意志の力を持て123

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(7)

 霊を支配するくらいの意志力をもて

 とはいえ、「一の自己管理」は口でいうほどやさしくはない。食べ物を見れば食べたくなるし、裸の女性を見ればムラムラと妄想が湧いてくる。お金が目の前に落ちていれば誰しもハッと思って、思わず懐に入れたくなるものだ。とかく、人間のとは環境と五感に大きく左右されるのである。

 したがって、己のを良い方向へ導くためには、何よりもまず、自分自身をすばらしい環境に置く努力を惜しまないことである。そして、すばらしいを誘う人や物を選んで、できるだけ自分の五感を善なる方へと向かわせる努力が必要なのだ。この努力によって、「一の管理」の基本は確立されるのである。

 自分で自分自身の環境を変えるのが難しかった時代。特に、カースト制度という自分の身分や環境を変えることが極端に難しかったインドなどでは、この基本は確立できなかったに違いない。そこで、釈尊は、出家して成道(じょうどう)せんとするお弟子たちに対して、「八正道(はっしょうどう)」を盛んにすすめたのである。

 「正見(しょうけん)、正思(しょうし)、正語(しょうご)、正業(しょうぎょう)、正命(しょうみょう)、正精進(しょうしょうじん)、正(しょうねん)、正定(しょうじょう)」-これは出家者が厳しく己を正して、上乗(じょうじょう)の悟りを得る場合にこそ生きるのであって、これを、情報と刺激に満ちた現代の人たちが真に実行することは不可能である。

 この中で、一般人にもおすすめできるのは、正しく苦集滅道の四諦(したい)の道理を見る正見、それを正しく思惟(しい)する正思、これらは、人生というものを知る意味で、極めて重要である。それに邪念を離れ、正しい道を憶念(おくねん)する正念。それから涅槃に至る努力を継続する正精進ぐらいだ。それ以外は、山に生き、山で死する行者さんか、社会生活を一切諦めた聖職者がめざす道である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 五感 八正道

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード