死の瞬間まで勇猛心で修業を続けた1011

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(55)

 この白隠禅師の言葉に、

 「我大悟を徹底すること七たび八たび。小悟を徹底すること、枚挙にいとまなし」

 というのがある。大いに悟って徹底したことは七たび八たびあり、小悟を徹底すること、枚挙にいとまなし」

 というのがある。大いに悟って徹底したことは七たびか八たびあり、小さく悟って徹底したことは、数えきれないほどだった、というわけだ。

 五百年に一度の天才と言われ、

 「駿河にはすぎたるものが二つあり、富士の山に原の白隠」

 と讃えられた人ですら、死の瞬間まで勇猛心で修業を続け、より深い悟りを求めて生き続けたのだ。

 現在の日本は高齢化社会の門口に立ち、今後いっそう人口の高齢化が進んでいく。

 今日、紅顔の美少年も、五〇年後には白髪の老爺となるのが人生の定めである。その時、どのような老いを迎えるのか、それを決めるのは、若い青春時代にどのように生きたか、ということだ。九十歳近くになって臨終を迎えるその時まで、

 「大悟徹底七たび八たび、小悟徹底枚挙にいとまなし」

 というほど、勇猛に修業のなかで生き貫いた、白隠禅師のように生きたいものである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード