神界と魔界(2)1046

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(90)

 気の中に意志の力があるのは、神様も同じである。だから、人間が神様に近づこうと思ったら、はっきりと「私はこう思う」、「私はこのように生きたい、しかし間違っていたら反省して改めようと思う」という人格のあり方、明確な意志の存在、こうしたものがなければならない。

 法則性を司るのは意志の力であって、それが全て神様であり神界のことでもある。だから、宇宙は全部気でできているというのは間違っている。私は、理・気・意三元説が本当だと思う。

 高級な霊は、魂の主体性を大切にする。何から何まで人間のなすことを思い通りに動かそうとはしない。こちらの人格を尊重することなく、次々と人に要求してくるのなら、それは正神界の神霊ではない。本人の意向を無視して次から次へと要求してくるのは、人の肉体を利用して、その霊が何か自分の欲を満たしたいと考えているのであって、人の魂に対して愛や真心を持って接しているのではないのだ。

 高級神霊が人に懸かることもあるが、その場合、時間をかけてその本人の個我を大切にして導き育てる。ところが低級霊であれば、人の主体性や個我を尊重することなく、自分の目的のために人の肉体を利用するのである。

 だから、こうした低級霊に憑かれた霊媒師たちは、死んだらどこへ行くかとというと、魔界に堕ちることになるのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

No title

 高級霊なんていうものが 実際存在するんでしょうか?

 この世に執着する霊は すべて低級霊なのでは?

No title

通りすがりですが、
この世に仕事をしにくる高級霊が居ると思います。
シルバーバーチやお住いの土地の一之宮神社などは
清らかなものだと思われます。

No title

神様は人を作り育て、悪魔は人を自分の都合で使って駄目にする。現実界の立派な人と悪どい輩の構図に似ている
ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード