現実界の調和の道を示す儒教181

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(65)

 では、現実界の改善の道を示した教えは何か。孔子が説いた儒教である。

 孔子の教えのすばらしいところは、現実界の仁・義・礼・智・信の道を示していることである。中でも特に、礼に関する教えは右に出るものがないといえよう。

 己に克ちて礼に復する-「己に克ちて」とは、苦しさにとことん耐えて頑張る、というような通常使われている単純な意味なのではない。「己の中の人心、欲心に打ち克って、天地自然と君子としての本来の道である礼に復すること」、これが正しい「克己」というものの意味である。

 では礼とは何か。天地自然と社会との美しき調和のことである。

 たとえば、結婚式という儀式がある。今日では、結婚式をあげずに家庭をもつ人も多いと聞くが、それはそれで事情もあり、本人たちの主張でもあるからいいだろう。しかし、同じ祝うのなら、やはり式をあげて、喜びを美しく豊かに分かち合いたいというのが、多くの人たちの共通の願いだといえよう。たとえていうならば、それが礼の心である。

 また、葬式という儀式がある。これについても、「人間はいつかは必ず死ぬ、だから葬式なんかする必要はない。アメリカで誰かがやっていたように、飛行機から骨をバラまけば十分だ」などと考えている人もいるようだ。

 だが、正式に葬式をしてお坊さんにそれなりにお経をあげてもらう方が、死者を送り出すのにふさわしいといえる。人々が故人を偲び、それを見る死者にとっても、自分の死というものを自覚することまができる大きな契機となるからである。さらに、家族や友人にとっても、追悼の情を深く美しく為して、長年の恩や慕わしさに節度をつけて報いることもできる。これがまた、礼の心なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 儒教 孔子

最も大切な学問、教養、信仰182

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(66)

 ところが、これが儀式のための儀式になってしまう場合があり、がかえって弊害をもたらすことになる場合も多い。あくまでもの本質を見て、心が入って為さねばならないのである。

 そのの本質とは、先にも述べたように社会との調和と秩序の美であり、心情の豊かさをもたらす節度であり、大きくとらえれば、天地自然との大調和のルールと法則なのである。この観点から見て、バランスを保つように節を尽くしていくのが、現実界にかなった道ということができるだろう。

最も大切な学問教養信仰

 第一章で述べたことをまとめてみよう。

 幾度も述べてきたように、悪い霊に負けないためには、本当の学問と芸術を含む教養信仰力の三つで自分を磨いていくほかはない。

 では、正しい信仰力とは何か。神様を信じ、拝むことだけが信仰なのではない。それは信心であって、信仰とは別のものである。

 本当の意味での正しい信仰力とは、真の学問と心の教養に基づいていなければならない。人間は何のために生まれてきたのか。善とは何か、悪とは何かなどを正しく把握して、正しく人生と神に向かい、それを実行していかなければ本物とはいえないのである。

 真の学問教養に基づいた信仰力を身につけておけば、危うく悪霊に占領されそうになっても、魂が真実の光を放つために、危機から脱却できる。むろん、守護する善霊からも大いに導かれる。だから、失敗しそうな状況でも、いい方へ、いい方へと向かっていくことができるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 儀式 学問 教養 信仰

現実界の調和の道を示す儒教183

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(67)

 反対に、正しい信仰力を身につけていないと、どうしても悪霊霊界への興味やお蔭に対する欲望に感応したり、自我、慢心、増長魔に感応する悪霊などにも占領される危険性が高い。また、特に挫折した瞬間、失敗した瞬間など、人格が崩壊していくような時点が最も危ない。そんなときに、悪霊がたちどころに肉体を占領するのである。

 だが、守護霊が交替する時期も、実は、これと同じような時期なのである。『強運』(たちばな出版刊)をはじめ、いくつかの著者の中でも述べたことだが、環境が激変したり、それに伴って何か志を立てて御魂を発動させたときなどに、よりグレードの高い守護霊と交替するのが常である。

 高校受験や大学受験などで、しっかりやらなければと頑張ったとき。あるいは事業に失敗して、何とかしなければと起死回生を図ってファイトを燃やしたとき。こんな場合、パワーのある守護霊に霊界で自然交替が為されて、大いに加勢応援してくれるのである。

 要するに、大きくその人の環境が変わったときには、背後の霊界も変わりやすくなっていて、そのときに善い霊が自分を占領するか、悪い霊が占領するかは、すべてそのときの自分次第、自分自身の想念と根性のもち方次第にかかっているのだ。

 「もうダメだ」「いっそ死んでしまいたい」「あの野郎ッ!」-こういう思いを抱いたときには、すでに悪霊に負けている。

 「よし、頑張ろう」「つらいけど敗けないぞ!」「頭にくるけど、まあ、許してやろう。要は、自分がもっと大きくなることだ」-こう思ったら、守護神、守護霊がしっかりと守ってくれるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 霊界 お蔭

脱皮のとき184

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(68)

 善に向かうにしろ、悪に向かうにしろ、自分の人格が崩壊するような気持ちになる瞬間、己を見失ってしまうような瞬間は、神だめしのときなのだ。それで崩壊していく人もいれば、脱皮してより大きくなっていく人もいる。いわば、そのときこそが人生の吉と凶を決める分水嶺でもあるのだ。

 その分水嶺の越え方の下手な人が、悪霊にやられやすい人ということになる。そのような人は、いつも悪霊に占領され、悪い先祖霊の影響も受けている。いうならば、悪霊駐屯基地のような人間であり、浮遊霊の吸い取り紙のような人間になっていることも多い。

 こういう人は、除霊以前の人である。どんなに除霊をしても、自分が吸い取り紙になっているのだから、キリがない。

 どうしても、悪霊との交渉を断ち切りたいなら、人格すべてを変えるしか方法はないのである。それぐらいの一大決心をもってすれば、除霊後、まるでうそのように人間が変わって幸運になるはずである。しかし、言うは易く行うは難し。なかなかそうとはわかっていても実行できるものではない。

 それで「ワールドメイト」という会をつくり、数々の活動や研修をとおして、良き人は一層良く、問題多き人は、時間をかけて絶対に良くなる方向へと導こうとしているのである。むろん、除霊を受けていなくても入会は自由である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 悪霊

守護霊の交替185

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(69)

 ところで、霊は人に対し、さまざまな関与をしてくるのだが、われわれ肉体のある人間は、霊に使われているようではいけない。常に自分が主体の立場に立って、霊を追い払ったり導いたりするくらいでなければならない。

 そのためには、心の世界を基軸として、現実界と「いい感覚の世界」である神界というものを、自分自身で主体的に自在活用し、自分の毎日というものをよりよいコンディションに保っておく必要がある。そうでなければ、霊にあやつられる人生にならざるを得ない。気持ちが絶えず霊というものに打ち勝って、善霊を生かして誠であやつるようでなければいけないのだ。

 今日まで、霊能者は霊界ばかり、神に生きる人間は神ばかり、常識人は常識ばかりという具合に、それぞれの道に偏してそれらを探究してきた。

 しかし、それひとつだけではすべてが間違いとなるのである。なぜなら、各々たった一つの世界のことしか見ていないからだ。三つを全部見て、今の自分を最高にして、周囲をも幸せにするという姿勢が正しいのである。

 霊ばかりを見ていると、悪霊にだまされ占領される。常識の世界ばかり見ていたら、「妙」(霊妙な神仏の動きのこと)が乏しくなり天運が引き込めない。神様の世界ばかり見ていたら、社会に根ざさないで世間から相手にされない。

 そもそも、天地を創造された主の神様は、神界と霊界と現実界の三界をつくられたのである。だから、正しく神様を掌握して、正しい自分の人生をまっとうするには、神界、霊界、現実界の三極を同時に尊重して、偏りなくバランスをもって見ていくことが必要なのだ。

 そうして、常に自分自身のを向上させ、ご本霊を輝かせて周囲に善なる感化力を与えるように努力しなければ、正しい人生ということはできない。たとえ神様を信じているといっても、決してそれだけでは正しく信仰しているとはいえない。いやそれどころか、知らず知らずのうちに、悪霊にご本霊を占領されてしまうことだって十分に考えられるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 霊界

悪霊に打ち勝ち善霊を活かす186

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(70)

 ところで、霊は人に対し、さまざまな関与をしてくるのだが、われわれ肉体のある人間は、霊に使われているようではいけない。常に自分が主体の立場に立って、霊を追い払ったり導いたりするくらいでなければならない。

 そのためには、心の世界を基軸として、現実界と「いい感覚の世界」である神界というものを、自分自身で主体的に自在活用し、自分の毎日というものをよりよいコンディションに保っておく必要がある。そうでなければ、霊にあやつられる人生にならざるを得ない。気持ちが絶えず霊というものに打ち勝って、善霊を生かして誠であやつるようでなければいけないのだ。

 今日まで、霊能者霊界ばかり、神に生きる人間は神ばかり、常識人は常識ばかりという具合に、それぞれの道に偏してそれらを探究してきた。

 しかし、それひとつだけではすべてが間違いとなるのである。なぜなら、各々たった一つの世界のことしか見ていないからだ。三つを全部見て、今の自分を最高にして、周囲をも幸せにするという姿勢が正しいのである。

 霊ばかりを見ていると、悪霊にだまされ占領される。常識の世界ばかり見ていたら、「」(霊な神仏の動きのこと)が乏しくなり天運が引き込めない。神様の世界ばかり見ていたら、社会に根ざさないで世間から相手にされない。

 そもそも、天地を創造された主の神様は、神界と霊界と現実界の三界をつくられたのである。だから、正しく神様を掌握して、正しい自分の人生をまっとうするには、神界、霊界、現実界の三極を同時に尊重して、偏りなくバランスをもって見ていくことが必要なのだ。

 そうして、常に自分自身の魂を向上させ、ご本霊を輝かせて周囲に善なる感化力を与えるように努力しなければ、正しい人生ということはできない。たとえ神様を信じているといっても、決してそれだけでは正しく信仰しているとはいえない。いやそれどころか、知らず知らずのうちに、悪霊にご本霊を占領されてしまうことだって十分に考えられるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 悪霊 常識 霊能者 霊界

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード