自力本願と他力本願(2)1082

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(6)

 日蓮上人が開いた日蓮宗も、あらゆる苦難に立ち向かい苦行を行うことによって、仏を動かして道を切り拓こうとする。

 仏の力を借りるという点では他力本願ではあるが、その前提として、最大限の努力を必要とすることにおいては、自力本願的な宗教といってよいだろう。

 他力本願的な宗教には、親鸞上人が開いた浄土真宗や、キリスト教などがある。

 浄土真宗では、ひたすら「南無阿弥陀仏」を唱え、ひたすら阿弥陀如来に頼り、すがり切ることによって救われるという教えである。

 キリスト教もまた、敬虔な祈りを捧げることによって救済が得られるとする。

 では、これら自力本願、他力本願のいずれが、より多くの神仏の力を得られるのだろうか。

 かつてわが国最大の信徒数を誇った大本教の教祖、出口王仁三郎は、「他力の中に自力あり、自力の中に他力あり」と言われた。

 つまり、自力本願を願っても、そこには必ず神仏の力、働きを無視することはできない。また、他力にすがりつくだけでは本願を達成することはできないというのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード