口と心と行いで因縁を切る108

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(108)

 以上は基本霊界法則である。体施物施法施といっても、霊界法則に照らして行わなければ意味がない。くり返しになるが、「因縁を切ろう、因縁を切ろう」とお経をあげても、切れるものではない。自分の心を娑婆即浄土にしたとき、初めて悪因縁が切れるものである。

 なにごとも愛の心をもって、明るくプラスになるように受け止めていれば、悪因縁もいつしか切れてくる。反対に、何でも暗く、そしてマイナスにとらえ、ものごとにこだわっていれば、その想念と同じような霊が憑き、ますます霊障因縁が深くなる。
 
 このような人はいくら除霊しても、本人がマイナスの想念の霊波を出しているので、すぐまた邪霊・悪霊が憑くようになってしまう。
 
 要するに、自分の想念のチャンネルを霊界のどのあたりに合わせているのか、極楽に合わせているのか地獄に合わせているのか、それによって、運勢が変わるのである。心が明るくあたたかければいい因縁がつくし、暗く冷たければ悪因縁がつくというわけ。
 
 だから、悪因縁を断ち切り、運勢をよくしようと思うならば、想念をマイナスからプラスに変えなければならない。
 
 ところが、この想念転換は一朝一夕にできるものではない。なぜなら、マイナスに引っ張る強い霊が憑依しているからであり、長年の考えたのクセになってしまっているからである。もっとも、本人がマイナスの波調を出しているからマイナスの霊が憑依しているといえなくもないが、蓄積された家伝の霊障を余儀なく(=しかたなく)受けている場合があり、とりあえずこれは除去しなければならない。これが除霊である。
 
 「一度除霊してもらえば、もう何もすることはない」
 
 と考えている人がいるようだが、これはとんでもない間違い。除霊がオールマイティではないのだ。除霊を受けたあと、いかに想念を転換するか、これが最も重要なのである。
 
 只今に 生き貫きて
 神仙の人とたわむる古本の山
 
 余りある因縁雲も晴れにけり
 素直心に今日たちもどり
 
 天地(あめつち)に示す日のみち人問わば
 心に残る慈悲とほほえみ
 
 深見東州
 
 
↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 体施 物施 法施 想念 ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード