残された道は神様に祈ることだけ1304

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。

深見東州の「宇宙からの強運」(30)

エーッ、どうしよう、という時、残された道は、もう神様に祈るしかないわけである。

「神様ー、助けてー!」

 方向も分からず、水も食糧も尽きてきて、誰にも相談することもできない。不安と孤独の中で、初めて人は神様に心が向かうのだ。

 そこで、ただひたすら祈って祈って、祈り続けた。

 するとやがて頭の上に、パラパラ、パラパラと音がして、ヘリコプターが飛んだ来た。

「おーい」

 と手を振ると、ブルン、ブルン、ブルンと降りてきて、助けに来てくれた。

「あー、ありがとう。助かった」

 ところが、聞いてみると、全く関係のないヘリコプターで、本当はそんなところを飛ぶ予定はなかったということだ。たまたま、珍しい鳥の群れがいて、ちょっと観てみようと思って飛んできたら、人が手を振っていたので降りてきたというのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード