一人よがりでは守護霊の協力を得られない691

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(107)

「ことわけて」申す意味

 自他ともに優秀な男といわれているのに、どういうわけか、肝腎のところで、ツキに見離されているという人がいる。

 まとまりかけた商談が突然つぶれたり、交通事故に巻きこまれて、デートの時間に遅れ、彼女にフラれたり、せっかく巨人・中日戦の切符を手に入れたのに雨で試合が流れたりと、ロクでもないことが次から次へと降りかかる。

 「こりゃ、天中殺か、大殺界か」という気分になるが、その前に少し反省してみてほしい。

 日頃、自分の能力に頼りすぎてはいないだろうか。現実にばかり気を取られ、その背後にある世界をないがしろにしてはいないだろうか。

 人間、人に無視されることほどシャクにさわることはないが、霊界におられる方々も同様だ。もちろん、人間流に腹を立てることはないけれど、無視された人間とは付き合う気をもたない。

 一人よがり、現実主義者は、おかげで、守護霊の協力を得られず、運気も冴えなくなってしまうのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

なぜ強い守護霊を持っているか692

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(108)

 一方、意外な人間が意外なことをしでかす。

 ちっともいい男でも切れる男でもないのに、どういうわけか、美女ばかりが寄ってくる。

 たまに買った馬券が大当たりの万馬券。

 何気なく付き合っていた相手の会社と大きな商談がまとまる……。犬も歩けば幸運に当たる式に、ツキの方が勝手にすり寄ってくるという人がいる。

 こういう人は、強い守護霊を持っているが、なぜ強い守護霊を持っているかと言えば、まず第一にその存在を信じているからである。

 いや、守護霊という言葉は知らないかもしれないが、人智を越えた偉大な力の存在を信じている。あるいはそういった感覚を、どこかで自分なりにつかんでいる場合が多いのだ。

 第二に、その存在に対して絶えず語りかけをしているのである。

 巨人軍の桑田投手は、マウンドで一人でブツブツと呟く癖がある。どうやら、信仰する教団の神に祈っているらしいが、彼の強運のもとはここにあるのかもしれない。

 もっとも、後半戦、ちょっと壁にぶつかった感があって、なかなかに勝てなかったのはどういうことか。噂によると、前半戦の大活躍でいささか天狗になっていたそうだ。このことが、神の御加護の度合いに関係しているのかもしれない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

感謝しないと神様も機嫌を損ねる693

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(109)

 守護霊の存在、偉大な力の存在を信じ、絶えず語りかけていても、感謝の気持ちを持たないと神様も、ちょっと御機嫌を損ねる。

「頼みごとばかりもちかけてくるくせに、お礼ひとついわないのでは、面倒の見甲斐がない」というわけだ。

 ひとつ頼みごとをしたらそのつど「いつもお世話になっています。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を念ずることが、守護霊の「やる気」を引き出すのである。
 
 もうひとつ大事なのは、親しさと馴れ馴れしさとは違うことを認識することである。

 いつも、語りかけているうちに、ついつい慣れ慣れしくなって「守護霊のおっちゃん今度も頼むわ。よろしくねぇ」なんて調子になると、守護霊も「私は便利屋ではない」とヘソを曲げられる。

 私たちの日常生活でも似たような場面はいくつもある。友人に頼みごとをするのに、親しい仲だからと電話一本ですませてばかりいると「あいつは、面倒ばかりかけやがる。たまにはこっちの身にもなってみろ」と、不愉快な思いにさせてしまう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

神様にお願いする時には改まった佇まいを694

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(110)

 そこで、時には、ビシッと服装を整え、手土産のひとつも持って正式に訪問し、感謝の意を表しつつ、頼みごとを述べる。

 その姿を見れば「親しい仲にも、礼をわきまえているな。いつにもない気の入れようだ。よし、力になってやろう」と以前にも増して、協力的になってくれるというものだ。

 神道では「こと分けて申さく」という。

 これは「事柄を分けて」とか「言葉を分けて」といった意味で、神にお願いする時には、改まったたたずまいをしなければならないということなのである。

 赤ちゃんのお七夜、七五三、あるいは初詣での時、人々は正装をして神社に出かけ玉串料を捧げる。

 ここ一番、大事な時には、威儀を正し礼節をもって祈願するものなのだ。こちらがそうすれば、あちらもその気になって聞いて下さる。こちらに合わせて共鳴し、動いてくれる太鼓の如き西郷隆盛と同じなのだ。

 守護霊はたえずあなたとともにいる。とはいっても、あなたと同等の存在ではない。高い霊的位置から、過去、現在、未来を見通す目をもって、常にあなたたちを見、指導してくれるのである。そこには、おのずから付き合い方の秩序がある。それを無視した時、あなたの不運が始まるのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

守護霊が力を貸してくれない祈り方695

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(111)

この祈り方では守護霊は力を貸さない

「困った時の神頼み」という。日頃、神の存在など信じていない人間が、突然、信仰心を燃やすことへの皮肉も込められている言葉で、神様も苦笑されるだろう。

 その点、守護霊は、その人個人についているのだから、苦笑しつつも、何とか力を貸そうとしてくれる。

 ただし、たとえ、守るべき人の頼みであっても、どうしても力を貸すわけにはいかない場合がある。本人の魂の向上にはならない頼みの場合だ。守護霊とは、魂の教育係であるからだ。そのひとつは、エゴイズムを丸出しにした頼みである。

 就職試験の最終段階。二人のうちどちらか一人しか採用しないという状況の時、「なにとぞ、ライバルを蹴落としてください」と願っても、守護霊はソッポを向く。「人の不幸は我が身の幸せ」という発想は、愛と誠意を大前提とする神霊界にはなじまないからである。

 もし、このような場合は、どうすればいいのだろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

結果だけを願い祈るのは間違い696

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(112)

 ただひたすら全力を尽くすことを誓うだけにするのである。受かるもよし受からぬもよし。受からなくても、これは落とされたのではなく、他の道への転進を勧められたものと解釈することだ。

 また、結果だけを願い祈るのも、守護霊の好むところではない。

 たとえば「あの女性と何が何でも結婚したいのです」と願ったとする。

 結婚にこだわる気持ち、執着心ばかりが感じられると、守護霊は首をかしげる。

「相手の気持ちはどうするのか。また、自分が幸せになっても、それが相手の幸せにつながるとは限らないではないか」

 あるいは、今、ことを焦って、あとでもっと素敵な人がでてきたらどうするのか。

「何回も結婚させてくれと頼まれるのはたまらないぞ」ということになる。

 このような時は、

「相手も私も不幸になるとお考えでしたら、私も断念しますから、そのように御指導ください」とお願いすることだ。基本的に守護霊は、ついた人の味方であるから、その人のためを考えた結論を下すはずである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

日々の努力に対応して守護霊は力を貸す697

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(113)

 また、長い期間をはさむようなお願いも、守護霊にとっては迷惑なことである。

「二十年後には、幸せを得られるようにしてください」といわれても、サテ困った。

 守護霊「その頃には、私は交替しているのだがな……。よく、次の守護霊さんに引き継ぎをしておかなければなあ……。どれどれ。忘れないうちにメモをしておこう。ああ……。老眼鏡を忘れてきたので、メモ用紙の字が見えんわい。はて、鉛筆けずりはどこじゃい。隣の背後霊さん、ちょっと貸してくださいませんか」

 日々の努力に対応した形で、守護霊は力を貸すのが務めであるし、また、守護霊それぞれの守備範囲が決まっている。

 前述したように、人が成長、あるいは変貌していく時々において主たる働きをする守護霊も替わっていくのだから、二十年先に面倒を見られるかどうか約束をするわけにはいかないのである。したがって、長くて半年ぐらいの範囲を区切ってお願いする。その方が効果的である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

望み通りにならなかった場合、どう考えるのか698

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(114)

「一週間後に、大切な商談があります。その時まで、お力添えをください」と頼めばいいのである。おそらく一週間の間に、さまざまな変化があなたの周辺に起きるはずだ。

 商談に必要な書類の欠落に気がつく。根回し不足だぞという忠告が耳に入ってくる。

 上司が応援して同行しようと、声をかけてくれる。これらはみな、守護霊が働いてくれたお陰なのである。

 もし、商談の結果が、望む形にならなかった場合、どう考えればいいのか。まず、心の中で自分に問いかけてみてほしい。

 願いごとに誤りはなかったか。願いごとにウソは含まれていなかったか。個人の利益ばかりを思う邪念がなかったか。何も心当たりがなければ、これは天の意志であると考えるべきだ。

 大手商社が、イランと合弁で石油化学プラントを建設しようとした。完成の暁には、商社の所属するグループに莫大な利益をもたらすはずだったが、イラン・イラク紛争が長期化したために、結局プラント建設計画を断念しなければならなくなった。

 この事件などは、おそらく天の意志にさからったために起きたと考えられる。先方は、イスラムの国であり、神霊界に対する考え方は、日本民族と大幅に食い違う。そのような国と協同作業を行うには、事前に解決する問題が山のようにあったはずだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

直覚力で難を避ける699

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(115)

 これをどう解決するか、責任ある立場の人が、守護霊に相談し指示を得、力添えを得ていれば、事態がややこしくなる前に決着がついていたはずである。

「いや、イラン・イラク戦争が、こんなに長期化するとは誰にもわからなかったはずだ」

と、いいわけをするだろうが、誰もわからないのではない。神霊界からはすべてお見通しだったのである。神霊界に鋭敏で、絶えず守護霊と共にいる人ならば、理論的にはすべて良好のようだが、なんとなく気が進まないのでやめる、というふうになるのである。

 小林一三氏や松下幸之助氏をはじめ、財界のトップにはこういう直覚力で難を避けたり、先見の明を得たりする人が、結構いるものなのである。ただ、そういう方々はあまり公表なさらないだけである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

しょせん死ぬのだから何をやっても無駄700

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(116)

動物霊に結果を祈れば……

 人は得てして「結果よければすべて良し」と考えるものである。結果が、利益につながるというケースが多いからだが、そう思い込む人は、人生の楽しさを知らないことになる。

 たとえば野球。今年の巨人軍の戦いぶりを見てファンは満足しただろうか。確かにリーグ優勝はした。だが、その勝ち方は、ファンを熱狂させるようなものではない。ランナーがでればバント。大量リードを奪っていても、ゲーム後半になれば「ピッチャー鹿取」という王監督の声が聞こえる。

 プロは勝つのが目的とはいうが、もうひとつ、ファンを楽しませるのも目的ではなかったのか。何が飛び出すか分からないという星野監督の作戦に、ファンは勝負を度外視した楽しさを見出したはずだ。

 たとえば麻雀。いくばくかの金をかけるとして、勝ち負けだけを願いたければ、ジャンケンでもして決着をつけた方がてっとり早い。

 麻雀の楽しさは、お互いが、牌の中に夢を託し、手を作り、スリルを味わうところにあるのである。

 人生で結果をもとめるとすれば、それは死しかない。しゅせん死んでしまうものであれば、何をやっても無駄ということになる。

 しかし、死にいたる過程が大切であると考えれば、生きることに希望も励みもでてくるのだ。このことを理解すれば、守護霊に対して結果のみをせっつくようなことはしないはずである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード