マンガと専門書をいっしょに使うことが鍵1183

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(107)

マンガと専門書の併用が大切なのだ

 大卒者のメリットは、どんなダメ学生であれ、いやおうなく在学中に「専門書」を何冊か読まざるを得ないということである。

 すべてが理解できなくても、何らかの「専門書」を読んだということは、まがりなりにもその分「読解力」が鍛えられたということである。

 読解力とは、仕事であれ友人・同僚・先輩や家庭における人間関係、あるいは、人生や芸術や学問や、仕事のしかたや取引関係など、この世のすべてのことがらに対する理解力、把握力でもある。理解し、次にそれを自分のものにして表現していく能力、それを総称して私は「咀嚼力」と呼んでいるが、この咀嚼力のない人は、どの分野のどんな仕事においても自分を百パーセント伸ばすことは不可能である。

 したがってまずわれわれは、咀嚼力を身につけなければならない。その身近な方法が、専門書を読むということだ。また、専門書を読破することは咀嚼力を鍛えると同時に、専門知識も得られるというメリットがある。

 大学生が読む専門書を手に入れる。あるいは自分の仕事につながる書籍、広告関係ならば、広告論、心理学、マーケティング……などなど。飲食店ならば、食堂経営から、栄養学、調理の研究書、といった具合に、法律、政治、経済、文化、芸術、科学……、どの分野であれ専門書はあふれている。はじめはとっつきにくくて読みくだく速度は遅いが、そこでサジを投げず、辞書をひきながらでもとにかく読みすすむことだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード