神様に熱烈に恋をする1302

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(28)

「もう女なんて信用できない。友達も信用できない。先輩も信用できない。親だって結局自分のことしか考えてないじゃないか。誰も僕のことを思ってくれる人はいないんだ。誰も僕のために何かしてくれる人はいないんだ」

 そこまで追いつめられた時、はじめて孤独の暗闇を乗り越えて神への慕情が生まれてくる。目に見えない常なるものを希求するというのは、無常なるものを感じる時、現実の中で孤立した時に、自分を見つめてくれる存在を求めて、人はおのずから祈るようになるのである。


神様に熱烈に恋をする

 だから、神様に愛されたいのだったら、時にはあえて自分を孤独の中に叩き込むということも必要なのである。その孤独の中で、はじめて自分が熱烈に神様を求め、神様に恋をするような気持ちが生まれてくるのだ。

 例えば、砂漠の中を無線機一台を持って旅をするということを想定していただきたい。

 一定の食糧と水は持っているとしよう。地図はあるけれど、磁石は壊れてしまった。頼りは無線機だけで、呼び掛ければ一応こたえてくれる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード