悪縁を切る方法1359

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(85)

 般若心経は書いてある意味が大切なのである。

「形あるものはやがてなくなる。なくなるということもなくなる。だから、形のあるものに拘泥しないで、目に見えない実質、実相を見なさい。そして、此の岸から彼の岸に渡りなさい」

 というのがその大意である。

 般若心経の意味をよく理解して、現世への執着をなくす。生きている人にとっては、その意味を知ることは大切である。死んでいる人もその意味が分かればいい。ところが実際にあげている人は、意味もそれほど深く考えず、ところかまわずあげていることが多い。すなわちリズムとサウンドだけだから、ピカピカ光っているだけで、霊を説得して納得させる力がないのだ。

 夏の夜、庭で光をピカピカさせていると虫が飛んで来る。それと同じようなものである。


相手をしないことがコツ

 会社で、問題があって辞めさせたいという従業員に対しては、その人の相手をしないのが一番である。

「君はどうも自分勝手な行動が多くて、チームワークを乱すから会社を辞めてくれないか」

 と言ったら、その従業員はとりあえず、

「改めます」

 と言うだろう。

 それで改めてくれればいいのだが、いくら注意しても改まらないから、辞めてもらったほうがいいという結論になったのだ。

「改める」と言っている相手に「辞めろ」とは言えないから、また同じことの繰り返しになってしまう。

 だから、これはもう直しようがないという場合、会社ではどうするかというと無視をする。

「君、窓際のほうが日当たりがいいから、あっちに机を用意したよ。ここでどうだ。もう外回りはしなくていいから、多少日にも当たらないとね」

 と言って、仕事は適当に、あってもなくても困らないようなことをしてもらう。

 会社の体制がどうの、と文句を言っても、一切取り合わなければ、面白くなくなって、そのうちやめていくだろう。

 これが、いろいろなケースに応用できる、悪縁を切る一番いい方法なのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

悪霊も無視が一番1360

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(86)

悪霊も無視が一番

 これは霊も同じことだ。

 とり憑いた浮遊霊に、

「あっちへ行け、この浮遊霊。私はお前なんかに絶対やられないぞ」

 なんてやっていると、浮遊霊は、

「そうは言うけど」

 とニヤニヤしたままだ。

 つまり、絶対負けないとか、あっちへ行け、というのはその存在を認めて、意識を向けているということなのだ。

 相手になれば、浮遊霊は面白がって喜んで、いつまでも憑いていて離れない。

 キツネもそうだ。

 低級霊というのは、人にちょっかいをかけたいわけだから、祓えば祓うほど寄って来る。意識するということは、霊界のチャンネルを合わせるということだから、どうすればいいかというと、バチッとチャンネルを変えてしまえばいいのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

神様を無視し続けるとその御加護は得られない1361

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(87)

 霊が憑いて吐きそうになるほど苦しくても、顔を歪ませながら平気で仕事を続ける。

「先生、どうしたんですか?」

「ちょっと蛇が来たもんでね」

「深見先生、何やってるんですか?」

「いや、行者の霊が」

 私の所にも年中来るが、平気で仕事を続けている。

 いくらちょっかいをかけてきても、無視し続けると、向こうもだんだん張り合いがなくなって面白くなくなる。だから、そのうち飽きて、親戚縁者か隣の家に行ってしまうのだ。


いいものは確信せよ!

 そう考えると、神様や守護霊を無視し続けると、その御加護が得られないということもよく分かるはずだ。だから、幸運になりたければ、神様や守護霊を常に意識して、チャンネルを合わせればよいということになる。いいものは、確信すればするほど、大きな力を示してくれるのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

自分を素晴らしくするものは何でも信じればいい1362

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(88)

 神様や守護霊に限らず、自分にとってプラスになると思えるもの、自分を素晴らしくするものは何でも積極的に信じたほうがいい。他人が褒めてくれたら、お世辞だと分かっても素直に喜んで、それを信じる。占いでも、自分にとっていいこと、都合のよいことだけを信じればいい。

 そして、たとえ誰も言ってくれなくても、自分で自分が美人であるとか、異性にもてるとか、才能があるとか、信じたらいいのだ。

 とにかく、前向きで自分を幸せにすること。発展的だと思えることは何でも信じること。そうすれば、明るく前向きで発展的な霊界(波動の世界)が広がり、キラキラと輝いてくるから、明るく前向きで発展的な事柄が自然に引き寄せられてくるのだ。

 逆に自分の心を重く沈ませるようなこと、嫌なことは、他人から言われてもあまり気にしない。意識しない。自分のマイナス面だと思うところもなるべく無視すれば、マイナスは広がらずに最小限にとどまる。

 要はマイナスを小さくして、プラスを大きくすればいいわけだ。


(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 半田晴久 ワールドメイト

悟りとは考え方の工夫1363

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(89)

悟りとは考え方の工夫である

「悟り」とは、りっしんべんに「吾」(われ)と書く。りっしんべんは「立心偏」と書き、心のことを表す。だから、「悟り」とはつまり、我が心という意味だ。我が心、つまり自分の心のあり様が悟りなのであって、真実かどうかではない。正しい考え方かどうかなんてどうでもいい。

 こう考えたほうがハッピーだ。こう考えたほうが前向きだ、こう考えたほうが面白い、という考え方の工夫、それが「悟り」なのである。

 こう考えたほうがストレスがない、こう考えたほうが長生きできる、こう考えれば気が楽だ、とちょっとでもベターだと思ったら、その考え方を確信すればいい。

 自分の考えは絶対だ、そう簡単に変えられないと普通は思っているが、そんなことはない。それは思い込みである。考え方なんていくらでもあるし、自分でいくらでも変えていくことができる。考え方なんて、自分でクリエイトしていったらいいのだ。

「私はこうだと思うんだけど」というのは、その「思い」にやられている。その「思い」があきらかにマイナスなものでも、「自分の思いなのだから大切にしなければ」と思うのか、その情感に浸っていたりする。しかし、自分の思いなんてどうでもいいのだ。なぜなら思いなんて、絶えず変わるものだから。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コロコロ変わるから心という1364

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(90)

 いいものを見たら、気持ちがよくて幸せな気分になるし、嫌なものを見たら気が沈んだり、腹が立ったりする。寒い時や空腹の時は弱気になりやすいし、暑い時はやる気をなくしやすいものだ。美人を見たら元気が出るし、失恋したらドカーンと落ち込む。

 想い、それはその時々見たり聞いたりしたもの、五感で感じたものにいつも影響されて、コロコロ変わるものなのだ。コロコロ変わるから心(こころ)というのだが。

 同じように、考え方というのも絶対的なものではなく、五感で感じるものによっていつも影響を受けている。あるいは、その時々の想いを合理化して言葉で説明することを「考えること」だと勘違いしている場合さえある。だが、考え方をちょっと工夫すれば、想いなんて案外簡単に変えることができるのだ。

 だから、マイナスの想いが出た場合には、プラスの考え方を無理にでもひねり出して、「これがいいんだ」と思えばいいのである。

 例えば、何か嫌なことがあった時、誰かを恨むのではなく、

「ああ、これでまた一つ自分の劫が消えた。よかった、よかった」

 と思う。あるいは、

「本当はもっと不幸な目に遭うかもしれなかったのを、神様がこの程度で済まれてくれたんだろうな。ありがたい、ありがたい」

 と喜ぶ。その良い念が、良い運気と引き合って、良い守護霊の加護を強くする。マイナスの想いを媒介にして、不幸にしてやろうと思っていた邪霊も、「あらっ?」ということで近寄れなくなる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

改善できることとできないこと1365

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(91)

 これが「一念の自己管理」というものであり、天台宗を大成した中国の智顗が説いた「一念三千」の教えを、日常生活の中で活かせる応用形といえる。まさに、今現在出す一念が、三千大三千世界をかけ巡り、その念の種類にあわせて、自分の魂が天国界にも地獄界にも感応するのだ。つまり、「ただ今」の一念こそが、善悪正邪、天国地獄の分水嶺となっているのだ。それを知れば、マイナスの「想い」を後生大事に抱えていることが、いかに馬鹿馬鹿しいことかわかるだろう。

 だから、先に書いたように、マイナスの想いをプラスに変える考え方の工夫というのは、単純なようで実に大きな強運のコツだということだ。


改善できること、できないこと

 世の中には改善できることと、できないことがある。女として生まれてきた人は男にはなれない。男として生まれて、時々女になっている人もいるが、やはりこれも変えられない。

 太り過ぎはダイエットをすれば痩せられるが、背が低いのは、いくら引っ張ってもそれ以上は伸びない。いくらフランスに生まれたかったと思っても、日本に生まれてしまったのだからしかたがない。

 六十歳になってしまったら、もう二十五歳には戻れない。禿げた頭はカツラで隠すことはできても、髪は元には戻らない。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

直りようがないものは考えても仕方がない1366

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(92)

 考え方で改善できるものは改善すればいい。しかし、もう直りようがないものは考えても仕方がないのだ。「諦め」というと消極的なイメージだが、そういうものは、なるべく見ないように蓋をしてしまうに限る。

 あるいは、人のせいにする。

 色が黒いのは総理大臣のせいだ。足が短いのは今日雨が降ったからだ。顔が大きいのは、政府が外交政策をしっかりしないからだ、と。要はクヨクヨ悩まない、自分を苦しめないということがポイントなのだ。

 世の中には改善できることが幾らでもある。改善できないことを考えて悩んでいる暇があったら、考え方を工夫して、改善できることからどんどん改善していったらどうだろう。要は、トータルして総合得点がプラスになればいいのだ。


楽しみながら業を消す方法

 よく苦労しなければ業は取れないとか、辛い思いをしなければ因縁が消えないというようなことが言われている。これは、ある意味では正しい。つまり、カルマを解消するためには、客観的に見て苦しい状況に追い込まれるということだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

「悟り」があると業を消す早さが変わってくる1367

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(93)

 病気や怪我で入院するとか、お金がなくて苦労するとかである。

 しかし、他人から見て明らかに「苦」という状況でも、考え方の工夫一つで「楽」に置き換えることもできるのだ。例えば、もっと状況が悪い人もるいのだから自分は恵まれているのだとか、あるいは、入院を機会に小説を書いて新人賞に応募するとか、運のいい人から借金をすることで、これから金運がつくのだとか。考えることは自由だし、しかもそれで自分の心は明るくなり、運が回転し始めるのだ。こんなにいい話はない。

 この「悟り」があるかないかで、実は業を消すスピードが一・五倍から二倍くらい変わってくるのだ。

 他人から見れば苦労だけれど、そんな時でも本人は結構楽しんでいる。そういう時は、守護霊さんも、

「よしよし、よく魂を磨いておるな」

 ということで、特に応援してくれるので、非常にスピーディーに業が取れていくのである。

 同じ一つの出来事に出会ったとしても、それを不幸・不運ととらえるか、苦の中に楽や「学び」を見つけて積極的に受けとめていくのかでは、その後の人生ならびに死んでからの霊界のレベルにおいて、非常に大きな差が出ることを再確認して欲しい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

明るく前向きに考え方を工夫していくと1368

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(94)

 明るく前向きに考え方を工夫していくことの効用をまとめてみよう。

1.明るい想念は明るい現実を引き寄せる。
2.長生きをしながら、霊界の成績の内申点があがる。
3.楽しみながら業を消すことが出来る。

 以上三点の他にもまだまだあるだろう。

 実践的に色々応用しながら、飽くことなき生活修業を続けていただきたいものだ。


第4章 新しい時代に入る準備をしよう

神人合一の道は生活修業にあり

神人合一の時代がやってくる

 十二月二十二日は冬至。一年で最も昼が短く、夜が一番長い日であり、最も陰の深まる時である。しかし、逆に言えば、その日から日一日と陽は長くなっていく。陰きわまりて陽になるということから、「一陽来復」という言葉が出てきたのだ。

 目に見える世界、形の上での春は、三月から五月のことを言うが、無形の世界、先天の世界では冬至の日からすでに春は始まっている。目に見えない陽が徐徐に大地の奥深く蓄えられて、植物は芽を出す準備を始めているのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード