偽善103

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(103)

 かつて、まぶたが閉じてしまう奇病を患っている方が私のところに見えたことがあった。霊視してみると、
 
 「こんなはずじゃない。こんなはずじゃない」
 
 と、まっ暗闇の中でさまよっているお婆さんの姿が見えた。このお婆さん、生前は天理教の熱心な信徒であった。天理教といえば「ひのきしん」といって、体施、物施、法施を徹底する宗教である。このお婆さんもご多分にもれず、人一倍「ひのきしん」を実践していた。だから当然、死んだら極楽浄土に行けると思っていた。ところが、行った先はまっ暗闇、そこで、
 
 「こんなはずじゃない。こんなはずじゃない」
 
 と言っていたのだが、このお婆さんは、この世でもあの世でもよく暮らしたいという心、つまり過度の「自分が救われたい」という欲望の想念で体施、物施、法施を行っていたのである。
 
 霊界とは本来神が裁くものではない、自分が自分を裁くのである。つまり、自分の想念に相応した霊界へ行くのである。「われよし」の心はまっ暗である。だから、お婆さんはまっ暗な霊界に行ってしまったのである。
 
 外見上は世のため人のためになることをしていても、動機と発するところの想念のあり方が間違っていては、せっかくの体施、物施、法施も水の泡。あくまでも、世のため人のためによかれ、という気持ちで行わなければ、徳を積んだことにはならない。清水次郎長にせよ、児玉誉士夫にせよ、因縁を切ろうという動機ではなく、世のため人のためという純粋な心で人々に尽くしたのである。だからこそ、徳として天に積まれたのだ。
 
 霊界は心の世界と同じである。心に愛のある人は明るくてあたたかい霊界にいるし、銭勘定ばかりしている自己中心的な人は、まっ暗で冷たい八寒地獄にいる。


↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 天理教 霊界 ひのきしん

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード