人間の本質117

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪、除、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除」(1)

第一章 念とは何か

 この世には、さまざまなが存在するといわれる。通常、は、人間の肉体のように目で見て確かめることができないために、さまざまな説が入り乱れている。本書は、除霊についてわかりやすく解説しようというものであるが、霊そのものを正しく理解していなければ、除霊という行為も誤った方向に向かいかねない。そこで、まず、霊とは何かを考えてみたい。

 霊とは、肉体の内、外に存在すると考えられる精神的実体と定義づけられている。これでは何のことかわからないが、人間とは肉体と霊とが一体化して存在するものであり、仮に霊が肉体から離れると、たとえば肉体が生命活動を行っていたにしろ、人間とはいわない。いわゆる生物ということはできてもそれ以上の存在ではないのだ。

 とすれば、人間の人間たる所以は霊にあるということになる。

 人間の存在する所以とは何か。想念を抱くことだ。フランスの哲学者デカルトは、「コギト・エルゴ・スム」=「我思う故に我あり」といったが、想念の中身はともかく、思う、考えることを絶対的基準に置いた。つまり、思う=念を抱くことが人間の証明といってよい。

 ところが思うのは人間だけではない。植物は植物なりに、動物は動物なりにいろいろと意識があり、思うのである。ペットを飼ったことのある人なら、このことはよくおわかりになるだろう。その思いの中に、芸術観があり、学問観があり、信仰観があってこそ、はじめて人間としての思いとなるのである。

 一言でいうならば、思いの中に文化があるといってよいだろう。

 この文化という高度な思いの部分こそが、実は神魂といわれるものであり、私たち人間の、霊体に住む神なるところなのである。それだから、芸術観もなく、学問観もなく、信仰観もない人間とは、人間の皮をかぶった獣であるといえる。それで、そういう類の人間は、死ねば必ず畜生道に落ちることとなる。万物の霊長たる資格がないからだ。ここが、デカルトが説かなかったところであり、人間理解というものを、神霊界の存在を無視し、有形世界のみでとらえたあやまちなのであった。

 以上のことを整理すると、「人間の本質とは高級なる霊であり、人間であることを証明するのは、文化的な念を出すことができることである」ということになる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

霊の本質118

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(2)

 ところで、霊と念とはある程度置き換えることができる。たとえば、強い霊とは強い念を出すことができる霊であり、大いなる念で生きている人の霊体とは大いなるものである。

 ところで、この念という言葉を分解すれば、今の心となる。「今、現在」の思いこそが、念なのである。

 一方、霊という漢字がつく言葉や存在には、たたり霊、地縛霊、生霊や幽霊など、まことに沢山あって区別がややこしい。だが、念即霊、現在の思いがすなわち霊の状態であると考えれば、その区別も、おのずから明白になってくる。たとえばたたり霊。簡単にいえば、「たたりをしてやるぞ」という念をもっている霊のことである。

 「魂魄この世に留まりて」といった台詞が怪談に出てくるが、これは、その無念なる気もち、怨念をこの世に置いていくという意味である。

 また、「残念だあー」と思って死ぬ霊は、文字通り念を残して死ぬ。そして、その念を残す場所が土地ならば、土地と因縁を持つので、「土地因縁の霊」あるいは「地縛霊」と呼ぶ。後者は自分の念で自分を縛りつけ、土地に留まって動けないでいる霊だからである。そして、もし、その場所が家、屋敷であれば、「屋敷因縁の霊」という。

 また、とりたてて恨みや無念の思いもなく、己の死の自覚をもつことができず、漠然とこの世にいる感覚で霊界をふらふらしている霊のことを浮遊霊と呼ぶ。この浮遊霊は、「今、自分がいかなる状態にあるか」「人間は、いかなる人も、死ねば、霊界に行かねばならない」ということを認識できないために浮遊しているのであり、人にとりついて災いをもたらすことも多い。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 地縛霊 浮遊霊

霊の本質(2)119

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪、除、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除」(3)

 一方、この世にいかなる未練も残さず、死者としてあるべき本来の道を歩もうとするも存在する。それが普通の姿であり、すべての人はそうあらねばならない。

 人は死ねば界に行く。そこで霊界人として新たなる生活を営むのだということを認識した霊が、一般に成仏霊と呼ばれる霊なのである。また、この言葉は、あらゆる妄妄想が浄められ、仏性が顕現した霊という意味にも使われる。

 また、さらにその認識のレベルを高め、徹底した慈悲の心や現世を達観して精進するという、深き悟りのをもつに至った霊のことを、菩薩位に達した霊と呼ぶ。菩薩とは、仏道に励む釈迦の姿と同じきあり様をさしていう。

 さらに、菩薩位の霊が一層揺るぎない想のもち主となり、おのずから不動の霊格と悟りの位をもつに至れば、それを如来位に達した霊というのである。如来とは、ある程度の天地自然、法界の真相をきわめ、霊界や現実界で衆生を救える仏のことである。人を救えるようになるには、最低、自分の悟った状態(菩薩位)が変動することがあってはならない。だから、如来位にして、はじめて人々の救済が正しくできるようになるのである。そして、この如来位の霊が行きつくところは、神位にある霊となることである。

 ここでいう神とは、日本神霊界における神であり、内的高貴さと外的実行力に加え、万能であって芸術性に富んでいなければならない。つまり、この神位をもっとわかりやすくいうと、「人間としてのあらゆる俗情を乗り越え、神のごとき愛、神のごとき知恵、神のごとき崇高な感性を備えた霊格をもち、それをこの世で実行し、やり貫いた人のこと」なのである。白隠禅師や諸葛孔明、菅原道真などがこれである。このように、善なる霊たちや、悪しき霊たちがさまざまな形で人間世界に関与しているのが霊界の実情なのであるが、これら善とか悪とか定義している霊とは、そもそも、その霊たちの発するが善なるものか悪しきものかによって決まり、高い位とか低い位とかも、その霊たちの抱くの種類が文化的に高いものか低いものかによって決定することを忘れてはならない。また実行するということも、薄っぺらなではなく、真底まで徹した念ならば、おのずから行いとなって表れるもの。だから、行動も、真底深い念の表れとして定義できるのである。

 私の主宰するワールドメイトでは、全国各地で講演を行っているが、この講演で、「改心とは、ちょっとした心構えや想念を変えることをいうのではない。本当に心が改まったら、心が変わり、言葉が変わり、行いが変わるはずだ」と再三いっている。

 心とは、口と心と行いを含むところまで広がりをもっているものだ。それを心の上部、中部、深部といってもよい。深いところに行くほどに、霊があり、魂がある。

 ところで、本書のテーマである「大除霊」も、実は、たとえば悪霊の大除霊をするとは、悪霊の抱く悪念を改め、霊界生活を真にすばらしく実行していただくために改心させることをさす。つまり、霊を改心させ、その霊を救済することで、悪霊を除くのである。だから、本当をいえば、「大除霊」よりも「大救霊」の方が適切な表現なのかもしれない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 菩薩 如来

悪霊に打ち勝ち善霊を活かす186

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(70)

 ところで、霊は人に対し、さまざまな関与をしてくるのだが、われわれ肉体のある人間は、霊に使われているようではいけない。常に自分が主体の立場に立って、霊を追い払ったり導いたりするくらいでなければならない。

 そのためには、心の世界を基軸として、現実界と「いい感覚の世界」である神界というものを、自分自身で主体的に自在活用し、自分の毎日というものをよりよいコンディションに保っておく必要がある。そうでなければ、霊にあやつられる人生にならざるを得ない。気持ちが絶えず霊というものに打ち勝って、善霊を生かして誠であやつるようでなければいけないのだ。

 今日まで、霊能者霊界ばかり、神に生きる人間は神ばかり、常識人は常識ばかりという具合に、それぞれの道に偏してそれらを探究してきた。

 しかし、それひとつだけではすべてが間違いとなるのである。なぜなら、各々たった一つの世界のことしか見ていないからだ。三つを全部見て、今の自分を最高にして、周囲をも幸せにするという姿勢が正しいのである。

 霊ばかりを見ていると、悪霊にだまされ占領される。常識の世界ばかり見ていたら、「」(霊な神仏の動きのこと)が乏しくなり天運が引き込めない。神様の世界ばかり見ていたら、社会に根ざさないで世間から相手にされない。

 そもそも、天地を創造された主の神様は、神界と霊界と現実界の三界をつくられたのである。だから、正しく神様を掌握して、正しい自分の人生をまっとうするには、神界、霊界、現実界の三極を同時に尊重して、偏りなくバランスをもって見ていくことが必要なのだ。

 そうして、常に自分自身の魂を向上させ、ご本霊を輝かせて周囲に善なる感化力を与えるように努力しなければ、正しい人生ということはできない。たとえ神様を信じているといっても、決してそれだけでは正しく信仰しているとはいえない。いやそれどころか、知らず知らずのうちに、悪霊にご本霊を占領されてしまうことだって十分に考えられるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 常識 霊能者 霊界

神・仏・儒337

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(58)

 ところで、今、宗教を大きくこの三層で分類してみよう。次のようになる。
 
 ○感覚=神道
  「感覚で神様とひとつになる」-素直で正直なことが大切であり、只今、只今が幸福であればいいという『中今』の思想となっている。
  
 ○心=仏教
  「無念無想となって神界をめざす」(般若心経の真意)-五倫正常によって、人の心はコロコロ変わる。そのひとつひとつに指さして説法したのが、お釈迦様の教えであり、お経である。だから、教えは無限に続くのである。心の一念の機ざしが善に向けば仏、悪に向けば獣鬼である。天台智顕の一念三千の教えがよくこれを物語っている。
  
 ○肉体=儒教
  「人の道を立てて聖人となる」-仁・義・礼・智・信を学び実践することで、この世の人と仲良く幸せに暮らすことができる。いい感覚、いい心を保つためのいい人生のあり方や、社会のあり方を示している。如何に現世を生きていくかの指針である。
  
 この三層にわたる神・仏・儒をバランスよく、しかも合一して活用するところに、主神の道があり、日本神界理解の実践の糸口があるのである。もちろん、キリスト教、回教、道教もあるが、この三つが日本精神世界の代表であるといえる。熊野権現や宇佐八幡が、阿弥陀信仰や仏教興隆に力を添えているのをみても、わかるはずである。
 
 また、儒教と結びつく例は、吉川惟足の開いた吉川神道や山崎闇斎の開いた垂加神道などをみてもわかるように数多い。儒教神道は、現実をよりよくするという共通面もあってか、昔から結びつきがよいのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 神道 仏教 儒教

神霊界から見た人の構造338

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(59)

ひとの構造を神霊界からみれば……

 ところで、今度は、以上のことに基づいて、自分というものの構造を再確認してみよう。
 
 本当のことをいえば、人体には七つの次元に御魂の位があって合体し、分極しているのであるが、今は詳細を避ける。仮に、大きく三つの次元に割ったものを図示すると次ページのようになる。
 
 三つがそろって同時に健全であれば、夢いっぱいでオーラピカピカ、心ウキウキ、体力モリモリの幸せな人となる。死してもますます幸せの人となれるのである。
 
 ところが、昨今は、三つがそろっていない人もある。それぞれ、どうなるかを解説してみよう。
 
 元津御魂のない人は、『ふぬけ』になっている。色街狐にとらわれたり、大きな人生の挫折や絶望のショックで、全て夢とやる気と幸福感の充実がなくなってしまった人である。「なるようになるだろう」「どうでもいいさ」という人は、元津御魂が傷ついていたり、えぐりとられている人である。完全な精神病患者や発狂者は、これである。自分という感覚が消えてしまっていると考えていいだろう。
 
 ただし、霊体はまだあるので生命はあり、体も動いているので、「御魂もどしの秘儀」をやれば自分が返ってくる。そんなことをしなくても、心のヒダを深く豊かにし、信念と情熱の力を強化すれば、自分で元津御魂を引き戻すこともできるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 神霊界 御魂

吉田松陰、松下村塾、孟子339

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(60)

 御本霊のない人は、禅でいう「御主人公がおるす」の人である。「これを視れども視えず、これを聞けども聞こえず」といった具合である。
 
 つまり、「心がお留守」になっていて、目前のことに対する集中力がないのである。感覚は鋭く、体力もあるが、ムラッ気で集中力がないのである。
 
 恋愛のときなどは、ちょうどこのような状態まであり、夢と希望に魂は脈打つけれども、心は好きな人のところへ行ってお留守となる。相手の背後や想いの内に入り、生霊となって頑張っているのである。本人は、ボヤーッとして、ニコニコ悦に入っている。
 
 人によっては恋愛より、むしろ、明日の試験のことや、金の支払いの件や、諸々の誘惑に心の主座がお留守になっている。
 
 そこで、こういう人のために、孟子は、真の学問をすすめた。曰く、「学問の道は他なし。ただ、その放心を求めるのみ」と-。つまり、孟子は、学問というものは、単なる知識の詰め込みや、理解力を増すためのものではないことを強調したのである。
 
 ひとたび我が道を定めたら、地位や名誉や、金の批判や異性などに心を放たず、今、何をなすべきか、どう己れを立て直すべきかを真剣にみつめ、お留守になった吾が心の主座を元に戻せ。それが、先人たちの書籍や業績に学ぶ真の意味なのだ-と、いいたかったのであろう。
 
 いくら知識があり、頭が良くても、志を全うできない人間に、学問があるとはいい難い。それが、「ただ、その放心を求めるのみ」という言葉に内包される真意であり、私の考え方でもあるのである。ところで、明治維新を支えた数々の志士。なかでも、久坂玄瑞、高杉晋作をはじめ、多くの勤王の志士を輩出したことで有名な松下村塾-その塾頭であった吉田松陰は、いろいろな学問を講究し、陽明学や楠木正成公の生き方なども学ばせたが、特にこの『孟子』を力説して、若者たちに真の学問の意味を体得、実践させたのである。
 
 『講孟余話』、また『留魂記』などの迫真の書をひもとけば、今なお身は震え、魂と御本霊をゆさぶらずにおかない。この不滅の霊力を見習いたいものである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 半田晴久 ワールドメイト 吉田松陰 孟子 松下村塾

あなたこそ達人だ362

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(83)

柳生宗矩が叫んだ「あなたこそ達人だ!」

 これにまつわる面白いエピソードがあるので、ちょっとご紹介してみよう。エピソードの主人公は、徳川将軍家指南役まで務めた剣の達人、柳生但馬守宗矩である。

 あるとき、宗矩は道端で一人の侍と出会った。この侍をひと目見るなり、ハッ!と感じるものがあり、宗矩は思わず問いかけた。

 「ムムッ、見たところあなたはひとつの流派をなしている達人に違いないと察し申しあげるが、いかがかな」

 「いえ、私はそのような人間ではありません」
 
 侍は答えた。

 「いやいや、そんなはずはない。私の目はごまかせない。あなたは一流一派をなしている人に違いない」

 「いやあ、私にはそんな覚えはありませんが……」

 「いや、いくら隠しても私にはわかる。こう見えても私は、新陰流の達人といわれる人間。これまで何人もの武芸者に会い、それなりに道をきわめてきたのだ。それゆえ、一見しただけでどの程度の人物か全てわかるのだ。あなたは必ずや、ひとかどの流派をなしているに違いない。私の目に狂いはない」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 柳生但馬守 新陰流

心掛け363

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(84)

 「いいえ、違います。そんなにおっしゃっていただくと、何となくうれしい気持ちになりますが、私は平凡な武士にすぎません。何かのお間違いではないでしょうか」

 その侍には、嘘をいっている様子が見られない。とうとう宗矩は、

 「おかしいなあ。私の目に狂いはないはずなのだが……」

 と首をかしげてしまった。しかし、それでも宗矩はあきらめない。

 「それではお伺いするが、あなたは毎日、どのように生きておられますか」

 「いやあ、私はとりたてて剣術が強いというわけではありませんし、また真剣に習っているわけでもありません。ただ、いやしくも主君に仕える武士として、いついかなるときでも、一朝ことあるときには、喜んで死ねるよう心掛けてはいるつもりです。毎朝登城するときには、今日死んでもいいと、常に死の覚悟をしてからお城に行くようにしております。まあ、違っているといえば、そのくらいでしょうか」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 剣術 武士 登城

栗毛の牝馬ですばらしい名馬504

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(74)

 だが、九方皐はいつも諸国を流浪していて、そのときも城下にいなかった。そこで人相書きを全国に手配して、九方皐を探し出すことになった。

 しばらくすると、従者がやってきた。

 「おりました。やっと見つかりました。九方皐が見つかりました」

 こうして、九方皐は帝の前に呼び出された。

 「お前が九方皐か。話は伯楽から聞いておる。早速じゃが、名馬を探してくれんか。金はいくらでも出す。国々のすみずみまでめぐってくれ」

 「わかりました。仰せのとおり探しましょう」

 帝から大金を受けとると、九方皐は早速、名馬探しに出かけていった。

 それから一年ほどして、九方皐から手紙が届いた。それにはこう書かれてあった。

 「見つかりました。古今未曾有のすばらしい名馬が見つかりました。これこそ最高の名馬、一日に千里も走る名馬中の名馬でございます。栗毛の牝馬で、まことにすばらしい名馬でございます」

 手紙を読み終えた帝、喜びに胸躍らせて、すぐさま従者を九方皐のもとへつかわせた。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード