「化する」とはどういうことか477

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(45)

勇気をもって目前の困難に立ち向かえ

 ところで、無形の目に見えない宝を積んでいけば、有形の目に見える宝に「化する」ということは、『易経』にある言葉、

 「極まりて

 と表現することができる。この場合、無形の宝はあくまでもで、有形の宝はである。なぜなら、が主でが従だからである。その証拠に、「」といっても「」とはいわない。要するにが中心であって、陰から始まり、が出てくるのである(もっと詳しいことをいうならば、この陰は後天の陰であって、先天の陽が化して後天の陰となるのである)。

 しかし、そう簡単に陰から陽が出てくるわけではない。あくまでも「陰極まりて陽」、陰が本当に極まっていよいよ熟して初めて、そこから陽が出てくるというのだ。「化する」と同じ意味であるといえよう。

 ここで、もう少し易の話を突っ込んでみよう。

 易には「爻(こう)」という卦(け)を表す横画がある。この「爻」は乾(けん)と坤(こん)にそれぞれ三つずつあり、━が陽で、‥(本当は━の真ん中が途切れているもの)が陰である。この六つの「爻」のバランスで、天地自然の象を六四のパターンに分けているわけである。

 ところで、六月二三日ごろ夏至は一年で最も日が長いときで、乾の「爻」も坤の「爻」もすべて陽が極まっている。だから、六月二三日ごろが、易では夏の真っ盛りというわけだ。

 そうして、陽が極まると今度は陰に入っていき、パッと坤に一陰が現れるのである。

 この夏至に対して、冬至は一二月二二、三日ごろ。冬の至りで、最も日が短いときである。この冬至は易でいえば、乾も坤もすべて陰、陰の極まりということになる。

 そして、陰が極まったこのときに、パッと坤に陽が出てくる。これが「一陽」である。この「一陽」が出ると、次第に陽の「爻」が増えてくる。ということは、一二月二三日の冬至あたりから、本当は春が始まっているわけである。

 ただし、まだ形に現れる春ではない。無形の世界での春の訪れである。

 こうして、「一陽」から始まった春の訪れは、無形の世界で徐々に積み重なって、「幾(き)」という兆しが出てくるようになる。だが、一月、二月のころでは、地上には現れない。兆しが徐々に長じて、やがて三月、四月ごろになってようやく、地上にも春がやってくるのだ。一月、二月は無形の春、三月、四月は有形の春なのである。

 草木の芽がふき、いかにも春らしい風情となる前には、すでに目に見えない世界で春が始まっているのである。

 したがって、夏真っ盛りというときにはすでに秋の訪れがきていて、冬真っ盛りのときにはすでに春の訪れがきているのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 有形 無形 易経

人生の四季の正しい過ごし方478

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(46)

 この「陰極まりて陽、陽極まりて陰」の法則は、何も天地自然の運行にだけ当てはまるものではない。人間の運勢、国家の栄枯盛衰にも当てはまるのである。それゆえ、古来、君子はこの法則をもって、修身の鏡としたのである。すなわち、自分の名声が高まっているとき、他人から評価されているとき、調子がいいときはすでに凋落が始まっている、だから有形の宝が開花しているときにこそ、傲慢にならず、地道に目に見えない徳を積まなければならず、次の開化のための準備もしなければならない、と。

 逆に冬が厳しくてつらいときには、すでに目に見えない世界では春がやってきている。この苦しみ、悲しみ、絶望の冬の時代も、やがて暖かい春の陽光に包まれるのだ。だから、冬の真っ盛りでも絶望してはいけない。悲観してはいけない。勇気をもって、目前の困難に立ち向かうべきである、と。

 これが、正しい人生の春の過ごし方であり、冬の越え方なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

無形の宝とは何か480

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(48)

善を実践して徳を積もう

 さて、いよいよ、無形の宝とは何かについて考えてみよう。洞察の鋭い方はもうおわかりのことと思うが、無形の宝とは、神霊世界に当てはめていえば、「徳と功侯(こうこう)」である。徳だけでは無形の宝とはいえない。徳と功侯がそろって初めて、無形の宝になるのである。

 無形の徳を積み、功侯を授かれば、これが「一陽」の「福」となる。そうして、無形の宝を積んで積んで積み重ねていくと、やがてそれは、「化する働き」によって人間の幸福、すなわち、有形の福徳に化するのである。

 では、目に見えない徳を積むとは、どういうことなのであろうか。功侯については後述することにして、徳については、ひと言でいえば、「人に益する行いをすること」、これが善であり徳である。目に見える形で益するか、目に見えない形で益するかはともかく、人にプラスになること、人に益することをしてあげることが、徳を積むことになるわけである。もっと厳密にいえば、これは「地徳」といわれるものである。

 このほかにも徳には、自己を修養することで得られる霊光である「人徳」、天理と神霊世界の法則を識って太極の主神を動かし、至誠の信仰力にて諸天善神を動かし、才能を磨いて御魂に色彩を加える「天徳」などがあるが、詳細は省かせていただく。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

見た目の形ではなく本質を見よ507

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(77)

「ところが九方皐は違います。もはやオスメスなんて関係ない。栗毛か黒毛かなんて関係ない。そういうものは眼中にない。馬の生命力、本質を見ているんです。だから、実際とは違う報告をしてきたのに違いありません。おそらく、九方皐が探した馬は名馬中の名馬に相違ないでしょう」

 帝は感心した。

 「そうか。お前がそういうなら、間違いあるまい」

 といって、九方皐とその馬を呼び寄せた。

 帝の前に引き出された馬は、見たところ、従者のいうとおりであった。手紙に書かれてあった馬とはまったく異なっていた。

 「なんだ、この馬のどこがすぐれているのか」

 と思わず帝がつぶやいたほど、平々凡々な馬でしかなかった。

 ところがである。ひとたび調教すると、まさしく伯楽が予言したように、一日に千里も万里も走る名馬中の名馬に変身したのであった。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

霊界や神界にも通用する財産1269

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(193)

霊界や神界にも通用する財産とは何か

 あなたが自力運をつけ、同時に他力運も呼び込んで強運になったとしよう。そんなあなたに対して「一体何をしたいのか」と問うたとき、どう答えるか。

 地位・財産・名誉・あるいはもっと美味しいものを食べ、自由に性欲を満たし、いい服を着て、すばらしい家に住みたい。そんなもろもろの欲望を満足させて幸福になるため、と答えはいろいろあるかもしれない。

 だが、これらの欲望のすべてを達成したとき、人は虚無を感じるはずである。その一方で、その虚無を一生に一度でよいからたっぷり味わってみたいと熱望する方もおられよう。

 それはそれでよい。そのために強運を身につけるさまざまなことを、本書でとりあげているのだ。

 しかし、私が自力運・他力運といった二極から強運を説いてきたのは、それなりの私の願いがあってのことなのである。それは何か。長続きする幸せを得てほしいと思う気持ちである。長続きする真の幸せとは何かをとらえながら、ここで私は私の密かなる思いを今あなたにはっきりお伝えしなければと思う。

 人間が生きるということは、現実の世界・霊界・神界の三極が深く相互にかかわりあっているのだから、この三極に通用する幸福を築きあげるべきではないか、ということだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード