天上天下唯我独尊1047

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(91)

 自分はこう思う、こうあるべきだ、という明確な自分の主体性や意志をしっかりと持たなかったこと、すなわち、自分の言動に愛が無かったことを反省したり、自分の我が出過ぎたことを反省したりといった、一個の人として自分自身の魂や意志を持った主体としての己を磨くことをしなかったこと、この点を神様から裁かれる結果として、魔界に堕ちるのである。


『天上天下唯我独尊』はこうして生まれた

 「天上天下唯我独尊」というと、ほとんどの人が聞いたことがあるであろう有名な言葉である。

 しかし、お釈迦様が生まれてきた時に、突然左右の人差し指を天と地に向けてそう言った、などと教えている。あるいは、慢心して人の言葉に耳を貸さない人のことを、「あの人は『天上天下唯我独尊』だからなあ……」などと使われる。本当に誤って理解している人が多い。ここで正しておくことも意味があるかもしれない。

 お釈迦様は、本当の自分、本当の人生とはどこにあるのか。本当の生命、本当の自己は、どうしたら本当の道を究めることができるのか。本当のものは一体どこにあるのか、こうした大疑団を抱えて、六年間の断食修行をなさった。これも有名なお話しで、ご存じの方も多いはずである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード