もないことであった。

 「俺の彼女だぜ。どうだい、きれいだろう」

 仲間と会うたびに、自慢していた。

 大学四年になり、ある大手の損保会社に就職が内定した彼は、結婚を決意した。結納、式の日どり、親戚・友人への通知など、準備万端整えて、あとは挙式の日が来るのを待つだけ。ところが、結婚式まであとわずかというときになって、彼の心に信じられないほどの大きな変化が起きた。

 慶應の後輩の女の子に、心が移ったのである。以前からこの結婚に関しては、両親や親戚の人たちが、相手の女性が年上で、しかもクラブ歌手をしていたことを理由に反対していたのだが、それに多少なりとも影響されたのかどうか。彼の心は急速に冷えていったのであった。そして同時に、後輩の女の子に心が傾いていったのである。恋というものは、燃え上がるときは燎原(りょうげん)の火の如く、そのとどまるところを知らないかわり、冷めるときも、また恐ろしく早いものらしい。

 「この結婚やめた」

 彼は恐ろしい決断をした。相手の女性の悲しみはいかばかりか。女性のご両親の憤りはいかばかりか。長い間恋慕い、なにくれとなく面倒を見てきた男に、結婚寸前になって一方的に捨てられたのである。ご両親は当然のことながら、激しく怒った。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 損保 深見東州 半田晴久 結婚

婚約破棄の友人が…(2)079

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(79)

 婚約破棄の友人が…(2)

 しかし、いろいろもめた揚げ句、正式に婚約破棄となった。

 「こんな勝手なことが許されるはずがない。何か悪いことがなければいいがなあ」

 と、そうした一連のやりとりの一部始終を見ていた私は、心中密かに彼の身の上を案じていた。

 この不安は、不幸にも的中してしまった。その年の冬、スキーに行った彼は立ち木に正面衝突して膝を骨折、四ヶ月ほど入院するはめになったのである。

 「ああ、これくらいで済んでよかった」

 私はほっと胸をなでおろした。

 ところがである。やはり、その程度のことでは済まなかったのだ。次の夏、親戚の子供たちと海水浴を楽しんでいた彼は、溺れそうになった親戚の子を助けようとして自分が溺れ、死んでしまったのである。

 今でも彼のことを想うと、なんとか防げなかったものかと胸つまるものがある。

 この話は、かなり強烈な生霊が憑いたケースであるが、それも当然かもしれない。男の身勝手があまりにも過ぎたのである。彼に生霊の知識があったなら、もう少し別なやり方があったのではないか。また、私もはっきり忠告すべきではなかったかと、悔やまれてならない。誠に残念というほかないのである。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

女性三人の生霊に憑かれた男080

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(80)

 もうひとつ、生霊にとり憑かれた人のお話しをしよう。

 四〇歳くらいの男性が深刻な顔をして相談に来た。

 「実は、妻が別れてくれと言うんです。もうこれ以上辛抱できないって言うんです。どうしたらいいんでしょう。先生」

 いきなり、どうしたらいいんでしょうと言われても困ってしまうが、聞けばこの男性、日頃から奥さんのことを「できた女房」と感謝しているのだという。

 「それなのに、どうして離婚話などに?」

 「私が悪いんです。普段は心から感謝しているのに、ちょっと何かあると、すぐにカーッとなって激しくなじったり、ときにはメチャクチャに殴ったり…」

 「普段は愛しているのに、どうして殴ったりするんです?」

 「それが、自分でもよくわからないんです。カーッとなると、何が何だかわからなくなってしまうんです」

 「なるほど、そうですか。それで、もう別れてくださいって?」

 「そうなんです。ですが、女房が別れてくれっていう理由はもう一つあるんです。それは、自分の口からは言い出しにくいんですが……」

 「言い出しにくい?」

 「ええ、まあ、その、はっきり言えば、私がブラブラして働かないからなんです。なにをやっても長続きしないんです。すぐに飽きちゃうんです。でも、弁解がましく聞こえるかもしれませんが、自分ではまじめに働かなくっちゃと思っているんです。けれど、どういうわけかダメなんですよね。長続きせず、すぐ飽きてしまうんです。若いころは、こんなんじゃなかったんですけどね」

 「なるほど、それでは奥さんが別れてくれって言うのも無理ないですね」

 「ですから、先生にどうにかしていただけないかと思って……」

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

女性三人の生霊に憑かれた男(2)081

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(81)

 こうしたやりとりをしている間にも、私の目は、強烈なマイナスの念波を送り出す凶悪な蛇の姿をキャッチしていた。それは、三人の女性の生霊であった。

 「あなたは、奥さんと結婚される前、そうですね、十八歳のときと二四歳のときと二六歳のときだと思いますが、三人の女性とかなり親しくおつきあいされたことがありますね」

 「十八歳と二四歳と二六歳のときですか?アッ、はい、確かに女性と深くつきあっておりました」

 「その三人の女性の生霊が憑いているんですよ」

 「生霊ですか?」

 彼の話によると、若いころ、女性関係が相当派手だったらしい。特に二四歳のときにつきあった女性とは深い関係になり、その女性の部屋で同棲を始めたという。

 ところが、元来移り気の激しい彼は、別の女性に心を奪われ始めた。

 そしてある日突然、彼女に何も告げず新しい女性のもとへ走った。

 残された女性こそ哀れである。その後、しばらく空にしていた自分のアパートの部屋代を支払うため、大家さんのところへ行った折り、大家さんの奥さんから次のような話を聞かされたという。

 「いったい、あなたはどこへ行ってたのですか。あなたの行き先を知らないかって、若い女性が毎日のように来たのよ。なんだかとても元気がない様子で、かわいそうでならなかったわ。でも、教えてあげようにも、どこへ行ったのか私にはわからないし……。女の人を泣かすようなことをしちゃだめよ」

 プレイボーイを気取って、女性遍歴を重ねることが男の勲章であるかのように考えている人が多いが、とんでもない考え違いである。

 そんなことをしては、相手の女性を傷つけるばかりでなく、自分自身の御魂をも傷つけてしまうのである。

 そのことを、世の中の人はあまりにも知らなすぎる。悲しむべきことである。

 彼の場合は除霊後、急に勤務意欲が湧いてきて、奥様とも仲直りができたらしい。再びくり返さないでほしいと願ってやまない次第である。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

生霊への対処は大愛でしめくくる082

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(82)

 生霊は、約三ヵ月から一年くらい強烈に想い続けると、想念が完全に本人から独立して、相手に憑くようになる。また、今は想っていなくても、過去、強烈に想ったことがあれば、生霊となって憑いている場合が多い。

 「恋しい、恋しい」とか「コノヤロー!」という想念が当人から独立して生霊と化しているわけだ。この場合、想っている当人が相手の幸せを真心から祈っていれば、その生霊は女神、男神の姿となって相手を守る。反対に、捨てられたり心情的にしこりを残すような別れをした場合、あるいは激しく怨んでいる場合には、先の例のように邪悪な蛇の姿となり、相手を不幸に陥れるのである。

 つまり、生霊には、良い生霊と悪い生霊の二通りあるのである。多くの人々に感謝されている人の運勢がますます向上し、たくさんの敵をつくっている人の運勢が衰退するのは、生霊の働きによる、という見方もできるわけだ。

 だから、人に怨まれるような悪事を働いたり、異性を苦しめるようなことは、なるべく行わないようにしたいもの。常日頃から、人として誠意を尽くし、相手の気持ちを考えるよう努力を惜しまないことである。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 生霊 想念

義を貫き信をまっとうしなければならない時もある083

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(83)

 しかし、人間社会においては、ときとして怨みを買うのを承知のうえで、義を貫き信をまっとうしなければならないことがある。「老子」のいうように、

 「天地に仁なし、万物をもって芻狗(すうく)となす。聖人に仁なし、百姓(ひゃくせい)を以て芻狗となす」(天地が優勝劣敗弱肉強食にて万物を自然のなりゆきにまかせることは不仁に見えるが、これこそ本当の仁である。それと同じように、聖人や君子が人々を自然のなりゆきにまかせ、ときには、ワラで作った犬を焼き捨てるようなことをするのは不仁に見えるが、これこそ本当の仁である、という意味)

 という面も、指導的地位にある人には要求される場合があるのである。

 生霊の実体、人間の想念エネルギーを知れば知るほど、対人関係に苦慮せざるを得なくなる。生霊を気にしすぎたら、思い切ったことや真実のことができなくなってしまう。しかし、無視しすぎたら、悉(ことごと)く事が成就できなくなってしまう。怨みを買っても断行するか、それとも、和を優先して、事を成さざるか。人間として悩み苦しむところである。

 さぞや、日蓮上人もこの生霊と戦いつつ、苦労辛酸を御身に甘受して、真実を伝える使命感と信念に燃え、諸天善神の加護を満身に仰いで命をまっとうされたことであろう。

 また、織田信長にしても、いちいち生霊を気にしていては戦国の動乱期に、戦をすることも、城を守ることもできなかったであろう。しかし信長は、人の怨みを買うことをあまりに無視しすぎ、傲慢であったため、みずからの性格に異常性・凶暴性をきたし、陪臣に裏切られるはめとなった。大量の生霊と死霊の軍団が、彼を異常に走らせたに違いない。

 しかし、よくよく見てみると、この信長の異常なまでの行動は天界の仕組みによるものなのである。つまり、戦国時代を平定させるため、信長にすべての悪役をひき受けさせ、秀吉や家康に手柄を与えたようである。

 このように考えてみると、人の念の作用というものをどのようにとらえ、どう接するかは、一人ひとりに委ねられている
といわざるを得ない。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 織田信長 日蓮

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード