医は仁術1008

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(52)

 科学の進歩発展は日進月歩であるから、まだ十分に解明されていない学説をとりあえず発表する場合もあろうが、やはり学者というのは、多くの人々の考え方や思想、生活に強い影響を与える存在であるだけに、善なる心で社会のために役立とういう姿勢が求められるのは当然だ。まして企業のある商品を宣伝するために、はっきりしない学説を発表することなどもってのほかであろう。

 医者は人々の生命を直接扱う仕事であり、いわゆる「医は仁術」という言い方があるように、いっそう高い倫理が求められているといえる。ところが現実には、金儲けのために不正医療や脱税を行う医師が後を絶たない。こうした不良医師は、霊界ではよく天狗の姿になっているのを見かける。内面性がそのまま、霊界での姿となってあらわれるのだ。彼らは霊界で、長い間迷うことになる。読者の皆様で医師志望の方がおられたなら、くれぐれも気をつけていただきたいところである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード