どんな事も無駄にはならない1066

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(110)

読んだ知識を血の中に入れる

 普通の人の読書というのは、知識が脳神経の中に詰め込まれる。そして、頭の中で色々な念とゴチャゴチャになって、大事なときに必要なことがなかなか出てこない。

 ところが、私の場合、知識が血液の中に入るのだ。これを私は「御魂の恩頼読書」と呼んでいるのだが、魂・霊体というのは、物質化すると血液になるのである。そして、必要な時に必要な箇所が必要なだけ出てくる。こうして血液となった知識は、十年たっても二十年たっても、決して忘れることはないのである。

 御魂の恩頼とは、簡単にいえば魂の栄養ということだ。

 その本が役に立つか立たないか、有意義か有意義でないかは、その場の判断ではかわらない。今すぐには必要でなくても、ずっと後になって、その知識が生きる場合もあるだろう。これは読書に限ったことではない。一見無駄と思えるような単純作業でも「御魂の恩頼にならしめたまえ」という気持ちでやっていると、それが全部魂の栄養になるのだ。

 世の中のどんな事でも無駄な事というのはない。つまらない掃除でも、つまらない電話の取り次ぎでも、こんなもの何になるのかと思えるようなことでも、一生懸命にやればすべて御魂の恩頼となる。そして、今までしてきたことのすべてが、必ずあとで活かされることになるのである。

 話を元に戻すが、霊媒体質を改善するには、神様に向かって真剣に強い意志で祈り続けて、霊障をはね除けるような神気をいただくほかはない。そうすれば、私のように体質をプラスに活かすことができる。しかし、そのためには、

「絶対にこの体質を乗り越えるんだ!」

 という、一時的なものではなく継続していく強い気迫と深い求道心がなければ、とても乗り越えることはできないだろう。

 それができるまでは、常に只今只今を真剣に生きて、悪霊に寄りつく隙を与えないことだ。霊媒体質の人は特にこの心がけが大切である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード