やり直そうと考える人は少ない1230

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(154)

 二十代でもある程度のところにおさまってしまうと、たとえ不平や不満があったり、人生の方向が違っていると思ってみても、すべてをゼロにし白紙に戻ってやり直そうと考える人は少ない。

 ある方向に走り出してしまってから、間違っていることに気づき方向を変えようとしても、慣性の法則で動いているエネルギー以上の力でそれに対抗しないと、流れは変わらない。つまり日常の習慣をガラリと変えるのはそれほど困難なことなのである。逆にいえば、惰性に押し流されているほうがはるかに楽なのだ。

 秋山さと子先生の場合、三十五歳のそれまでの人生は幸運と不運とのくり返しで、自分では何をやっていたのかさっぱりわからなかったと告白している。

 そして前述したように、大学生となって人生をやり直しはじめた。

 そう決意して大学生活をはじめると、不思議と心に落ち着きをとりもどした。さらに心にゆとりができたころ、後半生の人生の方向を決める人との出会いが待っていたのである。

 大学在学中にスイス人のジャーナリストと知り合う機会があり、日本のことや仏教の取材をお手伝いするうちに親しい友人同士になった。そしてその友人たちとのつき合いがきっかけで、ヨーロッパでの学生生活をするチャンスに恵まれ、三十九歳でスイスに留学、チューリッヒのユング研究所でユングの精神分析学を学んだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード