反省のしすぎはよくない1147

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(71)

「私の人生の真の目標は何か。私という人間は何なのか-」

 などと考え込み、暗く無気力な日々を送るより、今すぐできる「とりあえず」の小さな目標を立てることがいかに大切かが納得できたであろう。

 気楽に目標を立てて、どんどん実現していこう。とりあえずの目標が間違っていたら、その分だけ、人間的幅と教養の厚みができたものと考え、大いに気をよくしよう。そして、さらに新たなる目標にチャレンジしていただきたい。


反省しすぎるのはよくない

 ことを起こし、失敗したときは反省を求められる。求められたほうも素直に「襟をただします」などという。どこかの政界によくある姿だが、「反省する」といってよい結果が生まれたことは少なくとも政界では一度もない。いや、政界だけではない。一般社会でも同じことだ。そこで私はあなたに逆のことをすすめたい。

「あまり反省しなさんな」

 反省はたしかに美徳のひとつである。が、不運な人、自力の出しきれない人は、反省の仕方がひたすら下手である。

 反省という言葉にこだわりすぎ、反省のための反省をしているにすぎないのだ。あの、日光猿軍団のスターたちは、反省の意味を知らない。言葉だけを知っているのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード