瞑想を四年も続けても1120

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(44)

 親の目から見ても第三者の目から見ても、そういう修業を積んでいるからといって、才能が特別に伸びたとも思えない。一応、自社の企画室に勤務しているが、目を見張るような業績をあげているわけでもない。たしかに温和で真面目で(酒も煙草も一切やらない)、ものごとに熱心ではある。が、逆に言えば、二十七歳の青年らしい覇気に乏しく、人間的な厚みや幅に欠けてみえるという。

「先生、どうにかならないでしょうか。ま、四年も瞑想を毎日続けるというのは、それなりの良さがあるからでしょうし、息子の意志の強さにも驚いていますが……」

 自分の会社を東北でも屈指の企業にのしあげた父親としては、優秀な一人息子を、どうしても自分のあと継ぎにしたいのであろう。そんな熱烈な思いが私にじかに伝わってくる。

 しかもそれだけ資質のある若者であれば、確実に自力を伸ばす方法で鍛えてみたら、大きく成長するに違いない。もちろん私は、瞑想がまったく効果がないといっているのではない。だが、心地よく、しかも楽にできる修業だけに、どっぷりつかるとなかなか脱けだせないということはある。もし朝夕合計三時間もの瞑想の時間を、目前のことへ集中することにまわし、柔軟な心の切り換えやこだわらぬ心の養成を、日常の生活の活動のなかで行えばどうなるか。彼の内に眠る潜在能力を有形の才能として一つでも二つでも表現できるはずである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード