よい「ふとした感覚」を生むには205

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(90)

 しかし、天地創造の主神とは、宗教だけをつくったわけではない。政治、経済、学問、芸術もすべて創造主がおつくりになったものなのである。宗教はそのうちのひとつにすぎない。

 そこで、政治、経済、宗教、学問などを大きく包括する主の大神の働きから見れば、マルクスも、大きな意味でこの神様の使者であり、決して悪のための悪なのではない。ほとんど悪と似てそっくりだが、国祖、国常立之尊様の分身で、赤黒龍蛇となって、究極の善に立ち帰るその日まで、鬼の立場を貫いておられるのである。

 「ああ、マルクスは自由主義陣営からは悪魔、鬼と呼ばれたが、世界の経済も改良に次ぐ改良によって、ほどよく調うようになった今日、両方がうまくやれるようになってはじめて、マルクスの世界史に対するあの鬼の鉄拳があったればこそ、今日の繁栄と平和の体制があるのだということがわかる。やはり、鬼神と恐れられた地球神霊界の主宰神国常立之尊様の奇魂の御働きだったのだ」

 というふうに、誰にでもはっきりとわかるときがくるのである。

よい「ふとした感覚」を生むには

 それはさておくとして、先に述べたように、直感、概念、認識という順で、人の人生観が決まってしまうのだが、このことを理解すれば、哲学などというものが、いかに役に立たないものかが容易に理解できるだろう。

 すべての原因が「ふとした感覚」にあるのだから、哲学・思想などを深く研究しても、自分自身の解決策を見つけられるはずがないのである。哲学・思想、あるいは教養というものは、表面的な形にすぎないのであって、「ふとした感覚」の世界を認識せずにこれを取り込んでも、かえって泥沼と迷路にはまり込むだけである。理想は、良き「ふとした感覚」を絶えず積極的に見い出して、それを不動のものにするために、哲学する心、思想する心、倫理する心、教養を学ぶ心を捉えて、霊覚が、完全に知性というものの牙城を統率しているようにすることだ。こうして、はじめて両者が真に生きることになるのである。

 では、この良き「ふとした感覚」を生むためにはどうしたらいいのだろうか。明るく発展的な感覚にし、自分自身のご本霊を発動させるにはどうしたらいいのだろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 マルクス

まず第一が、少しでもいい土地に住むことである206

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(91)

 まず第一が、少しでもいい土地に住むことである。

 第二に少しでもいい人間とつきあうことである。第三に少しでもいい自然の景色と気にふれることである。第四に少しでもいい神気にふれることである。第五に、少しでも人生を明るく前向きにする言霊の宿る、いい本を読むことである。第六に少しでも美意識を高める芸術にふれることである。第七に少しでもいい心と感覚を呼び起こす、色彩とムードのあるインテリアを選ぶことである。第八に少しでも明るく前向きですがすがしい感覚になれるファッションを選ぶことである。第九に少しでも日あたりのいい家と部屋に住むことである。第十に少しでもいい念と感覚が出てくるよう、いい思いを湧かせる祈りを習慣化させることである。第十一に少しでもいい感覚を人に与えるような態度、言霊、礼を行い、相手がそう思う感覚を自分にはね返らせることである。このようにして自分を豊かに明るくし、意欲的で、発展的で、美しく、すばらしい世界を大切にしている人間は、ますますいい感覚といい人、いい認識、いい運気に恵まれるようになるのである。

 できるかぎりいい環境に自分を置くことが大切なのだが、現実的には、不本意ながら悪い環境に身を置かざるを得ない人も多いだろう。

 そのような人はどうしたらいいのだろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 土地

随所において主たらしめば207

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(92)

 これに関しては、臨済宗の祖・臨済禅師がこのようなことをいっている。

 「随所において主たらしめば、立所悉くこれ真なり」

 随所、随所において自分が主体となって、環境に影響されず、かえって環境に影響を与えるようになれば、そこに真がある。つまり、何をやっても自分自身の本質的な御魂の発露から為され、われではない、自己の本質的霊性が赫々と露呈していることとなる、という意味なのであるが、これをもっと平たくいえば、どんなに苦しくても悲しくても、人間関係などの環境に影響されず、逆に環境に影響を与えるような自分となれば、そこに本来の自分がいて、何の迷いも惑いもない。真実の自己実現ができている-これがだいたいの意味である。

 「随所において主たらしめば」という主体的意志をもって、ふとした何げない世界を、強引にでもいい方へもって行けるような自分をつくることができたら、環境を支配する人間、そして、環境を自分でどんどんつくっていける人間になれる。さらにいえば、自分が生まれてきた家、親、国、人種、親の財力……など、どんな環境にあっても、これを一切眼中に置かず、かえってバネとすれば、人は一切の愚痴、不足がなくなって、ただ成長と進歩があるのみである。そういう、一切の環境を踏み越えて、自分を見失わない真人、哲人、至人を主というのである。「汝らも、そうなれ、そうなれ、バカモノ」という、強烈な迫力で押しせまってくるのが臨済禅師の霊である。私も、何度かこっぴどくこの霊にしごかれている。

 たとえば、人間関係での葛藤の多い職場で働いているとする。この場合、職場の環境がどうのこうのという前に、自分自身が積極的に明るく発展的な存在となって、人間関係を改善していけばいいのだ。もちろん、どうすることもできない人は無視するか、けんかすべきときはあっさりと見事にけんかして、勝っても負けても悠然として仕事を楽しんでいたらいいのだ。そうすると、相手の方が気を使うようになる。胆力の差だ。そうすれば、職場の同僚は生きるし、先輩は改心するし、自分も図太く生かすことができるだろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 臨済

いい環境に身を置くのが第一208

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(93)

 こう書くと、いい場所に住め、いい環境に身を置けというさきほどの話と矛盾するように思われるかもしれないが、決して矛盾しているわけではないのだ。

 いい環境に身を置くのが何よりも第一番だが、それが許されないのなら、それを天の試練と受けとめて、環境に影響されるのではなく、かえって環境に影響を与えるよう、勇敢な開き直り人間となるべきだ、ということなのである。実際のところは、ある事柄に関してはいい環境だが、別の事柄に関しては最悪だ、というふうに、入り交じっているはずだ。だから、最悪の事柄に関しては、勇敢な開き直りで立ち向かえばいいのである。

 また、こう考えてもよい。良い環境、悪い環境といっても、所詮主観的な問題である。客観的には環境に恵まれていても、不満ばかりいう人もいるし、恵まれなくても満足している人もいる。

 つまり、良い環境であるか否かは本人の尺度いかんなのであり、良い環境にしてしまうのも悪い環境にしてしまうのも、すべては本人の意思と努力ととらえ方にかかっているのである。だから、社会的な客観的基準からして、すべての環境が劣悪だと判断したら、こうして、本人の尺度を柔軟にパッと変えてみることだ。「幸せないい感覚」を失うことがないよう自分自身を救済するために。こうして、常に環境に対して主体性をもち、「ふとした感覚」を大切にする人は、常に善霊を呼び込むことができるし、いかなる場合にも、強運に恵まれる人となることができるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 環境

ワールドメイトの救霊(除霊)209

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(94)

第三章 瞬間に開運する大除霊

 なぜ除霊が必要なのか

 ここまで私は、霊という存在について、「霊とは何か」「霊はどのような形で人間に影響を与えるか」「どんな人が霊にやられやすいか」「どんな場所が危いか」「霊に対してどのような姿勢をとるべきか」というテーマで書き進めてきたが、だいたいのところは理解いただけたことと思う。

 私がこの本で述べようとしていることは、必要以上に霊に関心を向けず、しっかりと正しい学問を積み、その学問に基づいて正しい信仰力を身につけることが大切なのだということ。そして、日々の平凡な生活の中で、進歩、発展、調和をめざして常に努力し、目前のただ今ただ今を一生懸命生きることである。そうすれば、その努力とする心と姿勢に守護霊も感動して大きく働き、悪霊を追い払ってくれるのだ。そのような人は知らず知らずのうちに除霊ができていて、ますます進歩、発展、向上し、神様の願う人物になれる、というわけなのである。

 言われてみれば、ごく当たり前のことだ。どこに目新しいことがあるのか、と思われることであろう。

 実は、そのとおりなのだ。私がいっていることはごく平凡で、ごく当たり前のことなのである。

 しかし、人生の真理というものは、そうしたごく平凡で当たり前のことの中にこそある。難解な哲学書や宗教書の中に真理が眠っていると考えている人が多いだろうが、決してそうではない。日常生活のごく平凡な一瞬一瞬に、永遠の真理が隠されているのだ。そして、それを発見して実践している人が、達人と呼ぶに値する人なのである。

 が、悲しいことに、そうした達人を世に見い出すことはまれである。難解な書物の中に真理を見い出そうとして、かえって泥沼の中にはまり込み、混沌の世界に魂を迷わせている人がほとんどなのだ。観念を固めてしまうこうした学問のため、ますます御魂を曇らせ、悪霊のとりつく隙をつくってしまっているのが現実である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 除霊

ワールドメイトの救霊(除霊)で想念転換210

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(95)

 しかし、まだ真理を探究しようという姿勢のある人はいい。真理なんかどうでもいい、愛や誠なんてどうだっていい、今が楽しければそれで十分だ。こう考えている人がほとんどなのである。だからこそ、意志の中に中心支柱が定まらないで、悪霊にやられ霊障に苦しむことになるのである。ところで、神道の大祓祝詞(おおばらいのりと)の中に、「下つ岩根に宮柱太しき建て……」という言葉があるが、これは、単に固い岩盤の上に宮柱を建てて建築をするという浅い意味ではない。「しっかりとした精神のもち方の上に、よしやるぞ、という大いなる意志の力と信念の柱を打ち立てれば、それこそが、神様がお降りになる宮柱となり、私たち一人ひとりが神を宿す神の宮となるのだ」という、深い意味が込められている。こうなれば、悪霊にやられないどころか、ご神霊をも宿すようになるのである。

 だがしかし、前述のような生活を長く続けてきた人は、なかなか想念とその生き様は変えられない。自力で一切を転換するのは、もはや不可能に近い。ちょっとやそっとの努力では、進歩、向上、発展を求め、自分をギリギリまで高めようとする姿勢は生まれてこない。なぜなら、長年の習慣の中に悪霊がすでに巣をつくり、御魂を何重にも取り巻いているからである。

 実は、私はそんな人のために除霊をしている。御魂を取り巻く悪霊の雲を断ち切るために除霊をしているのである。

 だから、除霊を受けると少しの努力でも想念を容易に変えられるようになる。マイナスの方向にしか考えられなかった人が、ちょっとした努力でプラスの方向にものを考えられるようになるのだ。

 そして、そのようなプラスのものの考え方、プラスの人格面を維持していると、自然に雑多な悪霊も寄せつけなくなる。

 『大天運』でも書いたように、その人とその人の家の持つ本来の劫の大小があるので、除霊をしたからといって必ずしもすべての人が即座に病気が治ったり、性格が変わったり、人生が好転するわけではないが、それでも、医師や友人や家族がびっくりするほどの奇跡的な回復と変化をきたすケースも少なくないのである。

 そこで第三章では、除霊の実際について述べてみたいと思う。その具体的な方法や霊障の分類など、霊界の実相についてのより詳しい解説は、『神界からの神通力』に示しておいたので、興味のある方は、そちらを読んでいただくことにして、ここでは、具体的な実例をひとつあげて別な角度から述べてみたい。

 そのため、本書では実際に私が除霊してさしあげた山本和子さん(仮名)と私、そして私の知人の高山さんとの鼎談(ていだん)を、そのまま再録することにした。

 除霊について、大いなる参考になれば幸いである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 除霊 悪霊 水子

除霊を受けて奇跡が起きた!211

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(96)

除霊を受けて、奇跡が起きた!

深見「先日除霊を受けたお友達は、その後どうなりましたか。」

山本「はい。無事に元気な赤ちゃんを産んで、退院しました。」

深見「へぇーっ、赤ちゃん産んだんですか。それはよかった。たしか、胎盤に異常があったんでしたよね。」

山本「はい。お医者さんも出産は絶対に無理だって。だから、奇跡としか考えられない、といってました。」

深見「写真除霊でしたね。」

山本「はい。それから一週間後に、超音波診断で検査したら、元に戻っていて……。」

高山「それからというのは、除霊を受けてからですか。」

山本「はい。一回受けたのですが、そのときはあまり効果がなくて、救霊師の先生も、しつこい霊障なのでまだ取りきれないからといって、写真でもう一度やってくださったんです。そしたら一週間後に胎盤が元に戻って……。お医者様も、医学的根拠がないのでまったく信じられないって。」

高山「その写真除霊とは、どのようにやるのですか。まだ教わっていないのですが……。」

深見「本人がどうしても来られない場合にやるんです。写真を見ながらそこに本人がいると思ってやるんですが、要するに、相手の霊をこっちに呼び寄せたり、自分の霊が飛んでいったりして除霊をするわけです。遠隔除霊ですよ。」

高山「山本さんの友人の場合、どんな霊がついていたのですか。」

深見「写真に霊がついているのではありません。写真を見ていれば、その人の因縁がだいたいわかる。霊も審神できる。その霊を呼んだり追いかけたりして除霊するんです。」

山本「それで、彼女の場合は色情霊が……。」

深見「そう、色情霊。婦人病はだいたい色情霊、女の恨みの霊です。それと、結核も女の恨みの霊であることが多い。同じ胸の病気でも、喘息はご先祖様が戒告しているケースが多いです。」

高山「そうですか。ご先祖様の戒告ですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 除霊

婦人病の原因となる木霊212

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(97)

婦人病の原因となる木霊

深見「婦人病には、樹木の霊が原因となっているものもあります。」

高山「木霊のたたりですか。」

深見「そう、木霊のたたり。木を伐ったたたりです。特に、桜とか椿、柿、林檎の木などの花や実をつける木を伐ると、女性にたたって婦人病や腰、膝へきます。ところが不思議なことに、杉、松、ポプラ、ブナ、樫の木を伐ると男性にくるんですね。」

高山「では、女性が杉や松を伐った場合はどうなんですか。」

深見「女性が伐っても男性にきます。特に長男にきます。代々脳溢血でご主人が死ぬという家は、たいていご先祖が木を伐り倒している。それも、ご神木とはいかないまでも、大きな松や杉を伐り倒しています。脳溢血のほかでは、脳梗塞もそうですが。まあ、脳溢血が多いですね。」

高山「女性にたたる場合は?」

深見「さっきもいったとおり、花を咲かせたり果実をつける木を伐ると婦人病になります。ですから、子宮筋腫などの婦人病の場合には、生霊、死霊の女の恨みの霊と木霊のたたり。この二つの原因が考えられます。もちろん、色情地獄に堕ちている先祖霊がついていることも多々あります。」

高山「木霊についてはほかに何か?」

深見「そういえば、こんなことがありました。以前、代々きこりをやってきたという人が除霊を受けにみえたんですが、その人、書痙(しょけい)という病気で字が書けないと悩んでいたんです。それで、きこりだから木霊だろうと頭で考えたんですけれど、除霊をしたらそうじゃないんですよ。木霊のたたりじゃなかったんです。」

高山「でも先祖代々、木を伐ってきたわけでしょう。」

深見「木を伐ってきたけれど、木霊はきこりのところへは行ってないんです。」

高山「では、どこへ?」

深見「実は、山林のもち主のところへ行っていたんです。木を伐るよう命じた山林のもち主がたたられるんですよ。きこりは、ただ命令されて伐っているわけですから、必ずせしもたたられるとは限らないんですね。」

高山「なるほど。では、その人の書痙とかいう病気の原因は何だったんですか。」

深見「両手のないご先祖です。その先祖霊が地獄に堕ちていて、救われようとして彼についていたわけです。そういうご先祖がつくと、本人も同じように苦しむことになります。もちろん、その本人もそれだけの業があったから、兄弟親戚数ある中で、子供のころから彼にのみついていたわけです。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 木霊 婦人病

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード