物質的豊かさだけでは人の心は豊かにならない998

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(42)

 物質の豊かさでは、人は決して心まで豊かになれないということではないだろうか。むしろ貧しい人々のほうが心が優しく、美しい……。このことについては、二千六百年も前のインドのゴータマ・シッダールタ、すなわち釈迦もまた、同じ悩みを抱えていたことはご存知だろう。

 王子として生まれた釈迦は、経済面はもちろんのこと妻も子どももいる何不自由のない生活を送っていながら、いつも心に満たされない虚しさを感じ続けていた。

「人は何のために生まれて、なぜ生きるのか」といったテーマが、常に彼の心を悩ませていたのである。

 そして、答えを求めてすべてを捨て、出家し、ついに大悟に達したのだ。

 人の一生は変化の連続である。そして「少年老いやすく、学なりがたし」という。

 青年時代はハンサムでスポーツマンだった人も、中年になれば腹も出てくる。肉体的なものはやがて老い、衰えてくる。女性も若い頃は人に振り向かれるぐらい美しかったのに、当然のごとく、年と共に醜くなり人気もなくなって寂しくなってくる。それは、誰一人として避けられない。実に哀しい天地の法則である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード