祟り霊は同じことを取り憑いた人間にする1069

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(113)

 あなたの先祖に、それ相当のひどい仕打ちを受けたのである。しかし、これは親が悪いことをしたからといって、その子供をいじめるようなものだから、やはり筋違いだといえる。

 祟り霊は普通、自分がされたのと同じことを取り憑いた人間にしようとする。自分が肉体を持っていた時と同じ苦しみ、死ぬ時に抱いた悲しく悔しい想いを、因縁のある人の運命に同じように反復させようとするのだ。

 たとえば、男女の葛藤に苦しめられた霊ならば、その人間の異性関係をことごとく壊すことで恨みを晴らそうとする。騙し討ちに遭った霊なら、謀略を巡らせて罠にはめたり、事故に遭わせようとするし、自殺した霊は、取り憑いた人間を自殺させようとする。

 また、頭のいい霊は、自分の祟る力が弱いと思えば何でも利用して、取り憑いた人間を不幸に追い込もうとする。他の霊を呼び寄せて背後から操ったり、木を伐らせたり井戸を埋めさせたりして(木霊の祟り、井戸霊の祟りによって)、運命を狂わせようとすることもある。こうなると巷の霊能者では、とても霊の正体を見破ることなどできないだろう。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード