まず自力運を限界まできわめること1161

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(85)

 すなわち、ツキがあるなしで表現されるような軟弱なものではない。真の自力運をギリギリまできわめて、そして得られる絶大なる他力運が加わったからこそ、無常、有為転変の下克上の時代に不敗を誇ったのであるる。

 われわれがもし強運を自分のものにしようとするなら、まず、自力運を限界まできわめることが第一歩である。

 その方法はこれまでいろいろと紹介してきたから、自分流にアレンジして実行してもらいたい。

 ギリギリまで自分の力の限界に挑むとき、そのときはじめて他力があと押しをする。そうなると、努力・精進は楽しみに変わっていく。そこに到るまで頑張ることだ。

 たとえばマラソン。

 セカンドウインドという言葉がある。走っているうちに苦しくなるが、それをすぎると楽になることをいう。

 トレーニングの前に軽いランニングをする。そして、だんだんスピードをあげていく。すると息切れがし、心臓の鼓動が激しくなり、がんがんと耳の奥で鳴りはじめて苦しい。だが、がんしてそれを乗り越えると、どっと汗がふき出て、今度はわずかながら呼吸が楽になってくる。これがセカンドウインドであり、最初の苦しいときをデッドポイントという。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード