惰性に流されるとき魂の喜びはない1202

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(126)

 惰性に流されるとき、われわれの生命の躍動はない。魂の喜びはない。

 一瞬一瞬が生き生きとしている--、そんなときは、その一瞬一瞬が新しくなっているときである。

 日に新たに、日日に新たに……と、ことばのうえ、つまり頭ではわかるが、具体的にはどういうことなのだろう。

 きょうも新しい気持ちで、あすも新しい気持ちで、そして、あさってもまた……、それは自分自身の脱皮の姿ともいえよう。そう心がけることが、惰性というよどんだ水におぼれない方法でもある。

 豊かな感性、それが惰性に流れようとする日々からわれわれを救いあげてくれるひとつの武器でもある。

 新鮮なものをとらえようとする感度が磨かれているとき、新たな感動を得ることができる。新しいものへの好奇心、期待、発見する喜びの窓口は、頭ではなく感性である。その感性をすっかりにぶらせておいて、日日新たに--と唱えても頭だけ、観念だけのことであり、「日日新たに」という思いが、本当に心の奥まで響いてこない。そこには感動がなく、魂の発動がなく、喜びがない。だから魂は眠りこけ、惰性に流されるのだ。

 感動、感性は理屈の世界ではない。どんな場合でも論理は感性のあとについてくるものである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード