人の不幸を踏み台にした財産は本物ではない792

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(7)

 したがって、人の不幸を踏み台にして得られたような財産は本物ではないのである。しかし、読者諸兄の中には、「それでもいい。とにかく金持ちになりたい!」と願っている人もあるだろうが、ちょっと待っていただきたい。

 確かに現世では、金が入り、贅沢な生活を楽しむことができるかもしれないが、その期間はせいぜい五〇~六〇年である。現世での生活を終えたらどうなるのか?霊界での生活が待っている。そこには、あなたに苦しめられた人々の怨みや呪いが象徴的にうず巻く地獄界がある。

「お前ばっかり、いい思いをしやがって。俺たちの苦労や悲しみも知らないで。呪ってやるぞ~、このやろう~」

「金だ、金だ。おれによこせ。わしにわたせ……」

 という具合で、トカゲ、ヘビ、ゲジゲジなどがウヨウヨしている暗黒のドロ沼に、亡者がまっ黒な顔をして叫んでいる。黒い岩や鉄のかたまりが、背中に重くのしかかって身を揉むような苦しみだ。そんな中に突き落とされてしまうのである。生きている間はこういう生霊に悩まされ、死すれば、自分がやったようにやられる象徴的な刑罰が用意されているのが地獄界。しかも、こういった地獄界での生活が少なくとも三〇〇~四〇〇年続くのだ。こういう先祖霊を救済除霊するのは大変だ。しかし、神様にお許しを頂き、是非とも救済したいものである。この地獄界の苦しみの想念は現世の子孫にも感応するからだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

悪を為して稼いだ金は悪臭漂う汚物と化す793

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(8)

 霊界の苦しみを、子や孫が神霊的にキャッチして、その苦しみを晴らすために、本人も知らないうちに散財してしまうわけである。そして、金持ちから貧乏へと転落し、金のない苦しみを味わうようになるのである。これは、魔界の金運で財を成し、地獄で苦しんでいるご先祖様にとっては、一種の「罪ほろぼし」ともなる。子孫が現世で苦しみを味わうことによって、地獄界のご先祖様は少しずつではあるが、救われているのである。

 よく、資産家の二代目か三代目にバクチ好きな極道や極端な酒、女好きな人物があらわれたり、あるいはやたらと人がよくて、保証人の印鑑をついてしまい、そのために親の財産を失ってしまうことがある。我々人間サイドの尺度からすれば、どうしようもない悪党に思えるのであるが、初代に財を成した先祖からすれば、大変な先祖孝行をしている場合もあるのである。

 なぜなら、霊界では悪を為して稼いだ金は悪臭漂う汚物と化し、財産は黒い鉄の塊となって体にのしかかっているからである。先祖はその苦しみから、なんとか逃れようとして、子孫に憑き散財をさせるのである。これが、極道がどうしても止まらない人の霊的要因なのである。

 だから、どんな人間も我々は裁くことはできない。本当の善悪の判断は、神のみぞ知るところなのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 霊界

前世の生き方に相応しく今世生まれ変わっている794

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(9)

 ところで、「三代前は資産家だったんだが」「昔は網元で、たいそう羽振りもよかったらしいが、今は見てのとおりの貧乏生活」という人も多かろう。だが、嘆くなかれ。貧乏生活そのものが、先祖供養になっていると思えば、いく分、気も軽くなるというものである。

 もちろん、そういう家に生まれてきた自分を嘆き、先祖を怨むことはない。自分が前世で行った悪徳と善徳に相応したところにしか、人は生まれ変わらないからである。環境を嘆かず、前向きに努力してこそ、前世の悪徳が減り、善徳が花開く。それか来世への貯金にもなっているのだから。


本物の金運はどんどん成長する

 とにもかくにも、お金が欲しい!!他人を不幸に陥れても豪邸に住みたい!!と自己中心的な欲望から発せられる金運願望は、結果的に本人のみならず周囲の人々や自分の子孫をも不幸にしてしまうので避けるべきである。

 では、どういう金運願望なら善となるのか。いうまでもなく、われもよし、他人もよしの心構えである。少々、お説教臭くなるかもしれないが、本物の金運を呼び寄せるために、絶対に守らなければならない「神界の法則」なので聞いていただきたい。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 先祖

金さえあればいい。酒池肉林の生活を送れればよい828

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(43)

 ところで、肉体的欲望にばかり浸っている人間は、すなわち魔王に支配された存在といえ、肉体を通して精神世界を高めていこうとしている人間は、神の支配下にあるといえる。少々、短絡的な発想だな、と考えておられる読者も多いのではないかと思うが、神霊世界を自由に見聞できる私からすると、これは間違いではない。

 物質世界は悪である、といっているわけではない。物質成果を支配しようとする心、あるいは、それのみに心を奪われてしまうことが、すなわち魔王の狙い目であり、その心に悪が住むのである。そのあたりを混同しないでいただきたい。

 そこで、再び金の話にもどるが、金に心を奪われ、金を儲けることのみに全神経を集中し、心の鍛錬や内面的向上を忘れてしまうと、これが魔王の支配するところの金運となる。確かに、金は集まるだろうが、人々の幸福や自己の精神がそれによって神霊界の上部に近づくことはない。むしろ、心はすさび、贅沢な生活に浸っても何かむなしさと不安が残るもなのだ。

 魔王の発想というのはこうである。

「ただ、金さえあればいい。肉体がある間、自由で楽しく、酒池肉林の生活をおくれればよい。そのためには金だ、金を儲けることが一番なのだ」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 魔王 金運

年齢によって違う金の遣い方儲け方845

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(60)

 成功者は、このように、人生の岐路に立つごとに、チャンスをものにしていったのである。

年齢によって違う金の遣い方、儲け方

若い時に金がないのは、ある意味ではよいことだ

「色男、金と力はなかりけり」というのだそうだ。ここでいう色男とは、女性にもてることを意味しているらしく、もてる男性とは、すなわち、比較的若者ということになるだろう。また、ここでの金は財運や財産であり、力とは実力ということか。

 すると、若いうちは実力がないので、お金もたまらない-との結論になる。若くてバイタリティがあっても、色男は色事にうかれているので、根性をすえて実力を磨かない。だから金もない。まあ、これは当然すぎるほど当然な結論であろう。

 しかし、これはきわめて正しいことだといわざるを得ない。昔から「若い時の苦労は買ってでもしろ」といわれているほどである。若い頃から、金儲けのことばかりで頭をいっぱいにしているのは精神衛生上よろしくない。金儲けと同時に、自己の人間的向上を目指し、強い人間性を作ることがなによりも大切なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

苦労を通して強くなっていく846

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(61)

 若い頃は楽しさいっぱいだったのに、年を経るにしたがって、だんだんみじめになっていく、というのでは寂しい。苦労を通して強くなっていく。昨日より今日、今日より明日がよりよい。これが、正しい姿であろうと思う。

 お金がないから、お金のありがた味がわかる。お金がないから一生懸命頑張る。お金がないから夢を大きくふくらませる。お金がないから、お金以外のことで楽しみを見出そうとする。お金がないから、人生を考える……。若者にとっては、程よい金欠病が成長の糧となるのである。

 また、若者は柔軟性があり、可能性に満ち満ちている。お金のない苦しみは、他に転化することもできるのである。


男は一八歳で志を立て三〇すぎからピークとなる

 さて、若い時分に金がないことは、しごく当然であることがわかった。では、いつ頃から、本格的な金運エリアに突入するのだろうか。

 女性の場合は結婚という、次元の異なる世界が待っているので、ここでははぶくが(結婚時期や、夫を出世させる法は拙著『恋の守護霊』に詳しい)、男性なら、ともかく一八か、あるいは一九歳で志を立てる必要がある。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

定年退職したら「美田は残さず」851

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(66)

定年退職したら「美田は残さず」の精神が必要

 さて、一生懸命に働いて、いよいよ定年退職の歳を迎えたら、霊界へ入る準備にとりかかろう。「縁起でもないこと、いわないで!」とお叱りを受けそうであるが、正直、男女ともに六〇歳の還暦をすぎたら、霊界のことを真剣に考えるべきだ。

 私がなぜ、こんなことをいうのかといえば、実は六一歳でその人の霊界でのランクがほぼ確定してしまうからである。

 還暦とはちょうど十干十二支をひと回りして、またもとにもどることをいう。つまり、六〇年を一サイクルと考えるのであるが、偶然にそうなっているわけではない。この六〇年間に人間として為すべきことを為したかどうかを、神霊界が本人に問うのである。いうならば大学の卒業論文といったところか。そのための一サイクルなのである。

 六〇年間の人生で、善である部分をプラス、他人を不幸に陥れたりした悪の部分をマイナスとして、厳格な査定が行われ、その結果、霊界でのランクが決定するのである。決定といっても、神霊界は慈悲あふれるところであるから、還暦以降の人生を霊層アップに使っていることが認められれば、当然、再査定となる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 子孫 美田

どのようなプロセスで金運がやってくるのか855

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(70)

第二章 正神界パワーで金運をつかむ

強い味方の三つの金運

正神界の金運基本「真副控」

 何事にも基本というものがある。正しい努力を土台として神霊界から金運パワーを受けるためには、神様からいかなるプロセスで金運がやってくるのかを知る必要がある。これが、大切だ。

 我々人間社会でも、このルールは同じである。たとえば、帰宅したら机の上に美味しい果物がプレゼントとして置いてあったとする。すると、誰でも「これはどうしたの?」と家人に尋ねるはずである。「○○さんが、△△のお礼にと、もってきたんですよ」ということになれば、「ああ、そうなの」と、○○さんの顔を思い浮かべながら、果物をいただくというわけである。

 金運も同じ。単に「ください、ください」とねだるだけで、たとえ金運を授けられても、その経緯も知らずに食べてしまっては、本当の心からのお礼ができない。感謝の思いも湧かない。したがって、神霊界も盛り上がりがなくなって、金運のリピートオーダーがこなくなるのである。そこで、まず、金運が我々に授かる基本を知っていただきたいのである。

「真副控」。これが基本のパターンである。この言葉は、華道の用語であるが、ようするにメインに真、サブに副、バランスを保つため、反対側に控をもってくるのである。これで見事な調和が保てるというわけである。調和を感ずる基本形であるといってよい。この華道における美の基本形を、金運を呼ぶ神霊構造としてあてはめてみる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 金運

黒字倒産・売り上げ・資金繰り865

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(80)

 1.の売り上げをバンバン伸ばしても、余分なところにお金を遣ったり、掛け売りが多くて、しかも集金がなかなか期限内にできない、ということも多い。こうなると、帳簿上は黒字になっているのに会社がつぶれる、いわゆる「黒字倒産」に陥ってしまう。もちろん単に3.の資金繰りがまずくて黒字倒産することも多い。

 逆に2.の経費をいくら削減しても、肝心の売り上げがさっぱりだと、これもやはり倒産である。

 3.の資金繰りであるが、会社を経営したことのある人はおわかりだろうが、このあたりが苦しいところ。商品が現金払いの場合は比較的楽であるが、商品を先渡しで、代金後払い。しかも、長い支払い手形だったら最悪である。あるいは、労働報酬は二~三週間後という場合は、楽観視できない。経費は毎月現金で支払わなければならないからだ。そして、何事も実際に現金を受け取るまでは安心できない。いつ相手側が倒産してしまい、手形が不渡りになったり代金がこげついてしまうかもしれないのだ。勘定合ってゼニ足らず、というのはこの世では珍しくない。

 以上、三つの要素を説明したが、個人レベルでも同じである。売り上げの伸びは、請け負う仕事量の増大や、サラリーマンなら自分の給料の額の向上に値する。また、経費削減は日常生活の贅沢を戒めることにつながる。また、資金繰りは、お金のやりくりであり、家でも会社でも最も重要なものとなる。他に細かいところをあげれば、税金を払いすぎないよう工夫すること、資金の有効な運用、大切な貯金を詳しくもない株や先物取引に投資しないこと、遺産相続は税金を充分考えてからすること……などである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

月末までのあと三日で、お金を与えてください899

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(114)

 この神様は、ひと言でいえば、最も人間界に近い次元に現れた神様であり、権現(権現とは仮に現れるという意味)や○○天といわれる物質界に近い仏界と同レベルにある神様なのである。役割分担的に見ると、真副の気運と努力が足りなかった時、それでも月末ギリギリでなんとか資金を調達してくださる、きわめてありがたい神様のことである。

 控はあくまでも控であって、この神様が中心となった金運招来は正法とはいい難い。主従が入れ替わり、欲望が先に立ち易くなるからである。また言葉を変えていうなら、真、副が「攻撃」とするなら、控は「防御」。ディフェンスは攻撃の主に対しては、従という関係となる。これが本当の姿なのである。

 ところで、私が会社をスタートさせた頃、ほとんど毎月といっていいくらい、資金繰りに苦しんだものである。特に、今でも鮮明に覚えているのは、月末の支払いまでに、あと三日しかないのに、五〇〇万円足りなかった時のことだ。どうすればよいのだ。必死の金策にもかかわらず、入金の見込みは皆目なし。神様の道に従って余儀なく会社を営み、かつ、これほど真剣な努力を続けているのに、なぜ金が集まらないのだ。神も仏もあるものか。あるのなら、月末までのあと三日で、お金を与えてください!!私は決して強欲でいっているのではありません。社員を養う責任、取引先に対する信用と義務があるのです。いうなれば愛です。誠です。どうか、聞き入れてください!-

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 月末 お金

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード