反省し過ぎるというのは真の反省ではない1149

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(73)

 終日乾乾、夕べに惕若(しゅうじつけんけん、ゆうべにてきじゃく)

『易経』にあることばである。朝目覚めたとき、天を仰ぎ大空に向かって思い切って背を伸ばし、「よし、今日もやるぞ、全力を尽くしてやろう」と決意し、同時に他力発動のために天(神・仏)にも祈る。一日が終わると、今日はどうであったかと惕若-一日の言動、やり方をつつしんで改善点をチェックするわけである。

 反省とは、一日意欲を燃え立たせる(乾乾)ために、夕べに一日を省みることにある。

 反省し過ぎて自分をいじめ、嘆くようなことがないようにすることだ。反省という字は、少な目に反ると書くのだから-。


こうすれば心の切り替えはすぐにできる

 反省し過ぎる人とはどんな人か。

 反省し過ぎるというのは、すでに述べたように、実は真の反省をしているわけではない。とうに過ぎたことに、ああでもないこうでもないと常に心を悩ませ、こだわり続ける状態なのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード