血脈のつながりをたどり子孫に取り憑く1067

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(111)

因縁の糸をたどる霊

 私達は誰でも自分自身の前世の因縁と、家代々の因縁を背負って生まれてくるのだが、霊の中には、家代々の血脈のつながりをたどって、その家の子孫に取り憑くものもいる。

 それは、低い霊層に行った先祖と、その家の先祖に対して強い恨みを持つ祟り霊である。

 先祖の霊が、なぜ子孫に憑依するのか不思議に思うかもしれない。もとより、霊界で真面目に修行をしているご先祖様の霊(中間より上の霊層へ行った先祖霊)は、この世に迷い出たりはしない。では、どんな先祖が霊界の法律を破って、この世にやって来るのか。それは、地獄に堕ちて、その苦しみから逃れようと抜け出してきた霊たちである。

 生きている人間の世界では、「遠くの親戚より近くの他人」などと言うが、自分が苦しい立場になって本当に困った時には、親戚でも友人でも、どんなに遠くても助けてくれる人のところに行くものである。まして霊は想いそのものの存在だから、物理的な距離など全く関係ないのだ。そして、霊界では時間・空間にしばられることもない。だから想えば一瞬にして想った対象のそばにやってくることができるのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード