不運期をどう過ごすか1244

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(168)

陰のとき、陽のときには何をすればいいか

 ここで断っておかなければならないことがある。厄年や天中殺、大殺界などと書いたが、こういった占いの類いでいう不運の時期は誰にでもあてはまるというわけではない。占いや相学家の言う不運期が、宇宙の定理のようにぴたりとあてはまるものであるというのではないのだ。占いは、ときと場合によって当たるが、ときと場合によってはずれる。そういう不確かなものに、貴重な人生のすべてを賭けてはいけない。

 もともと、不運期とか盛運期とかいうのは、人間の目からみた尺度にすぎない。人間という立場をはなれれば、また意味が違ってくるのである。

 では、人間の立場をはなれるとはどんなことだろうか。

 宇宙の立場である。わざわざ宇宙ということばを持ち出したのは、神界・霊界を含むわれわれの一切の世界を宇宙が象徴するからであり、角度を変えれば、神霊界から見た尺度と言い換えてもよい。

 そのような尺度で万象をながめるとき、あらゆる事柄が陰と陽に集約されていることがわかる。

 陽を人の生活レベルでとらえると、家の外、社会生活での活躍の舞台や活動ということができる。陰とは、それとは逆に家の内の世界、あるいは人間の内面的な精神世界であり、自分を見つめ錬磨し、才能やエネルギーを充実させることだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード