どれだけの努力精進をしたのか1086

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(10)

 つまり、人間にとって絶対という言葉はあり得ないのである。

 ならば、この本のタイトルである「絶対運」とは何なのか。

 絶対がなければ、絶対運も存在しないのではないか。

 私があえて絶対という言葉を使ったのは、絶対こそ人間の究極の目標であり、人間は絶対を目指して日々の精進をしなければならない、ということを伝えたかったためである。

 ゴルフが好きな人はアーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスを、また相撲を好む人はかつての双葉山、大鵬、そして千代の富士の姿を思い浮かべていただきたい。

 彼らは、その全盛時代に鬼神もしのぐ強さを見せつけたものだが、だからといってその強さは絶対ではなく、ときには敗者の立場に立つこともあった。にもかかわらず、私たちは彼らを極めて高く評価する。なぜなら、彼らの姿から、どれほどの努力精進をしたかをうかがい知ることができるからである。

 人間が「絶対」というものを獲得し得ず、また、絶対的な存在になり得ないことは、優れた人間ならば理解している。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード