善なる心で、広くあまねく、理解の光を当てる668

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(84)

 そういう霊的土壌のことを、日本神霊界の顕現としてとらえ、特質と考えてもよいのである。

 次に、日本神霊界を情感や思想の面から見てみると、全ての初めとしてある白色無想に近い感性の上に、ユダヤ教的要素、キリスト教的要素、イスラム教的要素、仏教的要素、さらには老荘思想が混じり合って、壮大な神霊界ができあがり、独自な日本文化や日本人の情緒の襞として仕上がっているのである。

 さまざまな宗教の良い部分、合理的な部分、納得できる部分の集大成であるから、万人に理解できる大らかさ、豊かさ、なじみやすさがあるのである。

 私がこうやって、本を書き、また講演でみなさんにお話をしているのも、実はこの点を理解してほしいと思うからに他ならない。

 他の宗教を批判、攻撃するのではなく、七福神の精神で、みな仲良くやれば、魂の進歩と現世利益も得ることができる。

 お互いの融合を第一に考えれば、世界が開けるのだ。このことを実行するには、それなりの修養が必要だが、同時に霊的咀嚼力も持たなければならない。

 つまり、理屈や論理の理解力だけでなく、善なる心で、広くあまねく、理解の光を当てる能力を持たなければならない。これが日本的な霊的咀嚼力である。一億二千万人の日本民族は、霊的咀嚼力に関しては世界に冠たる国民といってよいだろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

日常生活の中で発揮される霊的咀嚼力669

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(85)

 霊的咀嚼力は、私たちの日常生活の中でも大きな力を発揮している。

 一九七一、二年初めの石油ショックは、世界の経済構造の根底を揺るがせる大事件であった。

 わが国も大きな打撃を受けたことは記憶に新しい。一部の我利我利亡者の扇動にのって、トイレット・ペーパーを買いに走った人もいただろう。だが、そのパニック状態から、いち早く立ち直ったのは日本である。

 産業構造を変え、先端技術を武器として、たちまち、世界一の経済大国にのし上がったのである。

 日本のGNPが、世界のそれの十%に当たることはすでに述べたが、その域に達すると日本の文化、言語、風俗が世界に大きな影響を及ぼすといわれる。

 かつての大英帝国、そしてアメリカが強大な力を世界に及ぼしたのと同様な現象が起こる可能性があるのだ。世界のGNPの十%を越える国家が、そういう影響力を持つというのは、歴史的統計の結果である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

一厘の仕上げとして迎えられる670

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(86)

 ただし、言語の面では、英語のように国際共通語になることはあるまい。文法、そして文字の形があまりに違いすぎるからだ。したがって単語のみが、国際的に通用することになるだろう。

 文明の面では、すでにさまざまな形で世界の注目を浴びているが、最も重要なのは、わが国の、神霊界に対する思想である。この思想を世界各国の人々が理解するようになれば、国家間、民族間のいがみ合いがなくなり、紛争の火種も消滅する。

 しかし、自分達のやり方がぶつかってぶつかってどうすることもできなくなるまで、決して日本神霊界のやり方を学ぼうとはするまい。世界中の行き詰まりの最後に、一厘の仕上げとして迎えられるだろう。

「初めと終わり」「初発と仕上げ」が、日本神霊界の使命であるからだ。

 ところが、イエロー・モンキーといわれた日本人そのものは、どのように評価されるのだろうか。

 経済摩擦などから、ともすれば私たちが世界の孤児化の道を歩んでいるようにいわれるがこれは正確ではない。日本人の勤勉さ、正直さを認める人が多くなっているのだ。

 また、その道徳心の高さにも敬意が払われつつある。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

日本人の国民性、文化、伝統は671

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(87)

 円高の影響もあって海外旅行にでかける人が多いが、かつては、ジャパニーズもチャイニーズも同じように見られていた。しかし、今は、日本人が中国人と間違えられることはあまりない。

 行動は整然としているし、公衆道徳はしっかりと守る。中国人のようにワイワイガヤガヤ、バスに乗り、ツバを吐いたり、ゴミを投げるようなことはしない。静かに、素直に、コンダクターの指示通りにバスに乗っている。そして、身なりが美しくてお金をかけているからだ。一目見て、「ああ、日本人だな」ということが分かるのである。

 日本人の国民性、文化、伝統は数十年にわたって醸成された酒のようなものである。二千年の長い歴史の中で充分に磨かれ、純化され、しかも、豊かな味と香りに満ちている。

 今のところは経済が先行しているが、その素晴らしさを世界の人が認める日は近い。特に、歴史の新しい国の人々にとっては、古い、伝統があるというのは価値があり、魅力があるということなのである。日本人がそこにもっと目を向ければ、国際社会の中で、より尊敬に値する人々となることは間違いない。自分を見失わないようにしたいものである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

守護霊を信じれぱ、その人の運は上向く672

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(88)

神霊界の仕組み

 守護霊の存在を信じれぱ、その人の運は上向くといった。しかし、読者の中には「信じたくても、守護霊とは何者かが分からないから信じようがない」という人もいるだろう。

 そこで守護霊および守護霊のいる霊界、さらには神界について、簡単に説明しておこう。

 理解を深めてもらうために、建設会社という組織をイメージしてほしい。

 あなたは、東京のど真ん中にある先祖伝来の家屋敷に住んでいる。ところが屋敷を維持していくのが困難になった。

 どうしたものかと思案しているところに、建設会社の営業マンが訪ねてきた。

 「このお宅、どうするおつもりですか」

 「どうするもこうするも、いい知恵があったら教えてほしいよ」

 さればと営業マン、カバンからさまざまなパンフレットを出しながら、

 「土地にマンションを建て、一階をみなさんの居住区にし、二階以上を分譲もしくは賃貸マンションにされたらどうでしょう。この土地ならば十分に採算が合うし、老後の生活も保障されます」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

背後霊と守護霊と673

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(89)

 最近は、建設会社、不動産会社ともに悪役にされているから、あなたも、即決断する気にはなれないはずだ。

 けれども、建設会社がすべて悪いというものではない。あなたのところを訪れた営業マンの会社は、信頼と実績を誇る優良会社であることが分かり、少し、心が動かされる。

 すると営業マンは、もう一人、彼の同僚を連れてきて、

 「どんな御相談にも応じますから、じっくりと考えられたらいかがですか」という。

 二人の営業マンと頻繁に連絡を取り、研究してみると、なるほど、マンション建設もまんざら悪い話ではない。

 「本気で考えてみようかな」

 「そうですか。今度、上司を連れてきますので、その上で話を煮つめさせてください」

 この営業マンのように、人の相談に乗る窓口の一人にあたる存在を、霊界では、背後霊と呼ぶ。そして、営業マンをまとめる上司、たとえば営業部長のような、背後霊の責任者的存在が守護霊ということになる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

一生の間に守護霊は何回か交替する674

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(90)

 さて、あなたのマンションの設計が始まり、責任者は営業部長から設計部長へと替わる。つまり、守護霊が替わったわけだが、人間の一生の間に、守護霊は何回か交替するのである。

 人間は歳に応じて必要とされるものが変わってくる。十代の前半までは、肉体の鍛錬が第一であろう。この時につく守護霊は、武芸に秀でた武士の霊などであることが望ましい。

 本人が意欲的で元気であればあるほど、武芸の腕の達者な守護霊がつく。

 十代半ばから二十代前半は、人生の中でもっとも学問が身につく時期である。この時には、学者などの守護霊が指導にあたる。向学心に燃える人には、歴史に名の残る大学者の霊がつくこともあるが、勉強が苦手、スポーツ大好きという人には、武芸の達人の霊が続けて面倒を見ることもある。

 二十代に到り、実業界に漕ぎ出す時には、商才に長じた守護霊、多くの従業員をかかえる企業家になった時は、戦略にたけた軍人が守護霊となる。晩年になり、来し方をじっくりと振り返り、思索にあけくれて、人生の有終の美を飾らんとして励めば、思想家、宗教家の霊が守護霊となる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

守護神は、前世、現世、来世の全体を見渡している675

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(91)

 守護霊の交替は、人の人生の節目節目に行われるわけで、たとえば江川投手が引退してレストラン「キリンコ」の経営一筋に打ち込もうとしたら、弓の名人である武芸者から、商人の霊の守護霊に替わることだろう。

 話をマンション建設に戻す。現場は活況を呈し、営業マン、設計部員、現場の工事従事者、さまざまな人が出入りしている。これらの人々の動きを管理しているのは、各部署の責任者、先ほどの例を引けば、営業部長や、設計部長=つまり、守護霊だが、その守護霊を統率する人物、企業でいえば取締役クラスを、霊界では、守護神と呼ぶ。

 守護神は、つく人の生年月日によって定められるという説があるが、そうではない。

 つく人が前世で、崇拝していた神や、先祖代々お参りしていた八幡様や、産土様、あるいは氏神様が守護神となることが多い。これらの詳しい話については、次回の出版に委ねたい。

 また守護神は、守護する人の前世、現世、来世の全体にわたって見渡している立場にあり、時々に応じて、守護霊たちに正しい指示を与える。守護霊の人事異動の決定もこの神様がなさるのである。そして、この守護神の決定は、産土神(鎮守様)の媒介によってなされることが多い。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊 守護神

ヤーベ、エホバ、アラー676

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(92)

 ところで、守護神つまり会社の役員を束ねる社長であるが、これは守護神の中で、その系統の神々の最高位にある神に該当する。即ち、大国主之尊の和魂雲立彦ならば、大国主之尊が元締めとなって、社長のようになっているのである。

 また、仏を守護神と呼ぶ場合もあるが、如来や菩薩は守護霊の中でも最高位におられる存在として敬われている。日本人の場合は、決して神と名づけるべきではない。

 日本にはいくつかの企業集団がある。旧財閥系で言えば、三菱、三井、住友、安田といったグループまである。建設会社の多くもこれらのグループに所属しているが、企業集団のトップとして、全体の様子を見られているのが、通常人々が神と呼びならわしている存在である。

 たとえば鹿島の神がA建設株式会社、香取の神がB土木株式会社、少名彦の神が、Cコンピュータ株式会社の代表取締役といったところである。

 これを、世界企業や外資系のコングロマリット企業集団と考えれば、ユダヤ資本系の企業集団の長は、ヤーベの神であり、OPECやアラブ資本系の企業集団の長は、アラーの神である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

日本では天照大御神が代表者677

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(93)

 日本では天照大御神が、いわば日本神霊企業集団の代表者ということになる。

 さて、これらの神々が究極の存在であるかというと、日本の場合に限って言えばそうではない。天照大御神の背後には、北極神界があり、さらにその奥には白山神界があり、そのまた奥にも玄々微妙の神界があり、そのまた奥にもある。そして最終的には、宇宙創造の主神であられる絶対神、スの神が存在する。

 これが神霊界の仕組みなのである。人の世にも、さまざまな階層があるが、これは、神霊界の仕組みのミニチュア版と考えてよいのだ。


↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード