コンプレックスを活用する756

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(172)

コンプレックスを活用する

 最近の若い女性が嫌う男のタイプは「チビ、ハゲ、デブ」だという。

 デブは、おおむね、その人の不摂生の結果であるから、自己抑制のできない、意志薄弱人間として軽蔑の対象にされるのは、やむを得ない。しかし、チビ、ハゲは、本人とはかかわりのない体質の問題であるから、それを軽蔑するのは、明らかな差別である。

 とはいえ好き嫌いは本人の勝手だから、要はそのような意識を持つ女性とつき合わなければいいというわけだ。また、それらに勝る、すばらしい男の魅力をもてばいい訳である。

 ところで、政財界で成功した人間を見ると、長身痩躯というタイプは極めて少ない。統計をとったわけではないが、企業トップの座に座った人たちの身長は、同世代の人たちの平均身長を大幅に下回るはずである。政界を見れば、竹下さんも宮沢さんも小柄である。大柄な人で総裁の座についたのは、最近では中曾根さんぐらいのものである。

 なぜ小柄な人が、成功を収めやすいか、その最大の原因は、コンプレックスからくる反撥心である。背が低ければ、通常腕力にも自信がないから、幼少時には、いじめられる側に立たされる場合が多い。「あいつらを見返すためには、どうすればいいか」

 ひたすら、勉強をし、修養を積み、胆力をつける他はない。

 かくて、小柄な人間は、いつしか人の上に立つ存在になるというわけだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

艱難汝を玉にす757

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(173)

 かくて、小柄な人間は、いつしか人の上に立つ存在になるというわけだ。

 体型上のことだけでなく、人の持つコンプレックスは多様であって、他人にはうかがい知れない部分もふる。しかし、コンプレックスを克服する努力を積んだ人間は、強靱な魂を持つことができ、成功への道を歩むのである。

 田中角栄さんを成功者といえるかどうかについては若干問題なしとはいえないが、氏は浪曲好きで知られている。これはご自身の吃音症を治すために浪曲を唸り続けた結果だそうだ。

「艱難汝を玉にす(人は多くの苦労を経験することによって立派な人物になる)」という言葉がある。芥川龍之介は『侏儒の言葉』の中で何やら理屈をこねているが、それはともかく、艱難を与えられるのは前世からの宿命である。それをみずからの努力で跳ね返した人間は、神の称讃を得ることができるのだ。

 私の中学時代の知人に、ほとんど無知の塊のような人間がいた。ある時「太宰治」と名を見「ダザイジ」と読んだところから、級友の笑いものにされたが、これで一念発起した彼は、図書館にある、あらゆる書物を読破し、いまや、某大学の教授として広く知られる人物となった。

 人間のコンプレックス、劣等感は、成功のエネルギー源と考えることが、あなたの人生を切り開かせるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

我の強さがチャンスを逃す758

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(174)

我の強さがチャンスを逃す

 現在の企業戦略は、いわば総力戦である。

 昔の戦では「ヤアヤア、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にもみよ」といったスターが活躍する時代であったが、今は個人プレーは通用しない。かつて企業の花形であったモーレツ社員が影をひそめたのも、組織力による企業戦略が優先されていることと、無関係ではない。

 このような状況の中で、みずからを生かすにはどうすればいいか。

 組織の利益、幸福のためを第一に考えることである。一人ひとり、それぞれにやりたい仕事がある。「この仕事は、ぼくに任せてほしい」という自負心もある。しかし、一方、自分以上にその仕事に向いている人間がいるかも知れない。組織を優先するならば、最大の効果をあげるために、みずからの我と欲を絶ち切らなければならないのである。「やる気」が問題にされるが、やる気とは、「オレがオレが」と猪突猛進することではない。完成した暁を夢に見、それに至るプロセスに充実感をもつことである。

 だから、たえず周囲とのバランスを考えながら行動することだ。わがまま、ゴリ押しは組織の害であり。ひいてはみずからを危うくするものなのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

時代を読む予知能力759

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(175)

時代を読む予知能力

 すでに述べてきたように、神霊界にあらせられる存在は、常に我々人間界に通信を送ってきているが、その通信を感知できるかどうかは、人それぞれの能力と感性の問題である。知性と感性の研ぎすまされていない愚鈍なる人は、せっかくの神からの通信も聞き逃してしまう。

 一方、知性と感性にみち、我執、我見を持たず、常に心をクリーンにしている人々は、神霊界からの通信が受信できるのである。

 日に日に、目まぐるしく変わる経済状況の中で、道を誤らずに進むためには、将来を読む能力がなければならないが、そのヒントは神の通信の中に含まれている。

 つまり、神は、人々に対し「このように生きるのがよい、こうすれば互いにベターだ」といった将来の指針を与えてくれているのである。

 たとえば、私は今、原稿を書いている時点で次のような通信を受けている。

「日本の将来は茨の道である。しかし、近い将来には明るい展望が開けよう」

 茨の道とは何か。経済問題に限っていえば国内の経済不況、外に対しては日米経済摩擦であろう。バブル経済崩壊後の日本はどのような道を歩くべきか、暗中模索の状態である。しかし、戦後日本の経済復活をもたらした知恵を発揮すれば、明るい将来がある

-神はこのようにおっしゃっているのだ。

 この通信を受け、自分の知性で考え、対応策を考えるのが、優れたビジネスマンというものなのである。実際は、私にはもっと明確であり、一般の方々にはもっと漠然としたものであると思う。しかし、方向性と結論が同じならば、それで十分正しい通信であるといえるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

豊かな生活を獲得するには?760

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(176)

豊かな生活を獲得するには?

 日本が繁栄を誇り、豊かな生活を満喫している時、アフリカや東南アジア、あるいは南アメリカには貧困であえいでいる人たちがいる。

 この人たちを救い「貧困」をなくすことは、同じ地球に住む人間の使命であると言える。

 ところが、宗教の世界では、豊かな生活が罪悪視される。高潔な心を持つ人間になれとはいっても、金持ちになれと勧める宗教家はいない。むしろ逆に、実生活が貧しくとも、心さえ美しく豊かであれはいいのだという。

 これは、どう考えてもおかしいことではないだろうか。心が豊かになれば、おのずから生活も豊かで無くてはならないし、豊かな生活を送れば、心も豊かになる。心と物は不即不離の関係にあるのである。いや、それよりも、「衣食足りて礼節を知る」「貧すれば鈍する」という言葉がある。

 生活が貧しい人は、心を豊かにせよといっても聞く耳を持たない。その貧しさから、どうしても脱却できない社会構造や環境である時、人々は別の豊かさを求めざるを得ない。過去、それが宗教の役割だったのである。腹を減らした食人種を前に、宣教師が説教を垂れる。

「人は、パンと水のみに生きるにあらずとイエスはのたまいました。では、何によって生きるのでしょうか。」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワレワレ、アンタ食ウ761

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(175)

 食人種の酋長が答える。

「ワレワレ、アンタ食ウ、ソレデ生キテイケル」

 私は、現世における豊かな生活を否定するものではない。それどころか、どうすれば現世利益を得られるかについて、みなさんに語ってきたつもりである。

 幸福、開運という言葉は、不即不離の関係にある魂と実生活の豊かさの裏づけがなければ、絵に描いた餅でしかないのだ。

 ただ問題は、現世利益だけでは真の魂の喜びや内面の進歩がなく、また、内面の喜びや魂の進歩だけでは、社会はいつまでも改善されず、魂の、社会における顕現とその深き充実感は得られない。

 だから両面が必要なのである。問題となるのは、どちらか一方に偏っていて、それに気がつかないでいることだ。

 これを霊体一致の幸福実現、あるいは、神魂の真実の顕現というのである。

 しかし、一致するにも順序がある。まず霊が先で体が後である。霊が体に影響を与え、体から受けて霊に反応が返ってくる。隠れて目に見えない陰が先で、表れて形ある陽が後なのである。

 しかし、陰と陽とは相互に関連していて、決して引き離すものではない。引き離した時には、陰も、陽も死んでしまう。死ぬというのは、その本来の特性を失ってしまうことだ。

 これが逆に、陰と陽がその本来の特性を発揮して、ぴったり合一している時は、「太極」に帰結しているのである。この太極が神魂であり、万物創造の主神よりきたる本当の御魂、玉なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 酋長

貧乏神よサヨウナラ762

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(176)

貧乏神よサヨウナラ

 ところで、話を急に現実的にするが、「稼ぐに追いつく貧乏はなし」と言えば、その一方で「稼げども稼げども、我が暮らし、楽にならざり、じっと手を見る」

と嘆く人も世の中にはいるものだ。

「入るを制して、出るを定む」

 収入に応じて支出を考えれば貧乏になることはないというが、実際には、なかなか理屈どおりにはいかない。金は天下の回りもので人の意志どおりには動いてくれないということもあるが、もうひとつは、前世からのカルマが大きく影響しているためである。

 前世で、さんざん浪費したり、金で他人に迷惑をかけた人は、その罪をあがなうことを要求されているから、いくら金を稼いでも、砂に水を撒くようなことになってしまうのだ。

 こういう人は、家運と自己運の相応の理によって、財産に関する劫の深い家に生まれてくる。

 一番多いケースが、三代ぐらい前の先祖が財を為し、その次ぐらいの人がお人好しで、保証人の印鑑をついて財産を減らし、だめ押しに、その次の人がバクチか酒か女で身上をつぶすというケースだ。もちろん順序が逆のこともある。

 そして、今はまったく財産はないが、財劫と家柄自慢のばあさんだけが残っている、という家に生まれてくるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

現代の生活の中では、金が、すべてを制している763

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(177)

 こういった状況から逃れるには、どうすればいいのか。

 みずからの金に対する認識を徹底的に改めることである。「たかが金じゃないか。生命を取られることに比べればどうということはない」という甘い思いをまず、心から追い出す。

 現代の生活の中では、金が、すべてを制しているという事実をしっかりと把握しなければならない。その上で、入った金を、支出項目に分けて、それらを、袋に入れてキープする。

 生活費、交際費、教育費と分けるのである。

 そして金を払う時は、それらの袋の中にある金の中で処理するようにする。「今月は交際費がかかって」と言い訳をしながら、他の袋から拝借するようなことはしてはならない。

 この方法を取れば、水道の蛇口からポトポトと水が漏れるように「どうしてか分からないが、金がなくなる」という現象はかなり抑えることができるはずだ。

 このような努力をした上で、あなたは守護霊に対して祈る。

「多くを望むわけではありません。金の大切さは、身にしみて感じています。無駄遣いはしませんから、なにとぞ、前世の業に対して御配慮ください」

 神霊界の人々は、あなたの努力を認めるはずである。仕事も順調に回転し、金の流れもスムーズになる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

世の中の第一号は自分自身764

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(178)

 ただし、ここで気をゆるめてはいけない。

 以前と同じく、抑制し、もし余裕ができた時は、その余裕分を無条件に二等分し、一方は、貯蓄し、一方を、徳分を積む行為に遣うのである。たとえば、貧しい人への援助をするもよし、文化事業にささやかな寄付をするもよし。だが、忘れてはならないことが一つある。それは、拙著『大天運』でも述べたが、世の中の第一号、人々のまず最初は、自分自身であるということだ。

 だから、自分自身を真に豊かにし、魂を向上させるためにはお金を遣わなければならない。

 私の言っているのは、レジャーや遊興費に遣えと言っているのではない。そんな即物的なことに遣うのではない。前述した如く、芸術、学問、信仰に関することに遣って励めば、それは必ずや魂の糧となり、徳となり、叡智となって残るものなのである。

 それは霊界にかえっても、来世生まれ変わってきても残っている宝物なのだ。如意宝珠というのも龍が欲する玉というのも、すべてこれらを霊的な角度から言っているものにすぎない。もちろん、これ以外の意味や解釈もあるが、詳説はまたの出版の機に委ねることとする。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

先天の道に帰して765

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(179)

 さて、これらの宝物を養うために遣うお金は、世の中の第一号てある自分自身を救うための資金となるのである。自分自身を救えないような人は、決して人様を救える人になる訳はない。学問が、芸術が、偏りない信仰が、人々を惹きつけ、魅了するのである。こんな人でなければ、世の中を良くすることも、人々を導くこともできるものではない。だから、この求道の一歩こそが、「われよし、人もよし」の第一段階の御魂の修養となるのである。

 おわかりいただけたであろうか。この資金こそが、やがて人徳と化し、人徳によって人に益する行為ができるので、地の徳が積める。そして、地の徳が極まって神智と神助がさずかるので、天の徳を運用することができるのである。これらが第二、第三の段階であるといえよう。

 こうすれば、知らないうちに前世の罪穢も家伝の劫も消えているものだ。だが、そんなに難しく考える必要はない。いま、私は明確に方向性を示しただけである。実際は、方向さえ正しければ全てが自然にそうなってくものであって、人為的に無理に考え込むことはかえってマイナスである。

 これは「先天の道に帰して、化する働きを得る」という。だから、今日一日、今日一日と思って、地味ではあるが自分を救い続け、豊かにし続けながら、臨終のその日まで、修養と研鑽を積み重ねればよいのである。これを「恒」の徳といい、これこそが天地人を貫く道の妙諦なのである。そして、この妙諦にたてば、真に実り多い人生を送ることができる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード