とりあえず、が教養の厚みにつながる1146

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(70)

 これをもし、運勢好転、開運のためにと、毎日二、三時間の瞑想とか読経に一年間あけくれていたらどうなるか。ある程度の自己満足からくる心の安定と読経の技術は向上するだろうが、費やした努力と時間の割りには効果が少ないことに気づくだろう。

 また、実行しているご本人は気がつかないだろうが、メディテーションや読経の種類によっては、マイナスの存在に憑依されていることが多い。神経の鋭敏な人はよくよく気をつけたほうがよい。

 それはともあれ、とりあえずの目標が間違っていてももいささかも後悔する必要はない。いや、「悔いるな」というよりも、むしろ「喜ぶべし!!」。歓迎すべきことなのだ。

 なぜか。間違っていたということを知れば、自分にとって真の目標は何かが明確になり、ゆるぎないものとなるからである。目標達成はそれに対するゆるぎない信念、思いの強さに比例するからであり、間違いによって迷いが一切なくなるという偉大な効用を持つのである。

 もうひとつは、失敗をとりかえそうとする強い意欲がわくことだ。「とりあえず」の目標を次から次へと数多く作ることが、ますます教養の厚み-それが心のバネともなるのだが-をもたらすことになる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード