絶対神が声を出すことなど絶対にない462

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(30)

 さらにいえば、

 「神様の光が見えた」

 「神様の霊気を感じた」

 「神様の声を聞いた」
 
 という場合の神も、すべて顕現神であって、決して絶対神ではない。無形、無限の絶対神が光や霊気を放ったり、声を出すことなど絶対にないからである。

 だから、神人合一という場合の神も、顕現神のことをいうのである。無限極から仮の姿をとって有限の世界に現れた顕現神と一体となり、そこを基点として、さらに高く、広く、大きく、自らの御魂と霊性と実力とを発展させ、絶対神に無限に近づいていこうというのが神人合一の道なのである。

 ちなみにいえば、世の多くの宗教者や霊能者、とりわけ開祖、教祖といわれる人々が、傲慢になって道を誤る大きな原因は、この絶対神と顕現神の違いについて、明確に理解できていないことにある。自分が見た神、自分が聞いた神の声こそが絶対であって、他はすべて偽りであると確信する。こうして、次第に傲慢になっていき、ついには神の願いからもはずれてしまうのである。

 何度もいうように、人間が感知できる神は顕現神である。だから、どんなに真実の神に思えたり見えたとしても、それは絶対神のごくごく一部でしかないのだ。この一点をしっかり理解していれば、

 「我こそ、生ける神なり」

 「我こそ絶対なり」

 などといったりはしないはずである。むしろ、神を体験すればするほど、ますます謙虚に、より大らかに、より明るくなっていくはずだ。しかし現実には、絶対神と顕現神との違いがわからないため、多くの宗教者が唯我独尊(=ゆいがどくそん。自分だけが偉いとうぬぼれること。ひとりよがり。)に陥ってしまい、その結果、それぞれの宗門宗派の間で醜い争いをしているのである。悲しいことというほかはない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

世の中に絶対の善も悪もない485

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(53)

 これが、神様の御心にかなう、善行のすすめ方である。私は常日ごろ、

 「先生、一体何が善で、何が悪なのですか」

 という質問をよく受けるが、いつも、こんな調子で答えている。

 「世の中に絶対の善も悪もない。本当の善悪は、万物創造の絶対神にしかわからないのです。科学の発達という視点から見れば、いまわしい戦争だって善となることもあります。しかし、それでも私たち人間は、善行を為さねばならない。では何を基準にするか。今、当面、人が幸せになり、世の中にプラスになると思ったことを善と信じて、慈悲をベースにしてどんどん為せばよいのです。そして、大局から見て小善だと悟ったら、そのとき、そのとき直していけばいいのです。そこに、人間としての進歩があるのです。もし、このことがよくわかって善行に励むなら、少々善を施したところで、傲慢になったり善行を誇るなんてことにはならないでしょう。かえって、絶対善は主神のみぞ知り、人間の為す善はすべて相対的だというほうが、謙虚であり、精進努力し、進歩向上する励みになっていいんじゃないですか」

 読者の皆様方にも参考になると思う。合わせてお考えいただけば、さらに理解が深まることと思う。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

感動が神界の扉を開く598

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(14)

感動が神界の扉を開く

 最近はグルメブームといわれている。テレビをひねれば連日、十本を越える料理番組がおいしい情報を流している。書店に行けば行ったで、これまたおいしさ満載の書籍、雑誌があふれている。喫茶店で耳をすませば、

 「あの店のフォアグラは最高よ」

 「でも、私は中華が食べたいわ。最近、飲茶をはじめたところがあるから行ってみない」

 と、舌なめずりしながらの会話が聞こえる。

 もちろん、定例会の私の講義でも、神戸の「でっち羊羹」や南京町の「ブタマン」、伊香保温泉の「湯之華まんじゅう」や秋田の「いなにわうどん」の話、また、新潟の「越之寒梅」大吟醸と岩手県の「七福神」、金沢の名酒「菊姫」大吟醸や石川県の「天狗舞」、さらに、広島の幻の名酒「誠鏡」や熊本県「香露」の話など、文学的にも霊的にも、味覚を分析したり比較したりしている。主に個人の趣味によるのであるが、神霊界の実情をさぐる上で、大きなヒントになるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

感動が神界への入口602

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(18)

 真においしい物にめぐり合った時、人はどうするか。全部食べちまう?まことに正しい答えだが、その前に何かを感じはしないだろうか。そう、心の底を揺るがすような感動である。

 「まったりと舌の粘膜をくすぐる」などといった修飾語など存在しない、ひたすらの感動。

 美味であるかないかを判断するのは、ただひとつ、この感動、魂の震えだけである。

 中国の古人の逸話で、覚った時の境地とは、聾唖者がスイカを食べた時、そのあまりのおいしさを説明するのに、手足をバタバタさせて表現するしかないのにそっくりである、と言ったそうだ。魂の奥深いところで感動するということは、思いが、想念をはるかに越えた世界に入っていることなのである。この世界を神界と呼んでいるが、私たち人間の究極の目的は、この神界にいたる感覚を身につけることであると、まず心得ておいていただきたい。

 この本のタイトルは『大創運』であるが、運を創り出すためにも、当然のことながら神界が大いに関わってくるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

人間は現実界が大切607

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(23)

 今度はいい方の例を話そう。たとえば昭和天皇陛下である。生まれた時から皇太子というお立場にあり、杉浦重剛のようなすばらしい教育者から薫陶を受け、経済的にも、文化的にも、家庭的にも、天皇としての豊かな環境でお育ちになった陛下は、どうしても悪い想念や悪い感覚を出す要素がないのである。ご本人の努力がその上に積み重なるので、最高のよき霊界、よき神界をお持ちになっておられた。

 このように、人間は現実界が大切であり、これを改善する具体的な努力を為さない限り、絶対に、心の世界も感覚の世界も真にすばらしくすることはにできないのである。

 儒教がここを言っているのであるが、神様がそうお造りになられたのである。だから、時として心を救う宗教家が生まれたり、現実界を救う科学者や政治家が、使命をもって生まれてきたりするのだ。

 では、大切な現実界と幸せの原点となる神界をつなぐ霊界はどうであろうか。たとえば、失敗のもととなる、悪い感じや邪な感覚が最初にあったらどうなるのか。

 感覚に導かれて生まれる思いは、先程の病院のようによかろうはずがなく、思いは妄念に満たされる。

 妄念妄想とは「妄(みだ)りに思い、妄(みだ)りに念ずる」ことであり、法華経によれば、「地獄の正体なり」ということになる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

神界や天界とは人間の霊が行ける所ではない662

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(78)

 そもそも本当の神界や天界とは、一部の例外を除き、人間の霊が行けるような所ではないのである。ところで、私たちの霊が通常行く最高の所は、天国界である。その最下層に地獄界がある。地獄界のことは後ほど述べよう。

 天国界は大きく分けて三つの階層があり、第一天国、第二天国、第三天国と呼ばれる。人は死ぬと、天国へ行く者と地獄に落ちる者とがふるい分けられる。ただし、地獄に落ちるのは、相当な悪行を重ねたものに限られるから、少なくとも、この本を読まれる人は心配しなくてもよい。

 もっとも、天国行きのキップを手にしたからといって、喜んでばかりもいられない。

 天国の入口には審査官が待ちかまえていて、天国のどの階層に配属するかを決めるのである。この世で行った善行と悪行をチェックし「まあ、難点がないわけではないが、善行を行った方が多かったことは確かである」と、認定された人は、第三天国に入れられる。

 第三天国に行く人は、金や財産を恵まれない人に贈るといった、いわゆる慈善行為を行った人たちである。これならたいていの人に経験があるはずだ。

 第二天国には、神の道を極めようと努力し、生涯を、世の人々のために捧げた人、高潔で、学識豊かな人たちが行く。

 第一天国は、神の道を極め、同時に富も名声も手に入れ、しかも、それらを神のため世のため人々のために善用した人のみが入ることを許される世界である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

太陽神界856

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(71)

 まず、真である。これは天照大御神である。ひらたくいえば、太陽神界だ。すべての恵みは、ここからやってくる。天之御中主神之大神や北斗の神、また国常立神之尊や須佐之男命、そして、大日如来やエホバの神も主の神であり、実在する神霊なのであるが、天照大御神こそが日本神霊界における具体的な恵みを与える、いうならば、「代表取締役」にあたる神様なのである。

 そして、「取締役」級には、須佐之男命や大国主之命をはじめ、宇佐八幡、鹿島、香取、住吉などのそうそうたる神様がいらっしゃる。いわば、それぞれの役割と個性に応じて、取締役事業部長や取締役営業部長にわかれておられるようなもので、むろん決定権もゆだねられている存在である。そして、直接の担当窓口となっているのが、地元の産土之大神なのである。また、イザナギ、イザナミの大神様は、その会社を創業した会長様である。かわいい子供に後を継がせ、代表権を譲ってご隠居されたのである。

 この代表権こそが、宇宙創造とあらゆる次元界の主神であるスの神様がお与えになる、スの神権なのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

天照大御神様は日本民族の社長857

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(72)

天照大御神様は日本民族の社長

 外資系のコングロマリットを作った時、スの神の神権をお与えになったのがエホバの神であり、ヤーウェの神だったのである。これがヨーロッパ神界なのだ。私たちは、いわば天之御中主・創作企画会社の社員でも、土木工事会社・国常立コーポレーションの社員でもない。ましてや、外資系コンビニエンスストアのチェーン本部お稲荷本舗の社員でもない。ここ日本に住む限り、すべての働きの神を統括し、集約している日本株式会社の正社員なのである。

 だから、われわれは、日本株式会社の代表取締役の天照大御神様を真に据え、中心に置いて敬うべきなのである。天照大御神様は、他の神々と比べ「中庸の徳」と「円満具足の徳」、また「実成の徳」があり、私たちに「やる気」と「明るさ」と「創造発展の広がり」を与えてくださる神様なのだ。この方が、私たち日本民族の社長なのである。したがって、社風(つまり、民族の気質)は、明るく、創造発展的で、やる気に満ちあふれているのだ。

 一見、日本のそれは女性的な文化ではあるが、五百津御統(いおつみすまる)という首かざりから、突然五人の男神が出現した如く、果敢でもあり、勇猛の気性も宿っているのである。これらが、実をいえば「大和魂」だといえる(『古事記』のウケヒの段を参照)。

 玄々微妙の神霊界には、別な主の神がいらっしゃるが、我々日本人にとって、本当の意味における金運や現実界の繁栄は、この天照大御神を中心に置かない限り、実現が難しい。龍、天狗、稲荷ギツネ、白蛇を使っても、金運は成就されるが、弊害も多く死後の幸福や子々孫々への影響を考えた時、やはり、正神界の中心からくる正しい金運を求めるしかないと思うのである。話を元に戻そう。これで、ともかくも、天照大御神を真に置く理由がおわかりいただけたと思う。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

神界と魔界1045

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(89)

 霊能マンガなどというのもずいぶん子供達に読まれているようだが、まだ自己形成が済んでいない子供がヨガにせよコックリさんにせよ、そういうものに夢中になるのはいよいよ危険だと言える。大人よりも疑うことを知らないから、あっさり変な霊にひっかかってしまう。知人のお子さんとか、自分の周囲にそういう子供がいたなら、冗談だとして済ませてしまわないで、正しく対応し、導いてやって欲しいものだ。

 正しい霊能については、私の著書『吾輩は霊である』(たちばな出版刊)で詳しく述べているので、そちらを参照していただきたい。


神界と魔界

 宇宙を「気と理」の二種類から成り立っているとしたのが朱子学である。

 天地は全て気でできている。そして、その気がおのずから、しからしむべきように動いていく。その法則性を、理という。山は山としてあり、人間は人間として出てくる気があるのだ、というのである。大変すっきりした思想だが、実はこれでは神様の一面しか捉えることができていない。

 神なる存在は、気と意志を持っている。気と意志があって、そこにおのずから法則性があるので理が伴う。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

神界と魔界(2)1046

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(90)

 気の中に意志の力があるのは、神様も同じである。だから、人間が神様に近づこうと思ったら、はっきりと「私はこう思う」、「私はこのように生きたい、しかし間違っていたら反省して改めようと思う」という人格のあり方、明確な意志の存在、こうしたものがなければならない。

 法則性を司るのは意志の力であって、それが全て神様であり神界のことでもある。だから、宇宙は全部気でできているというのは間違っている。私は、理・気・意三元説が本当だと思う。

 高級な霊は、魂の主体性を大切にする。何から何まで人間のなすことを思い通りに動かそうとはしない。こちらの人格を尊重することなく、次々と人に要求してくるのなら、それは正神界の神霊ではない。本人の意向を無視して次から次へと要求してくるのは、人の肉体を利用して、その霊が何か自分の欲を満たしたいと考えているのであって、人の魂に対して愛や真心を持って接しているのではないのだ。

 高級神霊が人に懸かることもあるが、その場合、時間をかけてその本人の個我を大切にして導き育てる。ところが低級霊であれば、人の主体性や個我を尊重することなく、自分の目的のために人の肉体を利用するのである。

 だから、こうした低級霊に憑かれた霊媒師たちは、死んだらどこへ行くかとというと、魔界に堕ちることになるのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード