霊の本質118

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(2)

 ところで、霊と念とはある程度置き換えることができる。たとえば、強い霊とは強い念を出すことができる霊であり、大いなる念で生きている人の霊体とは大いなるものである。

 ところで、この念という言葉を分解すれば、今の心となる。「今、現在」の思いこそが、念なのである。

 一方、霊という漢字がつく言葉や存在には、たたり霊、地縛霊、生霊や幽霊など、まことに沢山あって区別がややこしい。だが、念即霊、現在の思いがすなわち霊の状態であると考えれば、その区別も、おのずから明白になってくる。たとえばたたり霊。簡単にいえば、「たたりをしてやるぞ」という念をもっている霊のことである。

 「魂魄この世に留まりて」といった台詞が怪談に出てくるが、これは、その無念なる気もち、怨念をこの世に置いていくという意味である。

 また、「残念だあー」と思って死ぬ霊は、文字通り念を残して死ぬ。そして、その念を残す場所が土地ならば、土地と因縁を持つので、「土地因縁の霊」あるいは「地縛霊」と呼ぶ。後者は自分の念で自分を縛りつけ、土地に留まって動けないでいる霊だからである。そして、もし、その場所が家、屋敷であれば、「屋敷因縁の霊」という。

 また、とりたてて恨みや無念の思いもなく、己の死の自覚をもつことができず、漠然とこの世にいる感覚で霊界をふらふらしている霊のことを浮遊霊と呼ぶ。この浮遊霊は、「今、自分がいかなる状態にあるか」「人間は、いかなる人も、死ねば、霊界に行かねばならない」ということを認識できないために浮遊しているのであり、人にとりついて災いをもたらすことも多い。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 地縛霊 浮遊霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード