人間の本質117

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪、除、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除」(1)

第一章 念とは何か

 この世には、さまざまなが存在するといわれる。通常、は、人間の肉体のように目で見て確かめることができないために、さまざまな説が入り乱れている。本書は、除霊についてわかりやすく解説しようというものであるが、霊そのものを正しく理解していなければ、除霊という行為も誤った方向に向かいかねない。そこで、まず、霊とは何かを考えてみたい。

 霊とは、肉体の内、外に存在すると考えられる精神的実体と定義づけられている。これでは何のことかわからないが、人間とは肉体と霊とが一体化して存在するものであり、仮に霊が肉体から離れると、たとえば肉体が生命活動を行っていたにしろ、人間とはいわない。いわゆる生物ということはできてもそれ以上の存在ではないのだ。

 とすれば、人間の人間たる所以は霊にあるということになる。

 人間の存在する所以とは何か。想念を抱くことだ。フランスの哲学者デカルトは、「コギト・エルゴ・スム」=「我思う故に我あり」といったが、想念の中身はともかく、思う、考えることを絶対的基準に置いた。つまり、思う=念を抱くことが人間の証明といってよい。

 ところが思うのは人間だけではない。植物は植物なりに、動物は動物なりにいろいろと意識があり、思うのである。ペットを飼ったことのある人なら、このことはよくおわかりになるだろう。その思いの中に、芸術観があり、学問観があり、信仰観があってこそ、はじめて人間としての思いとなるのである。

 一言でいうならば、思いの中に文化があるといってよいだろう。

 この文化という高度な思いの部分こそが、実は神魂といわれるものであり、私たち人間の、霊体に住む神なるところなのである。それだから、芸術観もなく、学問観もなく、信仰観もない人間とは、人間の皮をかぶった獣であるといえる。それで、そういう類の人間は、死ねば必ず畜生道に落ちることとなる。万物の霊長たる資格がないからだ。ここが、デカルトが説かなかったところであり、人間理解というものを、神霊界の存在を無視し、有形世界のみでとらえたあやまちなのであった。

 以上のことを整理すると、「人間の本質とは高級なる霊であり、人間であることを証明するのは、文化的な念を出すことができることである」ということになる。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード