人と人との恋愛には終わりが来る1301

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(27)

 しかし、人と人との恋愛の場合には、そこまで燃え上がった恋心もやがて冷める時が来る。特に今の若い人は、熱しやすく冷めやすいようだ。

 江戸時代に山本常朝という鍋島藩の侍が書いた『葉隠』の中に、「武士道とは死ぬことと見つけたり、恋とは忍ぶことと見つけたり」というくだりがある。武士というのはいかに立派に死ぬかということが価値であり、恋愛においては、どれだけ忍ぶのかということで試されるということである。

 「忍ぶ」ということは、孤独の中にいるということだ。孤独の中にいるからこそ、恋心はますます強くなっていくのである。

 みんなに理解されて、祝福されて結婚して、子供も出来て姑さんとも仲良く、幸せな家庭が築けたら、すぐに恋心はヒューと冷めていってしまうという場合もある。今の人が結ばれやすく別れやすいというのは、忍ぶという発想がないからだ。恋しいという孤独の中に身を置くことをしようとしないから、パッと燃えて、スーッと心が冷えていってしまうのだ。

 もちろん、そこから発展して互いが慈しみ合うような深い関係になっていけばよいのだが、どんなに神様のように思えても相手も生身の人間なのだから、忍ぶことのない求めるだけの関係では持続しないことが多いのだ。

 そして、それも駄目になってしまった時、前よりもさらに絶対的な孤独の中に置かれることになる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード