苦労して新しいことに挑戦するという気力1201

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(125)

 安定した生活が確立できること自体、それはそれで非常にすばらしいことなのだが、その生活に慣れてしまうと成長にストップがかかるという危険性があるのだ。

 その安定した生活にひたってしまえば、何もそこから脱出しなくてもいいと思うだろう。苦労して新しいことに挑戦するという気力も、新しいことに魅力を感じ対応するという柔軟な感性と精神も失われていく。安定したことにこだわり、執着しはじめると言い換えてもいい。日本人の気性が保守的になったというのは、革新勢力の不甲斐なさのためもあるが、一億総中流意識を持つようになったことが、最大の原因である。しかし、保守的で安定した生活は、真摯さを失わせると同時に、漠たる不安の温床にもなる。何の刺激も感じられないところから、やがてまた不満と不安と失望とが生じ、マイナスな人生に暗転してしまいかねない。

 そこで、では、どうするか。

 日々に新たに--を心がけることである。

 これは、儒教では必読の古典といわれる『大学』のなかにある。私が二十歳前後からボロボロになるまで愛読した本のひとつでもある。

 日に新たに、日日に新たに、また日に新たなり

『大学』のことばは、殷王朝の創始者である湯王が、座右の銘として洗面する器に刻み込んでいたという。

 毎日顔を洗うとき、このことばを胸に刻みつけて、一日のはじまりとしたのであろう。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード