我見は独善につながり視野を狭くする1182

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(106)

「なるほどネェ、人間にはいろいろな考え方があるんだな」

「そうなの。わたしはまるで逆だと思ってたのにネ。そんな見方もできるんだ。ひとつかしこくなったわ」

 と素直に、他人のものの見方・考え方を聞いて学ぶ。

 同じ考え方でも、

「お前の意見や生き方なんかに、オレは絶対賛成できないよ!そういう考え方もあるんだっていうことはよくわかったさ、だけどお前なんかキライだよ!好きになれねえや」

「そうはいってもお前はわざわざオレんところへ来たんだ。どっかオレに好意を持ってるんだよ。ま、とりあえず飲みなよ」

 といったパターンもある。これはどこか文豪同士のやりとり、たとえば太宰治を訪ねた若き日の三島由紀夫とのやりとりに似ているが、いずれにしても、自分の意見のみならず、多種多様な価値観と意見とがあることを、在学中に学んでいくわけである。

 これはたいへん大切な体験である。「我見」というのは、自分が正しいと思い込む「独善」につながり、別の角度からものごとを見るという習慣がなく、視野が狭い。あるひとつの小さな技術だけにこだわり、頑固な職人気質をつくりあげて、若いのに発想も固く柔軟性がなく、結果は全体の見通しのきかない人間で終わってしまう。

 狭い分野しかものを見ることができず、「これでよいのだ」とか、その裏返しとして「自分にはこれしかできないのだ」とかの自己限定は、頑固な「我見」の現れであり、それが将来への大きな可能性や成長をはばむもととなってしまうのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード