工夫をし努力してそして然るのちに待て1194

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(118)

 そうではなくて、再三再四述べてきたように、ツキや幸運を招くべく工夫をし、努力して、そして然るのちに待て。これが「善なる待機」である。

 「果報は寝て待て」というが、何もしないでただ待つのを「阿呆は寝て待つ」という。

 本当の意味は、「人事を尽くして天命を待つ」ということなのだ。

 きちっと目標を定めて努力を続ける、そうすると時期がきて果実が実るようにチャンスがくるし、幸運が訪れる。それまでジタバタするな、あせるなということである。

 ジタバタしてあせりまくれば、ツキや幸運は遠のくだけなのだ。だから待機せよというのである。

 ツキとか運というものは、まず自分が走ったあとからついてくるものと理解するとよい。自分が走るとは、自力を出すということであり、定めた目標に努力を続けるということである。そうすればツキや運、つまり他力運はあとからついてきて、やがてその自力運と他力運は合体し、爆発的な力を生むようになるのだ。

 だから、運やツキを求めてあせり、ジタバタさわぐな、愚痴るな、というのである。

 ジタバタし、あせり、愚痴を言いだすと、走る方向が見えなくなる。チャンスがきてもそれがチャンスだと見分ける能力がないので、せっかく応援しようとしている守護霊たちの力を弱めてしまうからだ。

 守護霊たちは、清らかな気、美しいオーラであればあるほどそれに感応して、あなたのあと押しをする。そのあと押しの力が他力運であり、それがチャンスを生み、ツキや運を呼び込むのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード