神界と魔界1045

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(89)

 霊能マンガなどというのもずいぶん子供達に読まれているようだが、まだ自己形成が済んでいない子供がヨガにせよコックリさんにせよ、そういうものに夢中になるのはいよいよ危険だと言える。大人よりも疑うことを知らないから、あっさり変な霊にひっかかってしまう。知人のお子さんとか、自分の周囲にそういう子供がいたなら、冗談だとして済ませてしまわないで、正しく対応し、導いてやって欲しいものだ。

 正しい霊能については、私の著書『吾輩は霊である』(たちばな出版刊)で詳しく述べているので、そちらを参照していただきたい。


神界と魔界

 宇宙を「気と理」の二種類から成り立っているとしたのが朱子学である。

 天地は全て気でできている。そして、その気がおのずから、しからしむべきように動いていく。その法則性を、理という。山は山としてあり、人間は人間として出てくる気があるのだ、というのである。大変すっきりした思想だが、実はこれでは神様の一面しか捉えることができていない。

 神なる存在は、気と意志を持っている。気と意志があって、そこにおのずから法則性があるので理が伴う。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード