他力運には、正と邪の二つがある1220

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(144)

他力にはいい他力と悪い他力がある

 ところで、ここまで読み進まれたあなたは、神仏に祈り、ツキを呼ぶことも他力ではないのだろうかと、疑問に思われたのではなかろうか。

 たしかに他力である。

 ふつうにいえば、他力とは神仏に頼ることと解釈されるから、間違いではない。

 しかし、神様仏様に祈ればツキを呼ぶことができるという形で他力運をとりあげなかったのには理由がある。それでは正しい自力運も他力運も得られない場合がほとんどであるばかりか、危険な他力運があなたにつく場合も少なくないからである。

 そのことを詳しく知るには、神界・霊界と現界の三極の仕組みを正しく理解しなければならないが、それについては拙著『神霊界』(たちばな出版)にゆずり、本書では、他力運に必要なところだけをみてみたい。

 他力運には、正と邪の二つがある。

 ではその正・邪はどこで分かれるのか。

 たとえば、ある人が強運を願い、金運が欲しいと熱望し、○○神社に行き、お賽銭を出して一生懸命祈ったとする。すると霊験あらたか、さっそく金運に恵まれ、仕事も順調……。これは有り難い。さすがに○○の△△様、すごい霊力と、うれしくなって今度は、お賽銭だけでなくサービスに油揚げも捧げようとまたお参りに行く。すると以前とまったく同じ仕事のやり方なのにすべてが好調で金もよく入る--、こんな幸運はない。順風満帆、どんどん調子がよくなる。ところが人間、調子がよくなると昔のことを忘れる。○○神社への参拝もついつい欠かすようになり、しまいにはその神社のことも、多忙にまかせて忘れてしまったとしよう。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード