人生の本義とは(2)145

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(29)

 第三の社会に貢献して善徳を施すとは、文字とおり素直な心で世のために尽くすことであり、社会に役立つことを実践することである。そうすれば、貢献した分だけ「功(いさおし)」として神様に認められ、天の宝となるのである。これは、会社に功を立てれば出世して役職名を与えられるように、神霊界でも、御魂が功を立てて向上すれば、出世して天の爵位をさずかるのである。

 第四の衆生を済度(救済)ならしめるということは、愛や慈悲をきわめて、他者を助ける働きをしたかということである。これは、地の徳、福徳となって、神霊界では徳光、霊光、霊明が何度、というふうに計算される。これは御魂の輝きと正比例して、御魂が住む光明世界の光明度となって表れる。また、霊界や次に生まれ変わってきたときの、主に健康や物質面の豊かさとなって還元される。むろん、第三の徳もこれに準ずる形となる。

 御魂を向上させるためには、以上の四つの要素で自分を磨いていくことが必要なのだが、よく考えればこの四つの要素は、前述したごとく、二つに大別することができた。つまり、第一と第二は、自分自身を向上させようというものであり、第三と第四は、慈悲の行いを強調したものなのだ。

 これを仏教的にいえば、前者は小乗仏教的要素、後者は大乗仏教的要素ということができる。密教でいえば、前述したように前者は胎蔵界の要素、後者は金剛界の要素だ。これをもっと端的にいうなれば、前者は内修(ないしゅう)、後者は外慈(がいじ)ということもできる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 御魂

小乗と大乗146

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(30)

 しかし、この二つの要素は両方必要なのであって、小乗をきわめれば大乗の要素、大乗をきわめれば小乗の要素が自ずから必要となり、両方がそろってはじめて真となる。前者は真の静であり、体であり、後者は真の動であり、用であって、釈尊の真の全用を形成しているといえる。

 すなわち、ものごとの真理、真諦をきわめて己を向上させようと思い、仏様や神様のことをいろいろ勉強していったら、「ああ、仏様や神様は、いかにすれば社会がよくなり、いかにすれば人々が幸せになるのか、そういうことばかりを考えておられる存在なのだ」ということが、しみじみと実感として深く体得できるようになる。そこから出発して、人々を救済しよう、社会をよくしていこうという気持ちにおのずからなるわけである。

 また、そのような気持ちを抱き、実際に行動を起こして実践するとなると、今度は逆に、いかに自分というものが人を救えるほどの器ではないかということがわかる。己の至らなさを痛感せざるを得なくなるのである。知識も財力も社会的実力もなく、人に尊敬されるほどの人間でもない。どんなに立派なことをいっても、ひとりの人間を指導することさえできない。

 やはり、人から尊敬されるような人間になり、知識もものごとの真実もわきまえておかなければ、人をどのように救い導けばよいのかの見当もつかない。その人にとっての幸せとは何か、社会のどこをどのように改善すればよいのか、それすらはっきりと知覚できない。やはり、もっと、もっと、己を磨くしかない。そうでなければ、人から相談されても正しく救いの手をさしのべることすらできない。このようにして、大乗仏教の菩薩道に徹した人は、小乗仏教の真と法に精通して己を高めて磨くことの大切さを知るわけである。

 だから、小乗仏教だけをよしとしたり、大乗仏教のみを信じるという考え方は間違いなのだ。くどいようだが、基本的にはこの二つの要素は不即不離であり、表裏であり、陰陽であって、道覚すれば一体となるものなのである。

 また、御魂をこのようなあり方で十分磨いていったら、守護神、守護霊もそれに合わせて替わったり、守護するレベルをグレードアップされたりする。もちろん、喜んで背後からの応援をするようになるのである。このような人物になってはじめて、すばらしい人間ということができよう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 小乗 大乗 仏教 陰陽

格物致知の本当の意味147

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(31)

 いささか難しい話になるが、儒教の「格物致知(かくぶつちち)」という言葉について説明してみよう。「格物致知」については、いまだ正しく答えた人がなく、学者の中でも諸説紛々としているが、神霊世界から見て私なりの解釈を示すと、だいたい次のようになる。

 格物というのは、格は「いたる」であったからものをいたらせるということで、これは具体的には、物質的な欲望、人間心をきわめてなくするという意味である。

 また致知とは何かといえば、知は先天の知を意味し、王陽明のいう「良知(りょうち)」のことであり、自分の本霊が先天的にもっている無量無辺の智のことを表す。そして、致とはそれらをよく働かせ、よくまっとうさせるということだ。

 それゆえ格物致知とは、人欲をなくして先天の知を引き出し、よくそれらを働かせて行じるということなのだ。

 これを、『大天運』でもふれた『中庸』の「人心これ危うく、道心これ微(かす)かなり」という言葉を参考にすると、さらに理解しやすくなるだろう。

 中国古代の聖人であり、帝であり、政治家でもあった堯が舜に伝えた、聖人と政治家と帝としての心がまえの秘伝の中で、最も大切な要諦を表した言葉であるが、ここでいう人心とは人間心、すなわち物質次元の欲望すべてを意味する。

 それゆえ、「人心これ危うく」とは、「人間心で行うとすべて危険だ」「顕在智で考えて行う事柄は、いかなるときにも失敗の危険をはらんでいる」「物質的欲望にこそ、己の人格と修養と行いをだめにするすべての危険が潜んでいるのだ」という意味なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 格物致知 先天 中庸

格物致知の本当の意味(2)148

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(32)

 これに対して、「道心これ微(かす)かなり」とは、本来すばらしい神性(しんせい)や仏性(ぶっしょう)や御魂の発露といわれる道は、非常に微かなものであり、日々に精進して、その灯が消えることなきようしっかりと不動のものにしなければならない、という意味だ。

 人間は肉体をもって生きている。だから、どうしても物質的なもの、つまり人心の方を強く感じてしまう。しかし、これに振り回されると結局、身の破滅を招くことになる。では、どうしたらいいのだろうか。その微かなともし火を大事にあたためて、不動の道心を身に備えなければならないのである。ところで、読者もご存じだと思うが、比叡山を開かれた伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)。彼は、『山家学生式』という書の中で、比叡山の使命を明確に謳っている。要約すると「道心は宝である。そして、道心をもってこれを人々によく語り、かつ、よくこれを実行できる人こそが国宝である。当比叡山は、この国宝を育成することを第一の目的としている」というもの。これを見ればおわかりのことと思う。最澄の学問の奥の中心に、この「人心これ危うく、道心これ微かなり」がはっきりと意識され、咀嚼されていたということが。

 以上が、「人心これ危うく、道心これ微かなり」のおおよその意味なのであるが、これと比較すれば「格物致知」の意味が鮮明になってくることと思う。

 つまり「格物致知」は、「人心をなるべく収めて、先天的に宿っている道心の本体たる御魂の欲する道を強く、確固たるものとして実行しなさい」ということなのである。

 この観点に立てば、先ほどから私がいってきた学問とか教養というものが、単に知識を吸収したり分析力を鋭くするということではないことがおわかりになると思う。

 これを別の角度から説明すると、『論語』に見える「いにしえの学者は己の為にし、今様の学者は人の為にする」という言葉に要約できる。

 ここでいう「己の為」とはエゴイズムを意味するわけではない。また、「人の為」は世のため人のためにという意味ではない。

 昔の学者は己自身の修養として学問をしていた。現在の学者は、他人に知識や分析力を誇示せんがためにやっている-これが、この言葉の真の意味である、孔子の嘆きでもあったのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 神性 仏性 御魂 伝教大師

学問をする意義149

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(33)

 学問は、誰のためでもない、自分自身を豊かに立派にするためにするのである。人心を小さく小さくして、微かである道心を温め温めて大事にする。これこそが、本当に正しい学問であり、正しい教養であり、究極の正しい信仰力なのである。

 これができている人には、神性、仏性、御魂、ご本霊といわれるものが常に光り輝いて、悪因縁が介在する余地がない。だから、悪い霊などつくはずがない。絶えずすばらしい神性や仏性が顕現しているので、神様や仏様、あるいは善き霊たちと常に感応して、それらに強く導かれるようになるのである。たとえば、家族、親戚がすべて不幸という因縁の深い家に生まれたとしても、こういう努力をした人には、ある程度の幸せは必ず約束されている。そして、さらにそれらの逆境をバネにしてはね返し、大出世を遂げた人も多いのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 因縁 出世

中途半端に霊に興味を持つな150

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(34)

「鬼神を語らず」。孔子はなぜ、このような言葉を残したのだろうが。孔子の時代には、中国土着の神仙思想が盛んであり、霊的世界に関する諸説が飛び交っていたので、あえて彼は現実界の目でものごとを見る態度を尊重し、人々が摩訶不思議な世界に関心をもたないように努力したのである。

 この孔子の姿勢は、私たちも大いに見習うべきである。特に、霊界に興味をもちがちな人、宗教家や霊能者は、孔子の現実的な見方を身につけ、真実の学問、真実の教養で正しい信仰力をもつ必要があるのではないか。

 もし、それができないようなら、いっそ霊にまったく興味を持たないほうが、かえって立派でいい人生が送れる。実際、中途半端に霊の世界に興味をもったがために、精神病になって病院に入っている人も多いのである。その人たちは、学問と教養と正しい信仰力で己を冷徹に見て、人心と道心との闘いができているという基礎がないために、最終的に心の主体性すらも失って悪霊の犠牲となってしまったのである。もし、本当に霊をきわめ、きわめ尽くしたいのなら、究極的には孔子の、現実の礼を敬って「鬼神を語らない」という態度に、いつでも自分がなれるように磨かねばならない。

 ところで、先の孔子のことに話を戻すが、主の大神は、この時代の仕織として、孔子があまりにも現実界を説きすぎたのに鑑みて、老子を世に遣わし、天地の悠々なること、玄々妙々とした宇宙と神霊界の働きや実相を世にお伝えになったのである。これも、学者の間では、色々と議論されていることであるが、孔子が先の人か老子が先の人かという問題である。

 結論からいえば、今述べたごとく、老子は孔子より後に生まれた人である。孔子の死後約四十年ぐらいして生まれた人であり八十五歳で没している。むろん、これは中国の歴史を神霊界から垣間見た、私の過去神通という神通力によって見た結果であるが。

 また、『荘子』や『史記』などには孔子が老子に会って道を教えられたとあるが、あれは項先峰(こうせんぽう)という人との出会いのことが、誤って後世に伝えられたのである。彼こそが実質上の儒教の創始者であり、孔子とは、彼の後継者なのである。

 ところで、項先峰という名の易の大家が孔子の先生であったことは、中国の道院紅卍会の扶括(ふうち)(最も信頼のおける神霊直接の降臨による霊訓の壇)によって有史以来はじめて明かされたことである。私は、この点に関してはさらにそれを肉付けしているだけである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州ワールドメイト 半田晴久 孔子 老子 悪霊

孔子の先生151

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(35)

 あるとき、『論語』を読んでいてわかったことなのだが、『論語』に「子曰わく、述べて作らず。信じて古えを好む。竊(ひそ)かに我が老彭に比す」とある。この老彭とは何か。幾多の論語の解説書を見ても異説が多く、明解ではない。「(ひとつの謎であるが)わが尊敬する老彭という方の態度と比べている、という意味であろう」と解説されている程度だ。だが、この老彭の意味するものこそ、孔子の尊敬してやまない大先生である項先峰、あるいは項先師と呼ばれる方なのであった。孔子は、五十歳を越えて『易経』との真実の出会いがあり、はじめて天地の法と理を悟ったのである。『易経』の本の皮表紙が、三回破れるまで熟読したと『論語』に記されている。それを教えたのが、ほかならぬ項先師なのであった。

 思えば、これはヨハネとイエス・キリストの関係に似ている。キリスト教の方は反発するかもしれないが、客観的にヨハネの黙示録を見れば、霊智、霊覚の奥深さでは圧倒的にヨハネのほうが上である。しかし、教化力、救済力、普化力に関しては、イエスの方が圧倒的に上だったのである。黙示録のヨハネとイエス、項先峰と孔子、観阿弥と世阿弥との関係。先人と後継者や師と霊智に優れた弟子が、胎蔵界と金剛界、陰極の出発・定位と陽極の完成・敷衍とに役割を分担して、見事に主神の道と慈の顕現の大任を果たしておられたのだ。

 ところで、中国の歴史についても、神仕組の一端を解説すれば、主神の人民教化と救済の教えは陰陽に別れ、陰は老荘思想系となり、陽は儒教系となっている。この陰と陽が対立しながらも縄目を編むような形で融合し、補足し合いながら政治と文化を形成してきたのである。ここに、外来の仏教が混入して、三つ編みのきれいな縄目が編めていたのが唐と宋と明の時代だ。この時代に、きれいな三つ編みのまま日本に輸入されて、平安、鎌倉、室町という日本文化爛熟期における、最も有力な文化的原材料となったのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 論語 孔子 老子 ヨハネ キリスト

高級霊と低級霊を見分けるポイント152



ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(36)

 話はずいぶん横道にそれてしまったが、以上の内容をしっかりと把握していれば、基本的に悪霊にやられることはないといえるが、もうひとつ悪霊に負けない方法がある。それは霊を正しく審神することである。

 審神とは神や霊の正邪を区別し判別することだが、これは多少霊能力があるくらいでは、行うことは不可能である。

 だからこそ私は、中途半端な気持ちで霊界に興味を持つのは危険であると、常日ごろから口がすっぱくなるほどいっているのであるが、ここでは参考までに、高級霊と低級霊を見分ける基本的なポイントについて述べてみたい。六大神通力の正邪の審神については、拙著『神界からの神通力』に詳しいのでこれを参考にされたい。ここでは、高級霊と低級霊について述べてみよう。

 高級霊の特徴を一つあげると、あまり現実界の人間に干渉しないことである。ああしろ、こうしろとか、いついつどこそこへ行けなどということを、高級霊は決して指示しないものだ。知らないうちに、そうなるようにし向けられるのが普通である。

 なぜなら、高級霊は元来、人間の教育係であり、あまり干渉しすると、人間を甘えさせたり、紆余曲折を経て遂げられる御魂の経験や成長が妨げられるからである。また、そうなるとそれによって成し遂げられるその人の使命も果たせなくなることも考えられる。それだから、学問教養と人格、それに社会経験と社会実績をつくっていけるように、背後から人間を高度な判断力によって導くのが高級霊の使命であり、それ以外のこととなると一歩離れた立場から見ておられるだけなのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 審神 御魂 学問 教養

高級霊の働きとは153

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(37)

 したがって、本人の御魂の成長を妨げるような祈願であれば、どんなにお願いしても高級霊は黙って見ているだけ。決して動こうとはしないのである。

 逆に、前に述べた四つの要素にかなって、本人の御魂の成長と向上につながるものであれば「よしっ」とばかりに、たとえお祈りしなくても積極的に動いてくれるものである。お祈りをすれば、いうまでもなく一層強く守護してくださる。

 それだけ、高級霊とは、学問と教養と高次元での先見性、かつ霊的な覚醒と高度な智恵を備えておられるということになる。

 これに対して悪霊や低級霊はどうなのかというと、本人の御魂の成長など一切眼中にない。自分が肉体をもっていないから、ただただ肉体を占領して、思うようにその肉体を操りたいだけである。

 いってみれば、欲望エゴの固まりである。というのも、低級霊は高級霊とは違って高い咀嚼力、つまり、学問、そして正しい信仰力に基づく解釈力や包容力がなく、目先のわが思いのみで生きている存在なのである。むろん高い、文化的で繊細微妙なる感性や人情の機微を解する心などはない。一言で表せば低級霊とは、低級なる人間性をもつ霊のことだと考えてよいだろう。

 そういう霊は、肉体をもたないことを悔み、何とか他者の肉体を占領しようと、絶えず関与して憑霊する隙を狙っているのである。

 たとえば、「私は日蓮の生まれ変わりだ」とか、「私は釈迦の生まれ変わりだ」など。また「おまえには、これこれこういう使命がある」などとささやいては、人間の心と霊体と肉体を占領しようとするのだ。

 このあたりに注意していれば、悪霊や低級行者人霊などにやられることもないのだが、霊に強い興味をもっている人や、霊を扱っている霊能者や宗教家は、ミイラ取りがミイラになるような形で悪霊の犠牲になることも多い。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 半田晴久 ワールドメイト 欲望 エゴ 憑霊

霊言やお告げにごまかされるな154

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(38)

 霊界ばかりに目を向けているから、姿を見たり、声を聞いたりすると、どうしてもそれが尊い神仏の導きかと思って信じてしまうのである。

 「おまえはこうしなければならない」「お墓へ来い」とささやいたり、夢でお告げをしたりして、人間を自由にあやつるようになるのである。

 こうした霊言やお告げにごまかされてはいけない。本当の高級霊神様とは、そのようなことは絶対にしないのである。本人の自由意志を尊重し、時間をかけて、じっくりと本人に考えさせながら悟りの段階を経させ、徐々にその使命を深く、しかも徹底して自覚させていくものである。

 お釈迦様が悟りを開かれて救世の使命を自覚されるまでのプロセスを見ても、おわかりになることだろう。決して突然の神がかりではなかったはずだ。むろん、突然の神がかりでも正神界のものもある。如来教、天理教、金光教、黒住教、大本教などは正神界の神様が教祖に突如として神がかっている。

 しかし、それもよく調べてみると、長い下積みと正しい神がかりがあるまでの伏線として、営々としたと悟りの修業が用意されていることに気がつく。そして、これとても、その神がかったご神霊をつぶさに調べてみれば、正神界の神様とはいいながら、金龍神であったり、青龍神であったりする。やはり、ご龍体をとおしての高級神霊のお働きなのである。だから、それなりに立派ではあるが、お釈迦様の場合と比べてみると、ご眷属(けんぞく)が介入して、病気治しや外的奇跡と簡単なご神示やお告げだけで布教している分だけ、レベルが低いものといわざるを得ない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 高級霊 神様

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード