保科正之と吉川神道1028

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(72)

 保科正之公は、当時、吉川惟足という人が教えていた吉川神道を学び、免許皆伝を受けた。この吉川神道は、宋学を神道に取り入れた神道学派であるが、その吉川神道を学び、そしてそれを自らの政治の中で生かしたのである。社会福祉、老人福祉、児童福祉に力を入れて、実に見事な福祉制度を作り上げたのだ。

 例えば、もしも飢饉になった時のために貯えておこうというので、毎年の収穫米のなかから、必ず何年蔵という形で残した。そして、本当に飢饉になった時に、この貯蔵していたお米を皆に与えたということである。

 当時は、現代と違ってお米の出来、不出来は天気次第だっただけに、しばしば飢饉に襲われて多数の死者が出るなど、多くの悲劇の原因となった。それだけに、この保科正之公の行いは大変に優れたものであったと言える。近年、たった一夏の冷夏のせいで、国産米がなくなって大騒ぎをしたことがあったが、そうした米不足をもたらしてしまう今日の日本の農政より、三百年前の保科正之公の治政のほうが優れているとは、情けない話だ。

 もちろん、こうした他人のための思いやりは、子供たちの躾、教育の中で徹底されていたから、ある時、幕府が日本の藩の中でどの藩に親孝行な子供が多いのかを調べたところ、会津藩が一番多かったそうである。

 会津藩は、明治維新の際にも、最後まで、幕府と朝廷が平和に話し合い、政権を譲るようにと奔走したために、朝敵の汚名をきせられて、ついには白虎隊のような悲惨な戦いを行うことになった。あの徹底して藩に準ずるという精神の背景には、上記のような背景があったのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード