不運期には内面を充実させる1245

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「絶対運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「絶対運」(169)

 したがって、神霊的な立場でいえば、盛運期は陽のときであり、自分を家の外において、それまで貯えた知識や技術、あるいは磨いた人徳をもって精いっぱいに表現することのできる時期なのだ。つまり、社会の表舞台に立って大いに活動することであり、それによって目標が成就し、その結果、収入、名声、地位などを手に入れることができる。

 こうした陽のときにも落とし穴がある。調子に乗り過ぎて慢心し、態度が大きくなって天狗になりやすく、その結果、ともすれば人やものごとを侮りがちになり、へたをすると顰蹙をかい、信用も失いかねない。そんな状態に陥れば、せっかくの強運もしだいに衰えて、不運に転じてしまうのである。

 もう一方の不運期とは、陰のときである。

 陰の場合に人が行うべきことは何か、神様がわれわれに何を望まれるのかを知ることだ。

 くり返し述べたように、神様が求めているのは「内面を充実させよ」ということである。家族とか身内、企業ならば社内、そうした内部の整備にエネルギーを集中し、「実力を内側に貯えなさい」というときである。個人ならば、「自分の内面性をいかに豊かにし、才能を鍛えあげるか」といったことに集中すべきなのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード