前世の因縁と結婚問題222

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(107)

山本「結婚しようとする場合、相手の男性は先生がおっしゃった三つの要素をクリアしているのに、おうちのほうが、お母さんが何年も寝たきりで、弟さんがある日突然ポックリ病で亡くなっちゃったとか、不幸が続いているというときにはどうなんでしょう。結婚しても大丈夫なんでしょうか。」

深見「そりゃ、少なくとも幸せとはいえませんね。でも、結婚運だけ見たら悪くありません。仲のいい夫婦になれます。もちろん、健康で財産に恵まれて、加えて才能があったらいうことありません。しかし、こと結婚ということに絞ったら、夫婦仲のいいのが一番です。どんなに財産があって健康でも、たえずご主人が浮気ばかりしていたら不幸ですね。」

高山「そういう人って、たくさんいますね。」

深見「でもね、結婚しようかどうしようか悩んでいる人は、まだ幸せなんです。中には、そういうチャンスさえもない人もいるんですから。先日、こういう人がいました。『先生、色情因縁っていいですね。私、色情因縁ながないから全然モテないの。たとえ不幸になってもいいから、どこかで色情因縁をつけてもらいたい』って。こういう人もいるんですね。」

高山「それから見たら、あなた幸せじゃないの。」

山本「いや、本人はそうでもないんです。もう安定したいの。波乱に満ちすぎているから。」

深見「それは、何度もいうように、山本家と加藤家の代々のたたり霊の仕業。でも、おうちの因縁がそれほど深くても、今日までこられたのは守護霊のおかげです。あなたは二十五歳で守護霊が交替していますよ。二十五歳からガラリと変わったんじゃないですか。」

山本「三年前、手相を観ていただいたときにも、二十五歳が転機だといわれました。実は、今二十五歳なんです。今が転機といえば転機なのかもしれないけど、つらすぎるから、これが転機なのかな、と疑ってしまって。」

深見「転機ですよ。これからきれいにしてあげますから。」

山本「二十五歳は大幸運といわれたんですね。だから、今年は幸運なはずなんだけど……。」

深見「幸運ですよ。運命が激変するようなこんないいお話しができて。」

高山「この一瞬は大転機ですよ。」

山本「そうですか?」

深見「二十一歳のときに恋愛したでしょう。だいぶ傷ついていますよ。それからつまずきがはじまっているんです。いつも成就しない恋を追いかけているんですね。」

山本「そうなんです。ど、どうしてそんなことがわかるんですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 手相 結婚 転機

前世の因縁と結婚問題(2)223

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(108)

深見「それはあなたの潜在意識を読み取っているだけです。もちろん、守護霊に確認していますが。ところで、そうさせたのは霊障ですね。成就しかかったら潰すんですよ、二十メートルの大蛇が。」

山本「今年こそしかかったんですけどね。でも、ダメみたい。」

深見「来年の秋、二十六歳のときにきれいに整うでしょう。でも気をつけなければなりませんよ。あなたが因縁の深い家に生まれてきたのはわけがあるんです。ハッキリいって、あなたの前世は武将です。しかも、お妾さんを五人もはべらせ、いつも競わせて喜んでいたんですから。」

山本「あっ、そういう傾向すごくあります。本当に。」

深見「男を競わせて喜んでいるという傾向ね。」

山本「ええ、いや、笑いごとではないんですけど、そういう傾向って本当にあるんです。どうしてわかるんですか。びっくりしちゃう。とにかく、そんなつもりではないのに、なぜかそうなってしまうんです。」

深見「だから、それは前世がそうだから、五人の妾を互いに競わせていたんだけれど、やはり跡継ぎ問題で血で血を洗う争いに発展して、五人のうち二人が自殺していますね。そういう前世のカルマがあるので、今度は自分が男性で苦しむようになっているわけです。」

山本「いつも苦しんでいます。」

深見「そうして、最終的には『裏切られた。くやしい。私のことをやさしく思っていてくれているとばかり考えていたら、こんな結末になるなんて。もう、男なんか信じられない。でも、結婚もしなければ』と、不信感と恨みと葛藤に苦しみながら、それでも恋が交錯しているという状態に追い込まれて……。」

山本「的確な表現……。」

深見「でも、それは自分が悪いわけです。前世でそれだけのことをしてきたから、逆にやられるような目に遭うんですね。その傾向は、三十五歳ぐらいまで残っています。だから注意しなければいけません。」

山本「それは具体的に、どういう形で表れるんですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 除霊 前世

前世の因縁と結婚問題(3)224

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(109)

深見「たとえば、第二、第三の男性が現れて、適当に遊んではギリギリのところで逃げるといったような……。結婚して一年目の二十七歳のときが最初の危機。」

山本「二十六歳で結婚できる可能性はかなりあるのですか。」

深見「九分九厘間違いないでしょう。でも、二十七歳、二十九歳、三十三歳のときが危ないですよ。いろいろな男性が現れ、自分では適当に楽しんでいるつもりでも、逆に相手にもてあそばれていたり……。たとえば妊娠してしまって男に逃げられ、『ああ、どうしよう。主人にバレたらたいへん。私って、どうしていつもこうなるんだろう』って悩むというような。でも、それは自分が悪い。前世で女性に同じようなことをしたんで、自然にそうなってしまうんです。だから注意することです。前世のカルマだと思って、不倫のアバンチュールをピタリとやめるんですね。」

山本「それは意志の力でできますか。」

深見「できます。男性が近寄ってきたら、『実は私、危険な病気なの』とかいって、最初から距離を置くようにするのです。そうすれば、それ以上近寄ってきませんから。だいたい三十三歳ぐらいまで、そういうことがありますから、意志の力で乗り越えなければなりませんね。」

山本「それは霊の力じゃなくて、意志の力で抑えられるんですか。」

深見「そう、意志の力で。でも、何度もいうように、前世のカルマでどうしてもそういう傾向に流れやすいから、相当強い意志をもたなければやられます。たとえば、三角関係の泥沼にはまり込んでしまうとか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 前世 因縁

前世の因縁と今世の幸、不幸225

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(110)

前世の因縁と今世の幸、不幸

高山「そういう三角関係などのもつれは、全部が全部霊の影響とは限らないのですか。」

深見「限りませんね。霊にやらされていることも当然ありますが、前世のカルマでそうなることもよくあります。」

高山「彼女の場合、前世のカルマということなんですね。」

深見「そう、前世のカルマです。だいたい、本人のもっている前世からの因縁というか、カルマ、運といった先天的なものが主です。そして、それに合った因縁的霊障を取り除くと、自分個人のカルマが残るんです。それを、自分の意志の力で改めていけば、前世のカルマも改善されていくんですね。」

高山「では最初から前世のカルマのあまりない人や、家の因縁の軽い人は、そういう努力をしなくても、幸福になれるんですか。」

深見「ハッキリいえば、そのとおりです。たとえば、たまたま浮気をしたけど子供もできずにすみ、しばらくしてからきれいに別れたとか、仕方なく結婚したんだけど、ものすごく幸せになるとか、結果としていいほうに運んでいくんです。けれど、大きなカルマがあったり家の因縁が深いと、こうはいかない。すべてが裏目に出て、結果として不幸になっていくんです。」

高山「じゃあ、結果を見ていけば、自分のカルマや家の因果がだいたいわかりますね。」

深見「そう、わかる。プロセスを見ていてはなかなかわからないけど、結果を見ていけばわかります。要するに、何をやっても幸福につながっていけば、カルマは少ないし、家の因縁も軽いといえます。逆に不幸につながっていけば重い、と。」

高山「因縁が軽ければ、何をやっても大丈夫なんですか。」

深見「そんなことはありませんよ。たしかにカルマが小さければ、何をやってもスイスイいくことが多い。けれど、人間は御魂を向上させるために生まれてきているのですからね。その一点を忘れて享楽にふけっていれば、いつか必ずやり直さなければなりません。いってみれば、前世の貯金を食いつぶしているようなものです。だからそういう人は、今世は幸せに恵まれているようでも、晩年になって急に凋落するとか、来世が、生まれながらに厳しい環境の中で育つとか、いずれにしても因果の帳尻合わせをしなくてはなりません。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 カルマ 因縁 因果

異性に対する潔癖症も色情因縁226

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(111)

異性に対する潔癖症も色情因縁

高山「さっきの質問と関連しますが、男女間のトラブルで不幸になるのは、すべて色情因縁のせいですか。」

深見「そうとは限りませんね。むしろ、トラブルがないほうが色情因縁の強いこともあるくらいなのです。」

高山「えっ?どういうことですか。」

深見「たとえば、ものすごい美人でスタイルもいいんだけど、どことなく暗くて誰も近寄ろうとしない人っていますよね。ああいう人は、いってみれば男女間のトラブルがないわけなんですが、あれも色情因縁なんですよ。それにホモやレズね、あれも色情因縁。さらには、異性に対して潔癖すぎるという人も色情因縁です。」

高山「つまり、逆に現れたということですね。」

深見「よくわかりましたね。そのとおりです。前世であまりにも極道をしすぎて霊界でひどいめに遭い、改心して生まれ変わってきた場合には、今度は女だけはやめようと、異常なくらい異性に対して潔癖になるんです。いわば、反動ですね。」

高山「けれど、トラブルがないということは、世間に対しては聞こえがいいですね。」

深見「そう、聞こえがいい。けれど、ちょっと聞くと石部金吉さんでまじめなようだけど、ほとんど間違いなく、それがその人にとっては不幸の種となっているはずです。」

高山「色情因縁で、一番強烈なのは何ですか。」

深見「それは、何といっても女郎屋に売られた女の霊です。男に騙されて女郎屋に売られ、いやでいやでたまらなくても、無理矢理働かされた女の恨みは、それは強烈ですよ。霊界では全部が全部、蛇になっています。まっ黒な蛇。しかもツノが生えています。少しのことでは改心しません。次に、親に女郎として売られた女の霊。これも強烈です。『仕方ない、親のためだ』と思っていても、十年、二十年、三十年と続くと、仕方ないと思いながらも、心の中では親を恨むようになる。もちろん、個人差はありますが、私が見た限りでは、大部分が強烈に恨んでいます。特に、好きな男に売り飛ばされた霊はものすごいですよ。」

高山「そういう霊は、やはり自分を売り飛ばした男と、その子孫を恨むのですか。」

深見「基本的には、そういうことになります。けれど、あんまりやり方が酷かった場合は、女郎屋の経営者を恨むことも珍しくありません。」

高山「その恨みは、どのような形で現れますか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 異性 色情 因縁

恋愛に失敗する人の本当の原因は?227

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(112)

深見「ほとんど色ごとですね。これで子々孫々までやられます。」

高山「具体的に、どのような形で?」

深見「妻子ある男性のところへワッと走ってみたり、あるいは最低の男を好きになって不幸になるとか。特に、定職もなくブラブラしている男と一緒になって、目一杯働かされるだけでなく、殴る、蹴るの乱暴を受け、その男から逃げ出して再婚したら、また同じような男と一緒になり、今度はそのうえ、ソープランドに売り飛ばされた、なんていうのは、まず間違いなく女郎の霊か稲荷のたたりか、一族郎党残虐に皆殺しにされた霊団の仕業です。」

山本「そういう人、私知っています。その人にも、そんな霊がついているんでしょうか。」

深見「ついていると思いますよ。結婚する前はすごくいい男に見えたんだけれど、結婚したら、競輪、競馬に酒、女。それにしょっちゅう暴力をふるう。こんな男と一緒になって絶えず苦しんでいるのは、前述した霊たちがついて、自分たちの苦しみや境遇と同じようなめに遭わせて、その苦しみを味わわせることで復讐しているわけなのです。」

高山「女性にだけつくんですか。」

深見「いや、男性にだってつきますよ。恨まれている家系の中に入っていればね。」

高山「男性がつかれる場合は、どのような形で?」

深見「例をあげれば、結婚前はいい女性に見えてたのに、結婚後は人が変わったようになって、女のくせに酒は飲む、バクチは打つで、夫を苦しみのどん底に突き落とす。最悪の場合には、刃物を振り回して夫をおいかける。このような女性と結婚した男性の先祖は、女郎屋を経営して何人もの女を苦しめていたり、女中奉公の女をてごめにして自殺させたり、殴る蹴るの虐待をして病死させたりしていることが多いですね。けれど一般的には、女の恨みは相手の家系の女性たちに出るようです。そして、とんでもない男と結婚させて、自分が味わったのと同じ苦しみを味わわせて喜んでいる、というケースが比較的多いと言えますね。」

高山「それが、色情因縁の中で最も強烈なたたりなのですか。」

深見「そうです。けれど、同じ色情因縁でも、個人のカルマが原因となっているものもあるんですよ。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト ソープランド 復讐

個人のカルマが原因となる色情因縁とは?228

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(113)

高山「個人のカルマが?」

深見「そう、個人のカルマが原因で、たとえば、兄弟はみんな幸せな結婚をしているのにひとりだけ結婚に恵まれない、という人がよくいますね。妹たちはいい配偶者に恵まれているのに長女だけがダメ。なぜか酒びたりで働くことを知らない男と関係ができ、子供まで生まれてしまった。やっと別れたと思ったら、今度は犯罪者と一緒になっちゃった、なんてね。そういう場合は、家代々の因縁だけではなくて、その人個人の前世からの相当強いカルマが原因となっているんです。前世で男を苦しめたから、今世では苦しめられるわけです。もちろん、そういう場合でも、多少は怨念霊もあり、色情地獄に堕ちている先祖霊がその人と合体している場合も多い。カルマ相応にマイナス霊がくっついているのが実情だからです。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 カルマ 結婚 前世

守護霊にお願いして意志力を強くする229

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(114)

守護霊にお願いして、意志力を強くする

山本「さっき二十六歳で結婚する可能性が高いとおっしゃいましたが、相手の男性の方は今つきあっている人ですか。」

深見「まあ、そうなるのは六五パーセントの確率ですね。」

山本「その人、結婚している人なんですけれど……」

深見「ほら、どうしてもこういう傾向が出てきちゃうんだね。前世でそれだけのことをやってきているから。それ、よくないです。やめた方がいいです。」

山本「そうですか……。でも、別れられないし……。」

高山「こういうふうになるのも、やはりカルマに合った霊が憑依して、背後から引っ張っているからですか。」

深見「霊がやっていることが多いですね。でも、霊の力より強い力をもっていれば、やられないんです。」

高山「その力とは、意志の力ですか。」

深見「そうです。でも、意志の力だといっても、何もないところから意志の力なんて起きて来ません。それにはやはり、学問と教養と正しい信仰力が必要です。それが意志力の基礎を構成してくれるからなのです。たとえば、色情因縁がワッと吹き出しかけても、『いや、待てよ。こんなことをしたら身を滅ぼすだけだ。やめておこう』となるわけです。学問と教養と正しい信仰力に基づく強い意志があれば。つまり、ギリギリのところで助かるんですね。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 結婚

本当の誠意があるとはどういうことか?230

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(115)

高山「要するに、学問を積んで感情をコントロールできるようになればいいわけですね。」

深見「そうです。そのように、学問に裏づけられた意志の力をもった人間、感情を抑えられる人間になれば、守護霊がしっかり守ってくれるようになります。ですから、そういう人間に対しては、悪霊も手を出せないんです。反対に、感情のままに動く人間は狙われやすいですね。たたり霊にとってみれば、そちらの方がやりやすいから。とにかく、意志の力を強くして守護霊の応援を受ければ大丈夫ですね。悪霊も『うーん、手強い』となって退散していきますから。」

山本「でも、かえって別れて再婚したほうが幸せになることも多いんじゃないですか。」

深見「あなたのその思いが、客観的な彼の状況と自分の能力や性質から割り出したものなら、まだ多少は聞くべき理もありますが、単に感情に流されているのなら、なるべく早く諦めたほうがいい。神感ともいえる高貴な感情ならいいのですが、煩悩と欲に引かれる感情は、自分自身を破滅に導くしかありません。結局、両者が不幸になりますよ。その種の感情に流されていたら、特に、背後でその感情を悪霊が引っ張っているのに気づかなくっちゃいけません。」

山本「でも、そうとばかりは限らない場合も多いんじゃないですか。実際に離婚して一緒になって幸せになる人も多いんですから。」

深見「そういう方向にいっちゃうんだね。それだったら、早く離婚してもらうべきです。相手の男性は、別れる別れるといいながら、ずるずる関係を続けていこうと……。」

高山「そうですよ。あなたの彼氏がビシッと身辺を整理して、『別れたよ』といっているんなら話は別かもしれないけど……。」

山本「そうなんですけど……。私がこのまま諦めれば終わっちゃうだろうし、待っていればどうなのかなと、いろいろ考えるとどうしても迷いが出てきてしまうんです。」

深見「『今年中に離婚してください。そうでなければ別れます』って、はっきりと期限を切ることですよ。もし、相手の男性に誠意があれば、きちんと返事をしてくれるはずです。」

山本「でも、相手の人にも事情があるんです。夫婦関係が冷えきっちゃったというのなら別ですけれど、そうじゃない事情があるんです。たとえば奥さんがすごい病気で、とにかく今すぐには離婚できないとか……。」

高山「―――そういうよね。そんな男性は。」

山本「でも、決してウソじゃないんです。まあ、そう思われるでしょうけれど……。事実そうだったら、期限を決めて別れちゃうことが自分にとっていいかどうか……。」

深見「そうであるなら、その男性は誠意がないですよ。もちろん本当の愛情も。だって、病気の奥さんを放ったらかして、あなたのほうにくるというんでしょ。奥さんがかわいそうですよ。また、あなたの幸せのことを考えたら、そんな関係をズルズル続けたりはしません。」

高山「そんな男性なら、一緒になったって、同じことをやられますよね。」

深見「そう、結婚相手としてふさわしくない。だから、『奥さんのことを思えば、私なんかと一緒になるより、ちゃんと家庭にいたほうが幸せですから、そうしてください』と、スッパリ別れることです。そのほうが両者にとっていいはずですよ。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 夫婦

除霊だけですべてが解決するのか?231

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(116)

山本「たとえば、霊が関係している場合は、除霊をしてもらえば心が軽くなって突然、『あ、スッパリやめよう』という気持ちになれますか。」

深見「比較的なりやすい。」

山本「だから、それにすがるような思いで、ここに来たんですけど。」

深見「それはなれますよ。」

高山「つらいことはつらいと思うけどね。」

深見「つらいけれど、しなければと思ってやる。」

高山「自分の中に意志の力が出てくればね。」

山本「その霊を除霊してもらえば、スッキリしますか。」

深見「そうね。でも、それは、一週間とか一ヵ月くらいの短い間だけ霊がついていた場合に限ってのことです。一週間やそこら地縛霊や浮遊霊がついていたって、どうってことないですよ。けれど、一年とか十年、あるいはそれ以上憑依していた場合は、たとえ除霊しても、その場でスッキリと全部が激変するとは限りません。中にはそういうケースも多々ありますが、一般的には難しいようですね。」

山本「どうしてですか。」

深見「たとえば磁石がありますね。あれが、自分についていると考えればいいんです。三十分や一時間磁石がついていても、鉄はほとんど影響を受けませんよね。それが、一週間も一ヵ月もずっとついていると、磁石を取っても磁気が残りますね。あれと同じです。だから、長年霊に憑依されていると、どうしても霊の影響を受けてしまうんです。考え方とか性質に。いってみれば、人格の中、御魂の中にまで霊がくい込んでしまっていたわけです。」

高山「そうなると、除霊をしても今すぐにとは……。」

深見「そう、いかないわけです。念波が残っているから。」

山本「じゃあ、どうしたらいいんですか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 除霊 意志

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード